うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
羽毛ふとんの品質基準は、永らくダウンの%の高さが高品質といわれてきましたが、ダウンと言ってもグースとダックでもダウンボールの大きさが違いますし、ダウン98%といえども膨れないものがあり、いささかその信用度に疑問符がつけられていました。そんななかで日本羽毛製品協同組合は、羽毛の品質表示の信用を回復するためにニューゴールドラベル(スワンマーク)(120〜145mm)・エクセルゴールドラベル(赤ラベル)(145〜165mm)・ロイヤルゴールドラベル(金ラベル(165mm以上)というかさ高性=暖かさを重視した品質基準を定め、さらにロイヤルゴールドのなかでも特に高級なものをプレミアムゴールド(黒ラベル)(180mm以上)とし、超高級羽毛と位置づけました。
 
さらに平成24年4月1日より、もっと精度を上げ、良質羽毛の選別をするために、現在のかさ高性だけではなく、羽毛1gあたりの羽毛の体積=ダウンパワーを表示することになりました。dpという表示になります。
 
数値は上記の画像のとおりです。
従来のかさ高性何cmというよりもdp●○というふうに体積で表示する方がちがいがわかってよいと思います。
特に赤ラベルにそれが顕著に表れています。
赤ラベルでも145mmの羽毛と160m以上の羽毛では全然商品が違います。
この場合、dpでの表示にすると145mmは351dp、160mmは390dpです。
ちなみに400dp以上が金ラベルです。
通販の影響で赤ラベルが廉売され、赤ラベル全体のグレードが下がったように見えるのは悲しいことです。
赤ラベルでも160mm以上であれば、金ラベルに限りなく近いということを申し上げておきます。
 
イメージ 2
同じ1gですが、こんなにダウンパワーが違います。
 
羽毛は空気を含むことで大きく膨らみ高い保温性を発揮します。
 
同じ羽毛量でもダウンパワーが大きいほど膨らみが大きく保温性がよくなります。
 
すなわち、ダウンパワーの大きな羽毛を充填した羽毛ふとんほど高品質な羽毛ふとんとなります。
羽毛ふとんとつけば、羽根ふとんであっても、どんなに安くても綿ふとんや羊毛ふとんよりも高級というイメージが世間一般にはあります。
でもふとんは宝石ではありませんし、使ってみて暖かくなければ意味がありません。
購入する店が羽毛のことをどこまで勉強しているかも羽毛ふとん選びのポイントになります。
試しに質問してみてください。「この羽毛ふとんのかさ高性は赤ラベルだけど、何センチ、もしくはダウンパワーはどれだけ?」と。
 
これをきっちりと答えられる寝具店は、羽毛のことを真剣に考え勉強している店であると断言いたします。
お客様の知識のレベルアップが寝具専門店をも育てます。
未だにダウン何%とか●○産だからいいんだ、とかメーカー品だから間違いないんだとか、いつまでもこれでは困るのです。
赤ラベルだから間違いないんだではなく、かさ高が145か150なのか、もしくは160あるのか、ここまで説明できて初めてお客様を納得させられるのではと思います。
若い経営者の方ほど熱心です。頭でっかちでも困りますが大きなパワーを感じます。
お買い求めの場合は、そのことも吟味してお選びください。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事