ちょっと釣りにいこうよ!

当ブログを“お気に入り登録”されていた皆さまへ…2014年2月10日の当ブログ記事をご覧戴きますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

先ずはブログランキングに投票しよう♪
北海道釣行記 にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ(文字をクリック) ←ポチっとよろしく!

秋色に染まりかけた美しいヤマメ…

2013年の渓流釣りが楽しめる期間も残り僅か。しかし今季は、未だ憧れのヤマメには出会っていない…。ヤマメばかりが渓魚ではないが、会いたいというその想いは捨て切れず、それでも折角の休暇が取れたからと、今回は狙いをイワナに変えてみたら…そこに現れたのは何と!

その川の下流にはその昔、数多くのイトウが生息していたと云う…。
現在は地元の有志たちによってイトウの保護がされているというその川の遥か上流に、今は釣り人も余り訪れない、しかし嘗てはオショロコマまでもが釣れていたという支流がある。

尻別川支流 PKS川

最近は羆の目撃情報が絶えないその支流には、人の手によって作られた堰堤も橋も何もかもが古びて、森の木々に覆われたそこは、まるで神々に護られているようにも感じられた…。

釣行 DATE
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《場所》   尻別川水系某支流 ※渓魚という資源保護の為、今回は河川名を非公開とさせて頂きました…。
《釣行日》 2013年9月1日 天候/雨のち曇り

      ・気温/17℃〜19℃(湿度96〜85%) ・風向&風速/南東 2m/s→南南東 3m/s
      ・水温/14℃
      ・1日の日出/日入 4:59/18:13 (小樽市での観測)

TACKLE DATE
rod:Expert Custom EXC510ULX
reel:Cardinal33CDL STREAMTUNE X
line:SUPER TROUT Advance 『SIGHT EDITION』 4LB(0.8号) 91m+TROUT SHOCK LEADER 8LB(2号)
lure:EMISHI50S 1st Type- [ITS]
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

《釣行記》
入渓ポイントから程無く行くと、渓魚には絶好の隠れ家になりそうなそのポイントで、今季初のイワナとご対面。
実はこの支流は、イワナの魚影が濃い川なのだ。

今季初イワナ

サイズは尺には遠く及ばないが…小さな白斑が美しい、北海道固有の在来種であるエゾイワナに癒される。

ただココで、ふと一抹の不安が心を過る…それは道央や道南の渓魚たちは一般的に、一つの川で棲み分けあっているという説がある。 大雑把に言うと、下流域から『ニジマス』→『ヤマメ』→『イワナ』と魚たちは棲み分けあっていて、つまりはイワナの釣れたエリアの上流ではヤマメは釣れず、ヤマメの釣れた下流ではイワナは釣れない…という説だ。

これはおそらく、各渓魚の生息域の水温に基づいた仮説(?)なのかもしれないが、あわよくば南限のオショロコマにも出会えるかもしれないと淡い期待を抱きながら、私はさらに奥へと進んで行く…もちろん、常に羆の気配には気を配りながら。

尻別川支流 PKS川中流域

昨日から雨量による増水と濁りを心配していたが、私は『釣り場には実際に行ってみなければ分からない』というコトをとても重視している。 そしてその言葉通り、そこには釣行中の雨の影響までも微塵も感じさせない程クリアな水質と、神秘的な光景が次々と飛び込んできた…渓相は、全く持って申し分ない。


ヘタなりにも丁寧にキャストを繰り返しながら、時には仕事で疲れた体を労わるようにゆっくりと遡行していくと…その先で出会ったのは、待ちに待ち焦がれた、今シーズン待望の、美しいヤマメだった。

今シーズン待望の初ヤマメ!
 

秋色に染まりかけた、本当に美しきヤマメに目を奪われる。
仕事や家庭の多忙さや、自らの未熟さを言い訳にするつもりはないが…苦労(?)してようやく出会えたヤマメだけに、その喜びもひとしおだ。

美しい渓魚との出会い…渓流釣りは、まさに宝探しのようだ。

尻別川支流 PKS川上流手前

これまで信じていた仮説は何だったのか?
その後も行く先々で、この日は幾度もヤマメに出会えるコトが出来た。
でもそれは、常に良き釣り人でいようとする釣り人(私?)への御褒美かもしれない…。

尻別川支流 PKS川中流域最終地点

これより先は羆と遭遇する危険が高いので、単独釣行でのこの日は、この川の上流域手前に架かる黄色い橋を終点にストップフィッシング。 でもまたいつの日か、今度はこの先の上流へと臨んでみようと思う…。

いつまでも、この素晴らしい釣りが楽しめるように…

夏の終わりの出会えた、たくさんのヤマメたち…。

美しいパーマーク…

またこの美しいパーマークに、そしていつか念願の尺ヤマメとも出会えるように、私はさらなる高みを目指しながら、そしていつまでもこの素晴らしい釣りが楽しめるようにと、美しい渓魚が棲むこの川を守っていきたい…。

今年の渓流シーズンも残り僅かですが、皆さまもこれからの秋深まる渓で楽しい時間をお過ごしください。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ブログランキングに登録しています。
当ブログを応援してくれる方は、下のバナーアイコンボタンを「ポン・ポン・ポン・ポン!」と押してくれると嬉しいです。

               
※各ボタン、1日1回ずつ有効。(1日の間に何度も同じボタンを押しても無効になります)
※別ウィンドウが開きます。開いたページはすぐに閉じてOK♪
.
http://whos.amung.us/cwidget/zu2pmn43/ed1c24ffffff.png
whos.amung.us

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事