うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

羽毛ふとんのメンテナンス診断

①買ってから2シーズン以内
片づけるときに、天日に干すだけでOK。
それだけでは足りないと思ったら、除菌剤を噴霧。
きれいと思っていても、かなりの汗を吸い込んでいます。

※かつて、羽毛ふとんがもっと高価だった頃は干して生地が劣化するのを抑制するために「羽毛ふとんは干してはいけない」という言い方をしていましたが、
まったく干さないで片づけると梅雨時の湿気とともに匂いがきつくなる場合も。。。

②2シーズンくらいから
業者に依頼して丸洗いをしてください。
汗かきの方は1シーズン終わったくらいで丸洗いを。。。
羽毛ふとんの丸洗いは高度な技術と設備を要しますので業者の任せ下さい。

③生地の襟の部分が汚れてきた、羽毛が生地から出ている、
こんな場合は、羽毛リフォームが必要です。
よくそれを防ぐためにカバーを掛けておられる方がありますが、
そのくらいでは収まらず、カバーがダメになりますのでおやめください。

リフォームか買い替えかで迷われる方が多いですが、
羽毛は出るが、使っていて暖かい場合は、生地さえ替えれば新品同様になりますのでリフォームがお奨め。
リフォームの料金で新品が買える場合もありますが、羽毛が高騰しており、
単純に考えて、同じ品質を買うとしたら、手持ちの羽毛をきれいに洗浄して新羽毛をたして作った方が安くつきます。

但し、いくら安くつくといっても、洗浄なしのリフォームはお奨めできません。
きれいと思っていても、
羽毛ふとんを解体して、中の羽毛を直で水洗いすると
汗や油で羽毛がいかに汚れていたかがわかります。
毎年丸洗いをしていたとしても、それは生地だけでありなかまでは入り込んでいませんし、なかまで洗浄しようとすればダウンプルーフ加工が劣化し、
生地の劣化をまねきます。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事