ちょっと釣りにいこうよ!

当ブログを“お気に入り登録”されていた皆さまへ…2014年2月10日の当ブログ記事をご覧戴きますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

先ずはブログランキングに投票しよう♪
北海道釣行記 にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ(文字をクリック) ←ポチっとよろしく!

道具は相棒…愛情を注ぎ手入れをするコトによって、釣具は釣り人の一部になる。(うしお)

ABUのカーディナルは、現在も日本の渓流ルアーフィッシングで活躍する小型スピニングリールの最高傑作である。 今でもその愛好者は多く、現代のスピニングリールが失いつつある研ぎすまされた機能美の高さは多くのアングラーに支持され続け、正に誰もが認める稀代の名機だ。

イメージ 1


Abuの「Cardinal33CDL」を愛用して早2年…様々なチューンを繰り返しつつも、未だ一度も本格的なメンテナンスなどしたコトはなかった。 しかし釣具は愛情を持って接し、きちんとメンテナンスすることによって、一生付き合える良き相棒となるだ。

これからも良き相棒として付き合っていくためにも、渓流シーズン開幕前に、今回は全7項に亘って愛機カーディナルを完全オーバーホール・メンテナンスしてみます!

本編は私自身の今後の為、また、カーディナルを使い始めて間もない方にも解り易く、画像を大量に使用して構成しています。 その為、記事容量の都合で今回は画像にも文章を挿入することになり、少々見難い部分もあるかもしれませんが、その点は何卒ご了承くださいませ。
【オーバーホール&メンテナンス用具の準備】
まずはオーバーホールやメンテナンスに必要な工具などを用意します。
※私自身、本格的オーバーホールは今回が初めてなので、記載の用具等は一例として参考にして下さい。

パーツクリーナー
オーバーホールやメンテナンス時に、汚れたグリスやオイルを洗浄するのに使用します。
今回、私は2種類のパーツクリーナーを用意しました。

パーツクリーナー


グリス&オイル
洗浄後のグリス&オイルアップに使用します。※これらは一例です

グリス&オイル

グリスにはプラスチック部分に使えないモノもありますので、購入の際には必ず確認して下さい。 またグリス&オイルアップ時には、くれぐれもグリスとオイルの指定を間違えないように注意しましょう。
※《組み立て編》でも詳しく記述します。

一説によると、カーディナルに良く使われるモリブデン系のグリスはギアの減りが早いということなので、私はシリコングリスを使用しましたが、IOS FACTORYからはカーディナルに最適なグリス&オイルが販売されています。 高価なアイテムではありますが、予算に余裕があれば一考されてみては如何でしょう?


キッチンペーパー&綿棒
パーツクリーナーで洗浄した、グリスやオイルの拭き取りに使用します。 ※100均ショップの物でも十分ですよ。

キッチンペーパー&綿棒


工具
全てが必要なワケではありませんのが、とくに重要な工具を次項《準備編 その2》で別途ピックアップします。

工具類一例
 

ピンセット ※
スナップリングプライヤ穴用 ※
ラジオペンチ 主に「C-CLIP」の装着に使用します。
お助けくん2号 ※
プラスドライバー #0 「DRAG INDICATOR SPRING」を外す時のみ使用します。
マイナスドライバー 6.0 “ お助けくん2号”の代用です。(苦笑)
マイナスドライバー 4.7 「HANDLE KNOB」を外すのに使用します。
精密ドライバー(マイナス 1.8弌 「C-CLIP」を外すのに便利です。
Oリングピックアップツール ※
調色スティック 私の場合、グリスを塗るのに使用しました。それ程必要ではないかも?

引き続き、ABU Cardinalシリーズ 『オーバーホール・メンテナンス!』 《準備編 その2》も参考にして下さい。

次項 【ABU カーディナル『オーバーホール・メンテナンス!【2】』《準備編 その2》】につづく!



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
この記事がお役に立ちましたら、下のバナーボタンを「ポン・ポン・ポン・ポン!」と押してくれると嬉しいです。

               
※各ボタン、1日1回ずつ有効。(1日の間に何度も同じボタンを押しても無効になります)
※別ウィンドウが開きます。開いたページはすぐに閉じてOK♪
.
web stats
whos.amung.us

閉じる コメント(8)

顔アイコン

お久しぶりです^^
私は船メインなので、ベイトリールが多いのですが
スピニングのメンテナンスにも興味津々です^^
期待してます〜!!

2012/5/24(木) 午後 11:13 おさしみ

最近のリールを平成デジタル、ハイブリッドと考えると、昔のリールは、昭和アナログ、ツインカム5MTって感じでしょうか(笑)
使い込むほどに馴染む、完成度の高さってこんなのもありですよね♪
鉄とオイルの匂いたまらんですね(笑)

2012/5/25(金) 午前 8:40 watersqid

いつか分解メンテする時の参考にさせていただきますよ! (^^)b

元に戻せなくなりそうでこれまで1度もバラしたことありません・・・ (^^;

2012/5/25(金) 午後 0:20 joe

顔アイコン

リールのメンテに自信が無いので、参考にさせて貰います!

2012/5/25(金) 午後 10:08 TOSUN(とーさん)

アバター

おさしみさん、こんばんは。
ベイトリールのそれとは、かなり異なるかと思われますので参考には成りませんでしょうが…“釣り好き”のおさしみさんも楽しめる記事構成となるように更新していきます。
どうぞ、ご期待してください!

2012/6/7(木) 午後 8:25 うしお

アバター

Daisukeさん、こんばんは。
素敵な例えですね〜。(Good!)

使い込むほどに愛着が沸く、この愛機がいつまでも動き続けてくれるように、今回はしっかりとオーバーホールします!
もちろん、これからは釣行後のメンテナンスも欠かしません。

2012/6/7(木) 午後 8:26 うしお

アバター

joeさん、こんばんは。
アングラー自身が簡単に、オーバーホールやメンテナンスを行えるのが、オールドリールの魅力の一つでもありますね。

道具は相棒、愛情を持って整備してあげましょう!

2012/6/7(木) 午後 8:27 うしお

アバター

TOSUN、こんばんは。
TOSUNが愛用される近代リールは、ユーザーが分解すると保証対象外になる場合もあるそうなので、水洗いやオイル・グリスアップ程度のメンテナンスに止め、オーバーホールはメーカーに依頼してくださいね。

2012/6/7(木) 午後 8:28 うしお


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事