うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

我が故郷、龍野

我が故郷、龍野

先日の朝、ちょっと早く家を出たので龍野城、紅葉谷、聚遠亭を廻ってきました。
紅葉谷はまだでしたが、聚遠亭の池のところの紅葉はきれいに色づいて、、、
イメージ 1

いつも、きれいに掃除されています。遠来の方に対するおもてなしですね。
こういう方がいてくださるからこそ文化財が維持できるということ、
それを強く思います。
龍野の街は文化財が多くありますが、案外と地元では知られてないことが多く、
遠くの人の方がその良さを感じてらっしゃるということも。。。
今でこそ、観光マップを持った観光客の方が来られるようになりましたが、昭和40年代には斜陽を絵にかいたような街でした。
かつては、脇坂5万3千石の城下町として栄え、明治、大正時代には芸者の数が宝塚に次いで県下第2位、姫路からも人力車で夜な夜な遊びに来ていた。
イメージ 2

私の幼少の頃の昭和30年代でさえ、大相撲の全力士が野見宿祢参拝を兼ねて春巡業に、、、大鵬、柏戸、若乃花、栃錦、朝潮といった横綱が聚遠亭下の相撲場で相撲を取っていましたし、当時の下川原商店街の夜店はそれはそれはすごいにぎやかでした。
それが、昭和40年前後のモータリゼーションで一変しました。
市役所をはじめ官公庁がすべて川の東へ移転、ジャスコ、ダイエーといった商業施設が川東にでき、川西の旧城下町は火が消えたようになり、そこで営業していた店も次々と川東へ移転しました。
龍野城跡にあった龍野中学校も現在地に移転、城跡は一時はコールタール置き場になっていた時期もあり、荒れ果てていました。
イメージ 3

街の復活は、私が高校を卒業して龍野をはなれたあとに静かに進行していました。

帰省して、当時市会議員だった友達のおとうさんと話す機会があった時、姫路みたいに龍野にもお城ができないかと言った記憶がありますが、
その当時はほんとうにできるとは思ってもみませんでしたが、
徐々に現実になっていきました。

まずは、道幅の狭い城下町の道を通らずに赤とんぼ荘へ行ける道路ができ、昭和の築城で龍野城ができ、警察の広大な跡地が観光駐車場になりました。
播磨の小京都として全国に紹介され始め、観光客も徐々に増えてきました。
その価値を見出したのは、地元の人ではなく、どちらかといえば都会の方でした。

古い町屋を利用した店が増え、街並みも整備されきれいになってきました。
2年前から龍野に寝泊りするようになって思ったのは姫新線の利便性が数倍もよくなったということ、かつてのようなすれ違いの待ち合わせもなくなり速く、
きれいになり、本数も増え、利用客も多くなり、アクセスもよくなりました。
イメージ 4

イベントも数多くおこなわれるようになり、
観光客は凄い数に、、、
宿泊施設や夜の店もできてきて、、、
街は変貌しようとしています。
ただ私が思うのは、龍野の街の良さは外から見ないとわからないということです。
私自身、龍野に住んでいる時はわかりませんでした。
良さをわかって活性化を推進しているのは外から来た方が主になっておられます。
時代は変わりました。
龍野から出た人が外から街を見てその良さに気付いて戻ってきたときこそ、
この街がさらによくなると思うのですが。。。

開く コメント(0)

朝ドラ「べっぴんさん」を見ていて、気になる台詞が。。。

イメージ 1

闇市でとにかく安く売るために
粗悪品でも仕方がないというキヨシに対して、

生瀬勝久扮する
板東五十八は、

ワシなら商品に保証をつける。
自分でエエもんやと思うもんしか売らん。そして、信用を得る。急がば回れや。
焦るな」と。。。

この戦後すぐの闇市の時代、妙に今の時代とダブるんです。
安かろう悪かろうは仕方がない。
いいものだというのはわかるが、
そこまで必要ない、
安くても必要な機能さえあればいい。
今もそんな時代だと思います。
イメージ 2

 私もこの五十八のことばを肝に銘じてずっと商売をやってきました。
よいものさえ売っていれば
間違いはないのは確かなんですが、
価格と価値観の整合性もあり、他の商品と比べてどこがどう良いのか、
他との価値の違いをお客様に伝えられなければモノは売れません。
それも専門バカにならず、解りやすくというのがポイントですね。

例えば、羽毛ふとん、安くて柄のよい商品でスペックもよい、
でも臭いがひどいというのがよくあります。
これまではすべて返品してきましたが、
そんなものがネット、通販では普通に売られてます。そして、よく売れています。
表面上のスペックがよくて安ければ売れます。
イメージ 3

 それをうちで売るかどうか、
思い切り安くして売ったのこともあります。

よく売れましたが、
できれば売りたくない。。。


やはり、
後から、買ってよかったと言ってもらえるものを売りたいですね。

買ったお客様が、ありがとうと言って下さる、
これほど嬉しいことはありませんから。。。

開く コメント(0)

うしまるオリジナル安眠まくら、販売総数900突破!

自分が使ってみてよかったので、
製造メーカーさんにオリジナルで売り出すことをお願いして、
こつこつと売ってきました。
Facebookにも投稿して神戸方面からもお越しいただき、
神戸のOさんに安眠まくらと命名していただきました。
50個増えるたびに店頭看板でお知らせして
積み重ねて900個まできました。
今年の2月に雑誌「まるはり」で紹介されたときに700個でしたが、
それから急に増えました。
イメージ 1

開く コメント(0)

不眠にお悩みの方に

不眠にお悩みの方に

首こり、肩こりのせいで夜、寝られない方、腰痛にお悩みの方、
それは、あなたの寝相に原因があるのかもしれません。
まくら、敷きふとんを変えれば寝相はよくなるかもしれません。
寝相がよくなれば、首痛、肩こりはなくなるかも。。。
イメージ 1

開く コメント(0)

力と技、そして心

見える技と力、されど見えない心

9/24は私が所属する詩吟の吟詠会地区連の交流会でした。
役員の末席にいることもあり、朝の椅子並べから最後まで参加しました。
そして、日の浅い方から師範の先生まで、皆さんの吟を聞かせていただきました。
皆、それぞれ良いところがありました。
イメージ 1
いつも思うのは吟力と吟技は稽古で身につくけれど、詩情=心はこういう場を踏んで
人の吟を聞き、人と触れ合わなければ身につかないということ。

仕事があるということもありますが、競吟の時には、自分の出番だけ参加して済んだら人の吟を聞くこともなく、さっさと帰ってしまう、こんなことを約30年やっていました。
若さゆえ声はよく出ましたが、味がなく情がない、強いばかりでがなり立てる、押し引きがない、気張りすぎ、、、、
入賞はしてもずっとそういう評価がついてまわりました。
それでも仕事優先でそういった参加しかできませんでしたし、それでいいと思っていました。ですから役員になって会にも行かねばならなくなったときは悩みました。
大好きな詩吟ですが、やめねばならないのでは。。とさえ思いました。
ところが、何度か、こういうイベントにべったり参加するようになり、人と触れ合うようになってくると前述のような考えに変わってきました。
イメージ 2この日もじっくりと人の吟を聞いたことと、開会式での君が代の先導を仰せつかって声をしっかり出したことで腹からのしっかりした発声も出来、自分自身でも納得できる吟ができました。
心の修養のために詩吟を続けているのに、技と力を会得したら心も会得できたと思っていたことを深く反省しています。
どうしても上手下手とか、技とか声とか形のあるものが中心となりますが、
心という身に見えないものをこれからはもっともっと大事にしたいですね。

せめて10年前にこのことに気づいていたら人生も変わったものになっていたかも。
でも、人生が終わる前に気づかせていただけたことに感謝して。。。
もちろん、詩吟だけでなく人生すべてがこれにあたります。
還暦を過ぎ、力は衰えてきましたが、これまで培ってきた技とこれからは心を鍛えて残りの人生を生きてきた意義のあるものにしていきたく思います。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事