ちょっと釣りにいこうよ!

当ブログを“お気に入り登録”されていた皆さまへ…2014年2月10日の当ブログ記事をご覧戴きますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

先ずはブログランキングに投票しよう♪
北海道釣行記 にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ(文字をクリック) ←ポチっとよろしく!

2017年のワカサギ釣り第5戦目! 今回はワカサギ釣りの聖地「網走湖」、冬祭りさながらの「朱鞠内湖」と並ぶ、私にとっての三大ワカサギ釣り場の一つである「阿寒湖」が舞台。 初めての道東ワカサギ釣り遠征ですが…実は今回、頼もしい公魚釣り師がご一緒です♪ その公魚釣り師とはFacebookページ『北海道でワカサギ・フィッシング』の管理人、StudioHideさん!! 絶景の雄阿寒岳・雌阿寒岳を望む阿寒湖にて、何年越しかの夢を実現させた氷上のコラボ釣行の始まりです!

まずは今回のご同釣者、StudioHideさんをご紹介致します。
【 StudioHideさん(※以後、親しみを込めて「Hideさん」と呼ばせていただいてます)】
Hideさんとは2011年、Twitterを始めたのをきっかけに知り合い、それ以降、サケ釣りやワカサギ釣りをいつかご一緒にとお互い願うほどに。そしてそれが、今回ついに実現!
モノに対する拘り方や好みが互いに似ており、今回のワカサギ釣り以外にも多くを勉強させていただいてます。とてもおおらかで面白くユーモアがあり、自作アイテム作りが好きそうで尚且つとっても探究心のある御方。 ちなみに私のTwitterアカウントの記念すべき初めてのフォロワーさんです。
札幌を22時に出発し、途中、休憩やら給油やら休憩やら(苦笑)をしながら阿寒湖を目指す。

過去に二度ほど釧路方面に来たコトはありますが…初めての冬道長距離ドライブ、しかも前日からの低気圧の影響で路面はツルツルのテカテカ…。(焦) 高速道路道東道を利用するも50km規制…予想以上に時間を掛けながらも安全に、無事に待ち合わせ場所に到着しそうなその直前、背後から一台の車が接近…『こんな時間にもしや…?』っと想像したら…そうでした。(笑)

待ち合わせ場所に、二台同時に到着。

実は私の方は以前から、Hideさんの素顔も愛車も知っていたのですが、Hideさんの方は私のコトを全く知らないハズ…それなのに車から降りて来るのも挨拶をするのもHideさんの方が早かった。(笑)

予定では待ち合わせ場所に私の方が早く到着し、十分にリラックスしてから、予め考えていた挨拶を格好良くキメてお土産を手渡す計画だったのに…先手を打たれて頭の中は真っ白に。(苦笑)
しかも久しぶりに人見知り&口下手モードが発動して、自己紹介も挨拶もカミカミで面目なかったです…。(汗)


それでもお互い無事(?)に挨拶を交わし、コンビニで買い物をした後、今回の釣り場ではありませんが折角なのでと、Hideさんに阿寒湖の人気ワカサギ釣り場の一つ、通称“ホテル裏”を案内してもらいました。
※今回 画像はありません。

ここの釣り場は…ナンと通常の駐車場からさらに奥、釣り場近く(氷上の駐車場)まで車で行くコトが出来るそうです! さすが阿寒湖、ドンだけ氷が固く厚いのかと驚かせられました。(笑)

通常の駐車場には今シーズンから洋式に改装された暖房入りのキレイなトイレがあって、老若男女問わずかなり快適らしいです。※私は用が無かったので今回は利用しませんでした。
また、管理棟とも言えるフィッシングランド阿寒(※湖上にある受付ではありません)では釣ったワカサギを天ぷらにしてくれるそうで、これがまた絶品だとか♪
(釣り場で釣ったワカサギを自分で調理して食べるのも、公魚釣り師としての醍醐味かもしれませんが、自分が釣ったワカサギをプロ(?)に料理してもらい食べるのもオツかもしれませんね!)
綺麗なトイレがあって良心的な管理人さんもいて、自分たちで釣った新鮮なワカサギをその場で天ぷらにしてくれる…渚ちゃん(=妻)と阿寒湖にワカサギ釣りに来るならココですね♪
さて、それでは今回の舞台である阿寒湖のもう一つの人気ワカサギ釣り場、“硫黄山川”ポイントへ向かいます。


阿寒湖でのワカサギ釣りは安全のため、遊漁時間は『日の出から日没まで』ですが、昨年の今時期は爆釣デーだったらしく、まだ日の出前なのに駐車場にはたくさんの車が止まっていて、釣り場は既に大勢のワカサギフリークで賑わっていました。


ちょっと出遅れた感もありますが…まぁ、遊漁は日の出からなので焦らずにのんびりと車から道具をソリに積み、折角なので日の出前の雄阿寒岳を記念にパシャリ♪

日の出前の雄阿寒岳…

自画自賛ではありますが…我ながら美しい雄阿寒岳が撮影出来たと思います。(笑)


日の出までにはもう少し時間がありますが、日が昇る前にどうしても今回、実際に見たかったものがあったので、Hideさんにムリをお願いして見せていただきました。 それは…これ!

「StudioHide」のワカサギシール付コールマンM

感激です!

私のワカサギ釣りはいつも日が昇ってから…だから当然、実際にこのような光景を見られる機会などありません。
でもワカサギ釣りを始めた頃から、いつの日か気の合う釣り仲間たちと一緒に、夜の氷上で賑やかにワカサギ釣りを楽しみたい…っという思いがあって、もしその時に叶うのならと憧れていたのが、この「StudioHide」オリジナル・ワカサギシールが貼られた『アイスフィッシングシェルターオート/M』です!

オレンジ&ホワイトツートンカラーのColemanのワカサギテントは、夜間の氷上にも良く似合うのは知っていましたがこれは特別、室内に明かりを灯すとアイスフィッシングシェルターに貼られたワカサギシールが、また一段と釣り場に映えます。これが見たかった! 実物を、そして初めてこのような光景が見られて感謝感激です。
Hideさん、ありがとうございました!


さて…日の出とともに、釣り場は大勢のワカサギフリークでほぼ満席状態!(驚)

日の出とともに、阿寒湖・硫黄山川ワカサギ釣り場は大勢のワカサギフリークで満席状態
 

中には女性だけのワカサギ釣り女も数グループいましたが、これには正直驚きました…っと言うのも、子供連れのファミリーや恋人同士がデートコースとして気軽(?)に訪れられる、快適設備が整えられた阿寒湖のホテル裏ワカサギ釣り場と違い、ここ硫黄山川側のワカサギ釣り場は、まさに真摯なワカサギフリークが本格的にワカサギ釣りを楽しむためのような釣り場(※釣り場にいた皆さんの装備を拝見した私の個人的感想です)

駐車場奥に設置された、一基しか無い簡易トイレ(※祭り会場や工事現場にある“汲み取り式”トイレ)の釣り場まで来て公魚釣りを楽しむワカサギ釣り女は、きっと女性でもその腕前はビギナーの私よりもでしょうが…
負けていられませんね!(笑)

私たちも急いで釣り座を構えます。(焦)


ちなみに今回コラボ釣行と言いながら、私はHideさんのご好意でゲスト待遇され、テントやアイスドリルなどはHideさんがご用意してくれました。(感謝!)

テントは先程の「StudioHide」オリジナル・ワカサギシールが貼られた『アイスフィッシングシェルターオート/M』を設営します。 この日は強風が予報されていましたので、スクリューアンカーペグ(※ネジ式ペグ)をしっかりと打ち込み(ねじ込み)ますが…やっぱり阿寒湖というか、本格的にワカサギ釣りをされる方々は装備が違いますね。
テントの固定や張り綱のペグ、そして氷の穴開けも全て電動です! いつもテントのスカートに雪をのせてるだけの私とは大違い。(苦笑) でも阿寒湖のように氷が厚く固いと、電動工具は必須かもしれませんね。
(テント設営には私も微力ながらお手伝いしましたが…微力過ぎてあまりお役に立てずスミマセンでした。汗)

とくに70〜80cmの厚さがあろうかという氷への穴開けは超スピーディー!
アッという間に二人分の氷穴6コ(釣り穴×1+魚探穴1が二人分)が開け終りました。 これは便利、私も来シーズンは購入…っと一瞬思いましたが、そうなると装備を変更したり増えもするので、当分は手動でいきます。(笑)
まぁ、私の行く釣り場の氷はそんなに固くないし、冷えた体を温める良い運動にもなりますしね。(苦笑)

日が昇り始めた雄阿寒岳の風景

釣り座の準備が終わる頃、雄阿寒岳からは日が昇り始めていました。
いよいよ初めての道東ワカサギ釣り遠征が始まります!


釣行 DATE
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《場所》   阿寒湖 硫黄山川ワカサギ釣り場 (釧路市阿寒町阿寒湖畔)
《釣行日》 2017年2月19日 天候/晴れ
《同釣者》 Hideさん

      ・気温/-8〜-1℃(※釣行時間内の気温)・風向/風速=西北西 6m/s→西 4m/s
      ・19日の日出/日入 06:15/16:49 (※日出・日入は釧路市阿寒町阿寒湖温泉での観測)

今回のMyワカサギタックル
リール:クリスティア ワカサギ CR III(×2)/DAIWA
竿先:K-ZAN研磨竿先 180LTD高ガイド M(×2)/K-ZAN
ライン:わかさぎ/寒冷地仕様 VEP0.8号50m/VARIVAS

仕掛け:ピンピンワカサギ 赤虫ヘッド(1号)/がまかつ 他
オモリ:2g(捨て錘無し)

餌:赤虫&紅ラビット&赤サシ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



《釣行記》
今回、エサにはHideさんのアドバイスを参考に、今季の阿寒湖で好釣果を挙げている紅ラビット赤サシ、そして何かしらの工夫というコトで私なりに考えて…いつもの赤虫(苦笑)と3種類用意しました。

今回の餌は赤虫&紅ラビット&赤サシ

なんで赤虫かというと、赤虫の養分(成分?)はワカサギの主食に近いと思われるため食いが良いので、一般的にはワカサギが一番良く釣れると言われてますが、不思議なコトに道東の釣具屋ではホトンド売っていないらしい…ってコトは、普段なかなかありつけない赤虫の旨味に阿寒湖のワカサギが異常に興味を示し喰いつくのでは!?と考えたからです!(…が、これは大間違いであることが後ほど判明)

なので左の白いクリスティア CR IIIの仕掛けには赤虫を、右の黒いクリスティア CR IIIの仕掛けにはHideさんオススメの紅ラビットをハーフカットして、それぞれの仕掛けの一番上の鈎には寄せ餌効果として赤サシを付けます。


ちなみにこれが今回の釣り座。
いつもとの違いにお気づきですか?

今回の釣り座

そう! 今回は椅子ではありません。
お座敷仕様です♪(嬉)


今では多くのワカサギフリークの皆さんが導入しているお座敷マット
仕事が忙しく、最近は何かを作製するコトもメッキリ減り、実物はまだ見たことがありませんでしたが、このアイテムはとても気になっていたんですよね…そんな思いが通じたのか、実は今回の遠征にとHideさんが、私のためにこのお座敷マットを作りプレゼントしてくれました! しかも妻の分と合わせて二人分も!!

ワカサギ釣り用お座敷マット「トランスフォーム・マット」
※画像は一人用ですが、これをもう1セットいただきました。

メイン(大)マット1+サブ(小)マット2で1セットのこのお座敷マット、ソロ用のコンパクトテントのVARIVAS『ペンタゴン2』にマッチしたパッケージングサイズが採用されてますが、実は妻の分との組み合わせで様々なサイズ(形状)変更が可能という優れもの!

五角形のペンタゴン2では通常このサイズ、しかし全てを組み合わせると180cmにもなるので、小川キャンパルの『ノースガード GF4』なら横になって体を伸ばし休むことが出来ます♪(これはありがたい!)
さらに組み合わせ次第では、雛壇のように積み重ねて高さを調整(※お尻部分にもう一つのサブマットを2個合わせて使用することによって、長時間のあぐら痛を緩和)出来るなど、まさにトランスフォーム・マットです!

使い心地はもちろん抜群!
クラフトテープで補強された厚さ50mmの発泡スチロールボードには、柔らかい素材のキャンプ用レジャーマット(※百均のアルミマットではありません!)が貼られ、断熱効果は非常に高く、一般的な低座面の「あぐらチェア」よりも座り心地が良く、ワカサギ釣りではありがちなエコノミークラス症候群(?)に陥るコトもありません。(笑)

また、敢えてメインマットよりも短く作られたサブマットは叩き台を設置するのに丁度良く、氷穴に近い分アタリも取り易く、釣り座ポジションを決めるのにも非常に自由度が高かったです。(欠点は私の膝とお尻が固いコト? 自分の体重押し潰される膝とお尻が痛く、何度か足を組み替えました。苦笑)

でもこれ…とても快適なお座敷マットなんですけど…安価ではない、良い素材を集めて作製されているようなので、コストもそれなりに掛かっているのではないでしょうか?
そんな或る意味高価な手作りアイテムを2セットもいただきまして…Hideさん、本当にありがとうございました!

これからのワカサギ釣りでは渚ちゃん(=妻)共々、大切に使わせて頂きます!

初の道東ワカサギ釣り遠征 【 阿寒湖 】 編スタート!

準備も整い、いよいよ実釣開始!

スタートはこんな時間…でもマヅメとあって、魚探には早々にワカサギの良い反応が♪

魚探には早々にワカサギの良い反応♪

初の道東ワカサギ釣り遠征、憧れの三大ワカサギ釣り場の一つである阿寒湖での記念すべき第一投!

期待を込めてドキドキしながら仕掛けを投入し、オモリが着底するのと同時にタナを合わせ誘いを掛けようとしたその瞬間…釣れました!(笑)

記念すべき阿寒湖でのワカサギ、第一尾目!
※興奮のあまりリールを巻き過ぎてしまったのはご愛嬌…セッティングミスでした。(苦笑)
記念すべき阿寒湖でのワカサギ、第一尾目です!

かなりの良型と思ったら…

しかもサイズはかなりの良型♪…っと思ったら、ここ阿寒湖(道東のワカサギ釣り場)ではこれがアベレージサイズだとか!?(驚) 札幌近郊のワカサギ釣り場で、いつもマッチ棒みたいなメダカサイズのワカサギを釣っている私にとっての良型がアベレージサイズだなんて…恐るべし阿寒湖!(笑)


それにしても流石は憧れの三大ワカサギ釣り場の一つである阿寒湖、アベレージサイズがバンバン釣れます!

バンバン釣れます♪

良型、ダブル、大公なんて当たり前!?
Hideさん「これが阿寒湖ですよ〜」っという一言に納得、この状況が続くのならアッという間に100尾を超えるかも!(期待)


そしてここで、何故こちらで赤虫があまり売られていないのかも判明…餌持ちメッチャ悪いです。(汗)
もう突かれて突かれて、すぐに赤虫は真っ白に。(苦笑) ラビットやサシの方がずっと餌持ちが良い。
ゴールデンタイムのエサ交換は大きなタイムロス、赤虫の使用はヤメました。(笑)


ところでHideさんはと言えば…ゲスト待遇の私は荷物も少なく釣り座を構えるのも早く、Hideさんのご好意に甘えて一足早くスタートしましたが、Hideさんは私のためにテントを温めてくれたり、これから予想される一時的な北西8m/sの強風に備えてテントを再固定するなど大忙し…。気が利かず甘えてばかりでゴメンなさい。(汗×2)

ホームを知り尽くすベテラン公魚釣り師の怒涛の追い上げ!?

それでもさすがはホームを知り尽くすベテラン公魚釣り師、私よりも10分以上も遅れてスタートしたのにもかかわらず、瞬く間に釣果は追い抜かれました。(凄!)
とくに穂先を見つめ続けるその集中力はハンパなかったです!


実釣開始から約一時間。

阿寒湖で時速20尾の釣果って…

釣果は時速20尾です…が、スタート直後に何者(アメマス?)かに仕掛けをダメにされたり、エサをカットするハサミを氷穴にポチャンしたり、ライントラブルがあったりとハプニング続きがなかったら、まだもう少し釣果は伸びていただろうけど…良型とは言え、ここ阿寒湖の極小アタリにアワセられない自分の腕の未熟さが嘆かわし〜い。


そして開始から二時間…懼れていた激シブタイムに、この日は早くも突入する。
※ワカサギはいるけど釣れない…これ、今季の阿寒湖ワカサギ釣りの傾向だそうです。

激シブタイムに突入…

魚探にワカサギの反応はあるんだけれど…あの手この手を使っても、何故か不思議と喰わない? 誰も釣れない??

魚探にワカサギの反応はあるけれど…

でもアタリが止まる時間が長かった分、Hideさんとの会話は弾んで、これはこれでまた楽しい♪
普段ソロ釣行ばかりの私にとって、こうして(妻以外の)同じ釣り人と同じ時間を共有出来るコトはとても貴重であると同時に、お相手が気の合うHideさんだったから尚更楽しかったですよ。(本音)

そうこうしている間に組合の人が遊漁料を徴収しにやって来た。
遊漁料1100円…って高っ!(苦笑)

遊漁料は1100円!

札幌近郊の有料ワカサギ釣り場の相場と比べて、遊漁料はその倍以上…でもそのサイズ、その楽しさは遊漁料に見合うだけの価値がありますね。(もっと近かったら最高ですけど。)
だからこそ、こんな遠くにまで来たんだからもっと釣らなくっちゃ!(笑)
でも釣れないんだよね〜。


あまりにも釣れないのでちょっとテントの外に出てみたら…外はとても良い天気♪

外はとても良い天気♪

時折 強風が吹くけれど、この日はまさにワカサギ釣り日和です。

物凄いテントの数!

それにしても物凄いテントの数!
何組くらいいるのだろう?(多過ぎて数え切れられませんでした…苦笑)


テントに戻るとHideさんから美味しいお福分けをいただきました♪

コンロで温めたホットドック

これ、コンビニのホットドックをアルミホイルで巻いて、コンロで温めただけなんだけどメチャ美味しかったです!
(こういうお手軽で簡単で美味しいモノを、私も考え作れるようになりたいです。)


そしてさらにその後、Hideさんの友人のF氏(※以後Fさんと書かせていただきます)を交えて3人でコーヒーブレイク♪ HideさんFさんは、ほぼ毎週のように一緒に阿寒湖へ来るほどのワカサギ釣り仲間。
実はこの日も一緒にいらしていたのですが、今回は私を気遣い単独ソロで別行動…それなのに途中、Hideさんが席を離れた際にはテントに訪れ、私にいろいろとアドバイスや阿寒湖のワカサギ釣りの興味深い話をしてくれたりと、とても良い御方でした。 Fさん、この日はお気遣いいただきまして本当にありがとうございました。

コーヒーブレイク♪

そうそうHideさん、この日の為に美味しい珈琲の淹れ方を勉強されてきたそうで、そのお味はまさに美味でした♪
ご馳走さまです!


さて、あまりにも長い激シブタイム…しかし午後に入り、突如魚探に異変が!

午後に入って魚探に異変が!

大群がやって来たー!

おそらくこれは最後のチャンスかもしれない。
この日は私の帰宅に合わせて15:00までの制限付き…釣果はこの時点でまだ40尾にも届かず。でも何とか100尾を目指したい。※ちなみにこの時点でHideさんは100尾超え、Fさんは200尾を超えています。

焦る気持ちを抑えながら穂先に集中…も、アワセられない!?
こんなに魚探は真っ赤なのに釣れないなんて、ドンだけヘタなんだ〜。(泣)

…っとここで、Hideさんからまたまたお福分けをいただきました。
仙豆”です。(笑)

仙豆を食べて集中力と疲労を回復!

仙豆を食べて、集中力と疲労を回復させます!(笑)

するとどうでしょうか…仙豆を食べた時だけ釣れます。(苦笑)


タイムリミットまであと僅か…Hideさんは目標の二束、私は一束を目指してラストスパート!

Hideさんのラストスパート!

そして…タイムアップ。(早っ!)
※記事容量の文字数制限により、この他の箇所でも内容をカットせざるを得ませんでした…。

タイムアップ

健闘するも100尾には届かず…でも楽しかった〜。

本日の釣果

本日の釣果、もちろん今季自己記録更新です。(苦笑)


終了後、Hideさん愛用のタックルを使わせていただきました。
電動リールは私のクリスティアの上位機種「CR PT II」、そして竿先はUokarodのバンブー穂先「冬華」です。

魚探があるので必要ないと思い「CR III」を二台購入しましたが…「PT II」のタナ停止機能は便利ですね〜。
来季は渚ちゃんにこれを買ってあげようかな?(笑)

Hideさんのタックル

竿先は京都産の真竹を使用した“ハンドメイドバンブーわかさぎ穂先”ですが、これがまた驚く程しなやか!
さらに刺さるように確実に掛けれるなんて…K-ZANから浮気しちゃいそうです。(笑)

で、終了時間は過ぎましたがHideさんのご厚意でちょっと試釣。
そしたら…

入れ食いモードに突入!

入れ食いモードに突入しました!(苦笑)

納竿

でもこれ以上は留まれない…泣く泣く納竿となりました。(涙)


最後はこれまた微力ながら撤収のお手伝いをして、その後は雄阿寒岳をバックに恒例の記念撮影♪
ブログ記事が一般公開なので画像を加工してますが、二人とも満面の笑顔ですよ!

左がHideさん
※左が今回の同釣者、StudioHideさんです。

いつかは必ずご同釣を…っと憧れていた太公望Hideさんとの夢のコラボ釣行は、これにて終幕…。
だけど久々に充実した、意義ある楽しい釣行でした。

Hideさんにはこの度の数々のおもてなしと、そしてお気遣いとご好意に心から感謝しています。
冬季道東初遠征というコトで、とてもお世話になりながらプレゼントまでいただき、本当にありがとうございました。

そして残念ながら今回は画像がありませんが…Hideさんのワカサギ釣り友のFさん、次回は是非とも同じテントで、300尾を超えたその腕前を拝見させてください! 楽しいお話をありがとうございました。



お二方、この度はお付き合いいただきありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。

また何処かの氷上で、必ずお会い致しましょう!



最後はお二人と握手を交わし退場…

阿寒湖ワカサギ釣り場

素晴らしき道東ワカサギ釣り場の阿寒湖、来年も必ずまた来ます!

道東ワカサギ釣り初遠征 in 阿寒湖を終えて…

今回、初めての冬季道東釣り遠征でしたが、天候にも恵まれ最高の釣行日となりました。

釣果は残念ながら目標の100尾には達しませんでしたが、釣果以上に良い経験を得られた今回の遠征には大満足しています。(この経験を活かしてさらに腕を磨き、来年はここで開催される公魚大会にも出場したいですね。)


全ての出会いは縁あればこそと言いますが、限られた時間(人生)の中で出会える人の数は、出会えない人の数よりずっと少ないんですよね…だから出会った人とその出会いは大事にしたいと思います。


今回お二人の太公望に出会えたこの縁を大切に、これからも楽しく釣りを続けていきますよ! 《おしまい》


本来、この記事は20日に投稿予定でしたが、画像編集や記事内容や文章の修正にと、公開が本日まで遅れました。 とくに最近は長文を書くの苦手になってきて、また前半で文字数を使い過ぎ息切れしてしまい、そのため後半はチグハグな文章になりましたが…それも今回の釣行の楽しさは十分に書き綴れたと思います。
今シーズンのワカサギ釣りはこれが最後かもしれませんが、3月に休みが取れたら、もう一回くらいどこかの氷上に行きたいと思っていますので、その時はまた長々と釣行記録を記事にさせていただきます。(笑)

この度はご愛読ありがとうございました。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
いつもここには「ブログ・ランキング」へのリンクバナーを表示してますが、Yahoo!ブログでは1つの記事の文字数が20,000文字(改行を含む)以内のため、画像を多用し長文となったこの記事はランキングへのリンクバナー貼れず、今回は不参加となりましたが…これからも応援お願い致します。
.
web stats
whos.amung.us

この記事に

閉じる コメント(4)

憧れの北海道はワカサギもすごいんですね!
あぁ〜、行ってみたい&釣ってみたい!

2017/2/27(月) 午後 8:32 joe 返信する

アバター

joeさん、こんにちは。
是非いらしてください!

こちらにいらした時は、テントもタックルも、魚探もその他全てを僕が用意しますので、着替えと帰りの切符だけ持ってお越しください♪

2017/3/1(水) 午後 1:35 うしお 返信する

道具が充実してるから快適な釣りですね。
あぁワカサギの唐揚げが食べたくなって来ました。

2017/3/2(木) 午後 9:18 てぃこま 返信する

アバター

てぃこまさん、こんにちは。
やっぱり本格的にワカサギ釣りを楽しむ達人たちの装備は違いますよ。(笑)
いつもそれなり程度の装備の自分が恥ずかしくなっちゃいます。(苦笑)

今年やっと、自分で釣ったワカサギを食べるコトが出来ましたよ♪
でもその天ぷらの画像や、装備などその他の様子が『記事の投稿に失敗しました。しばらくしてから投稿してください。』というエラーで投稿出来なくて…全体内容の3/4しか伝えられなかったのが残念です。(涙)

2017/3/3(金) 午後 3:25 うしお 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事