うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

快眠のために

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

健康・快眠と寝具の関連性

イメージ 1
夜、眠れていますか?
健康維持のためには、とにかくよく寝ることが大事ですが、
先日、うちの店で快眠教室を開催するにあたり、
睡眠こと調べてみました。
よく眠れるということは、
①入眠時に寝つきがいい
②夜中に目が覚めずぐっすり眠れるという2種類の状態に分類できます。

よく眠れるには、メラトニンという睡眠ホルモンが重要な役割を持ってきますが、
このホルモンは朝日を浴びることで形成され、約14〜16時間後からその分泌が始まります。
23時ごろから体温が下がり入眠の準備を始めますが、これはそのためです。
入眠時に放熱して深い眠りに入り、その後、浅い眠りを繰り返しながら朝を迎えます。メラトニンは大脳皮質を休め、嫌な記憶を消し、脳細胞の保護、修復をおこない、深い眠りに大いなる関連を持ちます。
イメージ 2
スムーズに入眠するためには、適温(26〜28℃)適湿(50%)に加えて8時以降は強い光にあたらないこと、そして良い寝具(掛ふとん、敷ふとん、まくら)を選ぶことが大切です。
そして、夜中に目が覚めずぐっすり眠れることは永遠のテーマですが、これには、まくらと敷きふとんが重要な役割を果たしています。
昼の間にダメージを受けた背骨を休め修復する、そのためには同じ姿勢ではなく寝返りをする必要がありますが、適度に硬い敷きふとんでスムーズな寝返りを繰り返すことですっきりとした疲労回復が得られるということがわかってきました。
やわらかく包み込むような敷きふとんが寝心地がよくよく眠れるというイメージがついていますが、確かに入眠時の寝心地はいいのですが、寝返りとなるとうちにくく、
腰痛の原因となっている場合も。。。

イメージ 3
ただ硬すぎてもよくないので、ほどよく背や尻が沈んで腰の窪みがややふとんにあたる、そのようなクッション性が必要です。
敷きふとん(マット)を選ぶときには寝転んでみるだけでなく、スムーズに寝返りがうてるかどうかも試してみる必要があると思われます。
掛ふとんは、夏は通気性の良くひんやり感、シャリ感のあるもの、冬はふんわりと身体を包み込んで熱を逃がさないものがよいと思います。
とくに夏は体内に熱がこもりやすく、放熱するにも気温が体温より高いということさえありますので、エアコンで部屋を冷やし過ぎて皮膚温が低下に汗が出にくく、余計に熱がこもって暑く、ふとんをけってしまい、手足が冷えてだるさを感じる場合があります。身体の冷えは代謝を悪くし、さらに冷え、その積み重ねが彼岸頃の腰痛や冬の冷えを招きますのでご用心ください。
イメージ 4
まくらは、とにかく首の下の窪みをまくらで埋めて首筋を寝るときに休ませてやることやることが大事で値段の高い安いではありません。
体調により適した高さは変動します。
これも敷きふとんと同様で寝返りがうちやすいこと、そのときにはみ出ないことが大切です。
人生の1/3はふとんの中。そのなかで残りの2/3を健康に活動するための元気の素がつくられます。
人生の1/3を無駄に過ごさないためにもふとん選びを吟味しておこなうことが健康で長生きするためのポイントかと思いますが、いかがでしょうか。




開く コメント(0)

腰痛と敷きふとん

腰痛と敷きふとん

夜中に目が覚めるってことありませんか?
統計によると、毎日という方は21.8%、日によってという方は61.6%、
合計83.4%の方が夜中に目が覚めるといっておられます。
ちなみに腰痛の方は33.5%でした。
イメージ 1

快眠というと多くの方は、すぐに眠れる=寝心地がいいということを連想しますが、
むしろ、大脳皮質を十分に休め、疲労回復、成長ホルモンを分泌するためには、
夜中に目が覚めない、ぐっすり眠るということが大切で、そのためには、正しい寝姿勢を維持し、少ない力でスムーズに寝返りを打てて寝返り時の衝撃や痛みが少ないことが大事になってきます。

正しい寝姿勢とは、立った姿勢が横になった時も保たれる状態。
正しい寝姿勢を維持し、寝返りを打ちやすく、寝心地がいい、そういった敷きふとん(マット)が快眠にもよく腰痛も防げるということです。
イメージ 2
敷きふとんが柔らかすぎると臀部が重みで沈み込み、寝返りが打ちにくくなって、
腰に負担がかかりやすく、また、硬すぎると腰に圧力がかかり過ぎ、痛みや痺れを引き起こすことがあります。
正しい寝姿勢を保つには「体圧分散」「寝姿勢保持」が大切。
硬過ぎる場合は身体にあたる部分にクッションになるものをプラス、柔らかすぎる場合は土台にしっかりした寝具をプラス、また臀部が沈み込み、ランバーが深くなり過ぎた場合は敷きふとんの上にパッドをプラスすればよくなります。
また、5〜10年お使いの方が28%、10年以上お使いの方が20%も統計上おられるようですが、敷きふとん(マット)は毎日使うものですから5年使ったらヘタリや汚れをチェックする必要があると思います。
腰痛にお悩みの方は敷きふとんを見直すことも必要かと思います。

当店では、試し寝、寝比べ体感コーナーを設置、お客様のお悩みを聞いて状況に合った敷きふとんをご提案させていただいております。

開く コメント(0)

寝比べ体感コーナー設置

店内に寝比べ体感コーナーを設置し、約10種類のいろんな硬さの敷きふとんを並べて寝比べ体感をしていただいております。

イメージ 1

一例として
低反発型  「トゥールスリーパー」 テレビコマーシャルでおなじみ

体圧分散型 西川「快圧ふとんΣ」 「AERO G」
      東洋紡ブレスエア使用「B-AIR」 「雲州」
      うしまるオリジナル「快楽」

背骨と腰に 波型三層構造「キャップロール」
     パラマウントベッド「アクアアクティブパッド」 

枕も豊富に うしまるオリジナル「安眠まくら」
     パラマウントベッド「スマートフィットピロー」
など他にもいろいろ寝比べていただけます。

イメージ 2

人がいいと言っても自分には合わない場合もあります。
自分に合った敷きふとん、まくらを見つけてください。
但し、数分寝転んで気持ちがよくても
一晩寝ると腰が重たくなったりする場合も。。。

もっとも理想的な敷きふとんは、古来より使われてきた綿わたの敷きふとんを畳の上に敷いたものといわれていますが、硬過ぎず、柔らかすぎず、表面は柔らかくて寝心地がよく、体圧分散性にすぐれ、寝返りが楽に打てる、
そういった敷きふとんを追求しております。

開く コメント(0)

低反発マット「トゥルースリーパー」入荷!体感OK!

イメージ 1

テレビコマーシャルで有名なトゥルースリーパーのお問い合わせがあまりにも多いのですが、どんなものかわからないのではお答えできないと思い、思い切って購入して、うちの体感コーナーに設置し、寝比べていただいています。
ぜひ体感してご意見聞かせてください。

開く コメント(0)

肩こり、腰痛について

肩こりとは。。。腰痛とは。。。

イメージ 1肩こり、首痛、腰痛について、自分で実証しつつ研究しています。
 
これらはすべて、快眠の妨げですが、とくに肩こりについては枕で頸椎を刺激してやることによって解消されると思っていましたが、ここ数日寝ていて首だけではなく、その下の肩甲骨あたりのサポートによってもっと気持ちよく眠れることを体感、認識しました。
 
このあたりの疲れのたまりが、上へいって肩こりや首痛を、下へいって腰痛の原因になるのではないかと思います。
肩甲骨を刺激してやることで
なんとも気持ちよく疲れが分散されるのがわかりました。
イメージ 2背中の下あたりにバスタオルを巻いて敷くのも気持ちよく眠れました。
また、敷きふとんは真ん中がへたってくると肩こりや腰痛のもととなります。
その場合には、薄くなったふとんの下に座布団を入れると効果があります。
肩こりは肩甲骨から僧帽筋あたりの筋肉の衰えからの疲れが原因です。
それが広がって首痛や腰痛を引き起こしているような気がします。
日頃から首や背中のストレッチをして筋を伸ばすことが大事かと思います。
そして、寝ている時には筋肉をリラックスさせてやることが必要です。
そこで、寝具の出番です。
あくなき快眠の追求をこれからも自らの体感によってすすめていきます。



開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事