うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

前に買った羽毛ふとんが暖かかったから・・・

イメージ 1
先週のふとんの日の売出しでは、「前に買った羽毛ふとんが暖かったから、もう一枚」と言って来られるお客様が次々と、、、

もし今回お買い上げいただいた羽毛ふとんが前のよりもダメだったら、もう来ていただけないから怖いです。

ところが、とっさに前のが思い出せない場合もあり、大変。
お客様との会話のキャッチボールをしながら商品を選定していっています。

そして、普段からどのクラスならこのくらいあったかいのかと自問自答しつつ、入荷した羽毛ふとんを膝に掛けて暖かさをチェックしています。

では、羽毛ふとん選びのポイントはなんでしょうか?

えてして、20〜30年前に買われた羽毛ふとんは高いです。
30万、50万という値段が出てきます。出始めはなんでも高いということもありますが、円の相場が200〜250円という時代のものは、超円高の80円弱の時と比べて同じものでも4倍で当たり前。
イメージ 2
今、10万以上のものであれば30年前なら50万以上していても不思議ではありません。そのくらい、過去には羽毛は希少価値であり、羽毛ふとんといえば超高級品でした。綿のふとんが主流であった頃には軽くて暖かい羽毛ふとんは高値の花でした。円高がすすみ、輸入価格が下がってからはどんどん安くなりましたが、羽毛ふとんならどれでも綿ふとんより上という誤解も生まれました。
また、羽毛ふとんを選ぶ基準も①生地がやわらかい②産地&ダウン%がほとんどのように思われます。
たしかにかつてはそうでした。
羽毛が良い=生地が柔らかい=ポーランド他北&東ヨーロッパ地方でダウン95%以上と=高額高級
イメージ 3
ところが、羽毛ふとんといえども「ふとん」の一種です。
生地があり、それに羽毛を入れるという作業は綿となんら変わりはありません。
原毛の輸入価格が下がるとともに安い生地に良い羽毛を入れて単価を下げる、またはやわらかい生地に安い羽毛を入れて安く売るということが出てきました。
こうなると値段がまちまちに。。。
「何を信用したらいいのかわからなくなってきた」とよく言われます。
ふとんは中が見えないので商品の信用=店の信用です。
値段の相場がわからなくなり、販売する人の目利きが大事になってきました。
どれだけ信用できるか、どれだけモノを知っているかをお客様は見ています。
商品を見誤ればそんな気はなくてもだますことになってしまいます。
ですから、毎日、品質を見分ける目を磨いております。
羽毛ふとんだけでなくどんな商品に対しても真摯に向き合います。
昔、阪急の創始者、小林一三氏はバイヤー幹部を自宅に招き、調度品の価格入札をさせ、バイヤーの目利きのレベルを確認し、バイヤーも必死で勉強して目利きを鍛えたと言います。
イメージ 4
今のようにテレビコマーシャルもなく、デパートに置いていただくことが一流の証とみられていた時代です。売り手も買い手も必死で勉強しました。
今はともすれば、どこのメーカーの製品かが重要視されますが、真に良いものを提供するという精神は持ち続けていなければならないと思っています。








全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事