ちょっと釣りにいこうよ!

当ブログを“お気に入り登録”されていた皆さまへ…2014年2月10日の当ブログ記事をご覧戴きますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

※本記事は私個人の釣行記録をブログ記事用に編集して、多くの氷上ワカサギ釣りファンがその楽しさを共有出来るようにと釣り場など可能な限りの情報を公開しています。


HWF2019

2019年のワカサギ釣り第2戦! 今回は日曜出勤の代休に、道央圏屈指の人気ワカサギ釣り場であった「かなやま湖」にやって来ました。 数年前の台風で大量の土砂が湖へと流れ込み湖底が変わり、それ以降は以前のように釣れなくなった様ですが…二年を経た湖の復活に期待します。

次の日に疲れを残せない平日釣行なので、かなやま湖の他に近場の釣り場という選択もあったんだけど、阿寒湖遠征を想定した水深のある釣り場で釣りがしたく、かなやま湖の鹿越大橋横の駐車場に到着したのはもうAM8:00を過ぎた頃。

かなやま湖

平日だから貸切かな?なんて思っていましたが、すでに数名のワカサギフリークさんたちがテントを張って楽しまれている様子。(笑)

今日は時間制限のある釣行なので、急いで道具をソリに載せて釣り場へGO!
(もっと早く自宅を出発するべきでした…)


余談ですが今シーズンから、ソリ(※スノーボート)を1サイズ大きなジャンボスレーに買い替えました。

ジャンボスレー〔小〕

ホントはみんなが使っているジャンボスレー(※ビックサイズ)の方が便利なんだけど…私の小さな車には、このサイズが精一杯。(汗) でもそれでも、ここ かなやま湖の名所地獄坂を無事クリアすることが出来るのだから、最初にこれを購入するべきでしたねぇ。前来た時は、この坂をソリと一緒に転げ落ちましたから。(苦笑)

地獄坂

ただ道具の積み方は、まだまだ試行錯誤が必要です。
たぶんこれ以上、大きな道具が増えるコトはないと思うけど…積めない荷物をザックに入れても道具が崩れないように、積み荷を固定するのに時間が掛かり過ぎるので、もっとたくさんの釣り場に行って皆さんの積み方を参考にしたいと思います。


さて釣り場に到着し、まずは自分のいる位置をGPSで確認します。
※理由は…もし今回釣れた場合(釣れなくても)、そのDATAを次回の釣り座選びに活用するためです。

自分の位置をGPSで確認

真摯な氷上ワカサギ釣りファンは幾つも穴を開け、魚探を使ってワカサギの群れが安定しているポイント(回遊ルート)を探る…のですが、アイスドリルが電動ではない私は体力の消費を抑えるため、適当なポイントに釣り座を構えるコトにしました。(苦笑)


穴を開けてポジションを決める

まずはテントの広さ分を除雪して、穴を3つ開けたらポジションを決めて、

テントを設営

テントを設営します。

以前はテントを張ってから穴を開けていましたが、私的には天気が良ければこの方が、釣り座の位置決めがし易い気がします。それにコンパクトなテントでは、中で穴を開けるには窮屈ですからね。

ペンタゴン2
 

もちろん今回は単独釣行なので、ワンタッチ・ワカサギテントのVARIVAS『ペンタゴン2』ですよ。(笑)


さてテントを設営し終えたら氷上ワカサギ釣り テント内ストーブシステムで、冷えた身体と室内を温めながらのんびりと準備…って、今日は時間がなかったんだ!(汗)

テント内ストーブシステム

単独釣行は何でも焦らずマイペースなのが良いけれど、マイペース過ぎるのも欠点です。(笑)
それにここしばらくワカサギ釣りは単独釣行ではなかったので、久しぶりに厳寒期の氷上にポツンと一人はちょっと寂しかったです。(苦笑)


釣行 DATE
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《場所》   かなやま湖 (空知郡南富良野町東鹿越)
《釣行日》 2019年1月22日 天候/曇時々晴

      ・気温/-8〜-6℃(※釣行時間内の気温)・風向/風速=西北西 3m/s〜北西 2m/s
      ・22日の日出/日入 06:54/16:27 (※日出・日入は空知郡南富良野町での観測)

今回のMyワカサギタックル
リール:クリスティア ワカサギ CR III(×2)/DAIWA
竿先:公魚工房 ワカサギ穂先 ワークスリミテッド TR-293(×2)/VARIVAS
ライン:サンライン スーパーアイスラインワカサギPEII 0.2号30m/SUNLINE
ラインシステム:公魚工房 電動リール専用 先糸ストッパー VAAC-25/VARIVAS

仕掛け:ワカサギ仕掛け 返し鈎 5本鈎〔66cm〕(1号)/VARIVAS
     ワカサギ仕掛け 返し鈎 6本鈎〔77.5cm〕(1号)/VARIVAS
オモリ:四面長オモリ[スイベルジョイント](4g)/VARIVAS

餌:白サシ&紅ラビット
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

《釣行記》
ではタックルの準備に取り掛かる前に、まずは魚探をスイッチオン!
気になる魚影の方はどうかと言うと…

この日最初の魚探映像

ま、こんなもんですね。(苦笑)


今回の餌と仕掛けですが、まずエサには白サシ赤ラビットを使いました。
普段は赤虫を使っている私だけど、今回は阿寒湖遠征をシミュレーションしてのチョイスです。

今回の仕掛けとエサ

理由は赤虫だと、阿寒湖ではワカサギの猛攻にあって直ぐに使い物にならなくなるというのもありますが、最近、老眼が酷くなって、一匹まんまをチョン掛けする赤虫と違った、サシ系の餌付けにも慣れておこうと思ったからです。(汗) それに以前の阿寒湖釣行では、赤虫よりも紅ラビットの方が断然釣果が良かったですからね。


そして仕掛けですが、「クリスティア ワカサギ CR III」にはVARIVASのワカサギ仕掛け 返し鈎 5本鈎、「クリスティア ワカサギ CR PT II+」には同じくVARIVASのワカサギ仕掛け 返し鈎 6本鈎(※どちらも1号)を使用する…ハズでしたが、ここで問題発生!

グチャグチャになっていた「PT II+」のスプール

ナンとCR PT II+のスプールに巻いたラインがグチャグチャになっていて、使用不能という事態が発覚!

一応事態を修復しようと試みるも、ラインががっちり絡んじゃってもうお手上げ…こんなんで時間をムダにはしたくないので、幸いにももう一台持ってきてたCR IIIを車に取りに戻ったり何やらと、かなりの時間をロスしてしまった。

で、結局実釣開始はこの時刻。(泣)

本日の開始時刻

でもこの画像の撮影中にアタリがきてアワセせると、今日最初の一尾目が早々に釣れて、まずはホッと一安心。

本日の一尾目

あっ、新しいカウンター導入しました。(笑)


二年ぶりの、かなやま湖のワカサギ。(今年はどこに行っても二年ぶりですがね…苦笑)

かなやま湖のワカサギ

サイズは道央ワカサギのレギュラーサイズよりはチョイ大きめ。


それにしてもかなやま湖はワカサギもそうだけど、氷も水質も相変わらずキレイです。

透き通った氷穴

ちなみに氷厚は40cm前後くらいでしょうか。

氷穴の透き通った下部に思わず魅入ってしまいますが、今日は阿寒湖遠征に備えてといろいろと試したいコトがあるので実践しています。

その一つがまずはこれ、プロックスの「攻棚ワカサギ氷穴シリコンスリーブ」。

氷穴シリコンスリーブ

これは氷結に差し込むことで、氷による針掛りを予防し、穂先の視認性もアップされるというアイテムで、以前はVARIVASから「氷穴アダプター」という製品が販売され気になっていたものの、現在 氷穴アダプターは入手困難な代物…しかし今回、プロックスからこちらが販売されていましたので導入しました。
使い心地はなかなか良好、さらにシリコン素材なのでコンパクトに持ち運べるのはグッドです。(変形しそうですけどね。)


ただ釣果の方は…

時速14尾

時速14尾です。(汗)
でも二年前と比べれば、この数は上々ですよ。(苦笑)

それにワカサギが全くいないワケじゃあないんです。
アタリは結構あります! (←乗せられないのは私がヘタだからです…)

魚探の映像を見ても分かりませんが、ここまでホトンド仕掛けの一番下の鈎に掛かっているというコトは、ベタ底を這うように回遊しているのでしょうね。(下鈎持って来なかったコトを後悔…)

でもそうなると、釣りは俄然面白くなってくる!(笑)
釣れないならば 釣ってみせよう ワカサギちゃん♪
あっ、でもその前に、腹が減ってはナンとやら。
カップヌードルの新商品『メープルスモークベーコン味 ビッグ』を食して空腹を満たし、午後戦に備えます。(笑)

カップヌードル「メープルスモークベーコン味 ビッグ」

お味の方は…う〜ん、ビミョーだなぁ。(苦笑)
ポトフ風という味の表現は的確だけど、好みが分かれそうな後入れの「特製メープルソース」は入れない方が良かったかも?

お味の方は…

完食しましたけどね。(笑)


さて、実釣開始2時間後の釣果はどうなったかと言うと…

時速11尾にスピードダウン…

時速11尾にスピードダウンしました。(あれ?)
やっぱり釣れてる時は、釣りに集中しなきゃあダメですね。(汗)


ってコトで反省し(気晴らし?)に、ちょっとテントの外へ…

平日のかなやま湖の釣り風景1

いつの間にか、レンタルテントにはお客さんがやって来たようでした。
今日は平日だから静かだけど、休日のテント村は今でも賑わっているのかな。

平日のかなやま湖の釣り風景2

氷上で目立つ紺色のキューブ型テントが格好良かった。
ま、カッコ良さならペンタゴンも負けてはいませんけどね。(笑)


ちなみにこれが、今日の私の釣り座です。

本日の釣り座

注目は、このVARIVASの「ワカサギクッション」!

ワカサギクッション

お座敷スタイルは私の腰には優しいですが、長時間の胡坐も実は(膝に)キツイものがありまして…だからといってチェアースタイルは、腰を痛めている私には負担が大きいので、思い切ってこの「ワカサギクッション」を導入しました。

トランスフォーム・マットと組み合わせると、硬めのクッションと微妙な高さは私の体にマッチして、胡坐はもちろん立膝も、さらにはクッションの前後を逆にした高さは私の腰に程良い座面高になり、ブーツを履いたままのチェアースタイルもOK! まだ初めての使用ですが、こちらも使い心地は良好でした。
(買って使ってから気づきましたが…これってHideさんにお願いすれば作ってもらえたかもしれませんね? 汗)


さて気分転換を終えて(※←反省をし終えてですね。苦笑) 釣り座に戻り魚探を見ると…それまでになかった反応が1?

魚探に反応アリ!

ぶっちゃけ未だに魚探の見方を良く理解していないので、これはストラクチャー(※水中に影響を及ぼす障害物等)なのかもしれないけど…本日のタイムリミットも迫っているので穂先に全神経を集中させます!

CR IIIの穂先は、どちらもVARIVASの「ワークスリミテッド TR-293」。

穂先はVARIVASの「ワークスリミテッド TR-293」を使用

この穂先をプロデュースした平久江名人によると、数釣りのスピードに磨きをかけたフィルムコンポジットのTR-293は、食わないワカサギに凄く効くとのコト。

氷穴シリコンスリーブとの併用で視認性は抜群

トップからベリー部まで独自調合による赤色蛍光塗料にペイントされたガイドスレッドは、穂先の視認性を高めてくれる氷穴シリコンスリーブとの併用でさらに見やすく、ワカサギの微細な前アタリも決して逃さない!(ハズ)

時速を更新!

だからこんな私でも、時速を21尾に更新!(笑)

さらに前回の釣行で、Fさんから教えていただいたゆらぎ誘い釣法(※フカセ釣法)を実践するコトにより、

かなやま湖でダブルHIT!

かなやま湖でダブルHIT連発!(笑)

実釣開始4時間後の釣果

ただし記録は時速21尾。(笑) ※我慢しきれなくてトイレ休憩とりました…。

そしてそろそろタイムアップ。


まだ続けていたいけど…頑張ればまだ釣れるかもしれないけど…これ以上は明日の仕事に差し支えるので、残念だけど4尾を追加してPM2:30に納竿しました。(涙)

本日の釣果!

本日の釣果…驚きの71尾(カウンターが見づらくてスミマセン…)

正直言って釣り場に来る前は、30尾も釣れれば上出来?と思っていたのに、初っ端にトラブルがあったもんだから、10尾釣れたら上々だと目標を下げていました…。
それなのに、あの時間から釣り始め、午後からの追い上げで期待を大きく上回るこの釣果!

たまたま入ったポイントが良かったのかもしれないけど、下手っぴな私でこの釣果なのだから、上手い人なら100尾をラクに超えていたと思います。

そしてこれは、このかなやま湖があの台風から二年を経て、道央圏屈指の人気ワカサギ釣り場として復帰し始めた兆しなのかもしれません。


昨年や今冬の釣果情報を確認せずにやって来たので断言は出来ませんが、もしそうならば、このかなやま湖はこれから大いに期待出来るコトでしょう。

本日のかなやま湖

今日は残念ながら、あの素晴らしいロケーションを望むコトは出来なかったけど…このお気に入りの釣り場で、今度は大爆釣を挑みにまた来ます!



閉じる コメント(4)

こっちのワカサギ有名湖、12月の暖かさの影響で8日ほど遅れて本日ようやく解禁したようです。
毎年恒例で、N◯Kお昼のローカルニュースで放送されてました。
仕事休んで解禁に臨んだ友人は映りませんでした(笑)

2019/1/24(木) 午後 11:35 joe

少しは 復活してきたみたいだね〜(^ ^)
今年は かなやま行きたいな〜!

2019/1/25(金) 午後 1:50 masa

アバター

joeさん、こんばんは。
他局ですが、こちらでもそちらの有名湖が紹介されてましたよ♪
同じ氷上のワカサギ釣りでも、釣り方(釣り座?)が違うので驚きました。

2019/1/25(金) 午後 8:00 うしお

アバター

masaさん、こんばんは。
二年前と比べれば、今冬のかなやま湖初戦は爆釣でした!(苦笑)

2019/1/25(金) 午後 8:01 うしお


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事