ちょっと釣りにいこうよ!

当ブログを“お気に入り登録”されていた皆さまへ…2014年2月10日の当ブログ記事をご覧戴きますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

※本記事は私個人の釣行記録をブログ記事用に編集して、多くの氷上ワカサギ釣りファンがその楽しさを共有出来るように、釣り場など可能な限りの情報を公開しています。


HWF2019

2019年のワカサギ釣り第3戦! 今回は小さなお子さん連れや女性にも安心な、綺麗なトイレのある札幌近郊の無料の人気ワカサギ釣り場 『砂川オアシスパーク遊水地』 に行って来ました。 強風7m下でのテント設営からのスタートした今冬2回目の平日ソロ釣行…果たして釣果の方は?

2月にどうしても休みを取りたい日があるので、その時のために文句も言わず(?)連週の日曜出勤。(苦笑)
しかし貰った代休は、ナンともまぁ中途半端な曜日…。(泣)

だけど平日はとくにやるコトもなく、釣り場に行けばいろいろと試したい事もあったので、今回もソロでワカサギ釣りに行こうと思ったら、前日までの穏やかな天候から一転、大雪・強風予報となる始末…。

一時は行くのを止めようかとも考えたけど…取り敢えず行くだけ行って、誰もいなかったり安全じゃあなさそうだったら即引き返すってコトで出発。 札幌から約1時間30分で行ける砂川オアシスパーク遊水地に到着したのはAM8:30を少し回った頃。 札幌を出るまでの大雪と強風が、まるでウソのようにおさまっていた。

砂川オアシスパーク遊水地の管理棟前釣り場

一応釣り場の様子を確認すると、すでに数組のワカサギフリークさんたちがテントを張っていて一安心。
やっぱり釣り場は現地に行くまで分からないものだ。(笑)
※あくまでも釣行は安全を第一に、天候や釣り場選びは大切です。

ウォーターヒルズスクエア
※ウォーターヒルズスクエア(砂川遊水地管理棟)では月曜日の休館日以外、9:00〜17:00までの間に綺麗なトイレを無料で使わせてもらえます。

砂川オアシスパーク遊水地で良く釣れるといわれる人気のポイントは大きく分けて管理棟前奈江豊平川付近の2か所があり、今回は初心者におすすめ(?)といわれる管理棟前を選んだので、管理棟(ウォーターヒルズスクエア)横の駐車場に車を停めて釣り場へ向かいます。

でも…


ここからが大変だった!


いざ氷穴を開け終えてテントを張ろうとしたら強風が吹き始め、とてもじゃないけど一人では設営出来そうにない状況に…一応、テント用アイスアンカー(※氷穴を利用してテントを固定する道具)は持っていたけど、使ったことがないので使い方が解らない。 さらにペグを打ってる時に金槌の柄が折れて、原始時代のようにヘッドだけでペグを打つハメに…。(釣行後に専用のハンマーを買って帰りました)

それでも風が弱くなった合間を狙い、悪戦苦闘の末に自力で無事設営完了。(苦笑)
強風下でのテント設営は、時間と労力が通常の3倍!
でした…。(疲)


さて、テントに道具を全て取り込んだら、まずはGPSで釣り座をチェック。

本日の釣り座

一般的に、ここの釣り場は水深が深いポイントよりも浅い方(※水深4〜5mくらい)が釣れる(狙い目)との情報ですが、

水深は4.5m

ドンピシャですね。(笑)


水質も綺麗に復活

二年前は酷く濁っていた水質も、今ではもうすっかり綺麗になっていて嬉しかったです。
(やっぱりワカサギは水質の良い方が、臭みもなく美味しいですからね。)

 凍結軽減効果のワカサギ釣り専用ラインコート剤を試す!
ではタックルの準備に入る前に、先日の記事で紹介したワカサギ釣り専用のラインコート剤を試します。

IOS Factoryのワカサギ釣り専用のラインコート
 

使い方はブランクやガイドには指で薄く塗布する、ラインには数滴をスプールに馴染ませるように塗布するそうなので、ガイドには指で直接塗布しましたが、スプールは電動リールの本体から取り外し、目薬を垂らすような感じでライン全体に塗布しました。(笑) あとは水につければ(釣りを始めれば)コーティング終了です。

塗布方法

このラインコート剤は一般的なラインコートの効果に加え、凍結軽減効果というのを特に期待して今回導入しましたが、結論から言うと、テント内はガイドやラインが凍るほどの温度ではなかったため、その効果が得られていたかは正直って断言出来ません…なので次回の釣行で使用した時に、またあらためてレポートします。


それでは今回の仕掛けの紹介です。
今回は浅場での釣りなので手返し良く、さらに底釣りがメインとなるだろうと考えて、VARIVASのワカサギ 疾風早掛け 底釣り五本鈎一択です。(後にこの選択が間違いだったことに気付く…)

この仕掛けは五本鈎ですが、一本は下鈎用なので実際には4本鈎仕掛けの長さしかなく、おそらく市販の仕掛けの中では最も全長が短いと思います。(つまり浅場のテント内では手返しが良くなる…ハズ?)

本日の仕掛け

ちなみにエサは前回の釣行の残りモノ(笑)ですが、紅ラビットは日が経つと白ラビットになるというのをこの日初めて知りましたよ。(苦笑)


釣行 DATE
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《場所》   砂川オアシスパーク遊水地 (砂川市西豊沼)
《釣行日》 2019年1月31日 天候/晴れ(※釣り場の天候は晴れ時々暴風雪)

      ・気温/-4〜-6℃(※釣行時間内の気温)・風向/風速=西 7m/s〜5m/s
      ・31日の日出/日入 06:50/16:41 (※日出・日入は砂川市西豊沼日での観測)

今回のMyワカサギタックル
リール:クリスティア ワカサギ CR III&同 CR PT II+/DAIWA
竿先:公魚工房 ワカサギ穂先 ワークスリミテッド TR-293(×2)/VARIVAS
ライン:サンライン スーパーアイスラインワカサギPEII 0.2号30m/SUNLINE
ラインシステム:公魚工房 電動リール専用 先糸ストッパー VAAC-25/VARIVAS

仕掛け:ワカサギ 疾風早掛け 底釣り五本鈎(1号)/VARIVAS
オモリ:四面長オモリ[スイベルジョイント](4g)/VARIVAS

餌:白サシ&紅ラビット
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

《釣行記》

本日の実釣開始時刻

写真を撮ったり何だりで、実釣スタートはいつもと一緒のこの時刻…。(焦)

いくら強風下でのテント設営だったとはいえ、毎度釣り場に到着してから実釣開始まで一時間以上も掛かっていては釣果に響くから、もっと早く始められるようになるのが今後の一番重要な課題なのかもしれない…。
(ちなみに皆さんの所要時間ってどの位ですか?)

魚探を見るとボトム(※水底の意) から10cmくらいの間に群れがいるみたいだけど、釣れるのはホトンド上の2つの鈎ばかり? 展開を読み間違えたかなと思ったけれど、釣れているからまぁいいや。(苦笑)

良型、デカサギ多し!

しかも道央圏のワカサギにしては良型が多く、時にはデカサギも釣れるから驚きだ!

ただ水深が5m以下と浅く忙しくて、せっかく釣れてるのに上手く手返しが出来ず群れを逃がし、なかなか数を伸ばせない…。(汗)

時速30尾は私にしては良いペース?

それでも開始から一時間の時速が30尾と、私にしては良いペースかな?(苦笑)
(でも上手い人は、ここの釣り場で一日に300尾は超えるそうだから、もっと技術を磨かなければ!)

群れは良い感じで回ってくるので意外なほど釣れるんだけど、群れを止められないのはイタイですねぇ…。
(私はワカサギ釣りで撒き餌をしない派なんだけど、皆さんはどうやって群れを止めているんですかね?)


そうそう…手返しや繊細なアタリに確実にアワセるテクニック、群れを留めるのもそうだけど、魚探の見方や効率的な使い方も覚えたい。(小声)

たまに魚探がこんな風になるんだけど…

魚探の反応が急激に変化する?

魚探の見方が解らないので意味不明。(笑)


それにしても魚探の見る限り、下の鈎に掛かっても良いと思うんだけど…ベタ底のワカサギに対するアピールが足りないのかな?

試しにセオリー通り、下鈎を付けて底を探ってみるけどやっぱり下の方の鈎には掛からない。
そしてここでようやく、今回の仕掛け選択が間違いだったコトに気付く…水深が浅く、中層よりも下、且つ底よりも上で釣れるなら、前回の「返し鈎 5本鈎」や「6本鈎」仕掛けが良かったのでは?…っと。
(あちゃ〜…そう言えば予備の乾電池と一緒に、替えの仕掛けも玄関に置いたままだったよ。泣)

名人のように仕掛けのピッチを群れに合わせられれば食いは格段に良くなるだろうし、この状況にも対応出来るのだろうけど、そんなスキルは今の私にはないので、せめてこれからは忘れ物をしないように気を付けよう…。


〇

だけど運が良いのかたまたま入ったポイントが良かったのか、正午になってもペースは変わらず。

「このペースなら今日は久々にビギナーが悩む100尾の壁を超えるかも?」って想像したら急にお腹が減っちゃって、強風下でのテント設営で情けなくも体力を使い果たしていたので昼食タイム。

「全国ラーメン店マップすすきの編 らーめん空監修『辛味噌ラーメン』」/エースコック
※この日のメインは「全国ラーメン店マップすすきの編 らーめん空監修『辛味噌ラーメン』」です…が、私は個人的にエースコックの商品では飲み干す一杯シリーズ背脂とんこつラーメンが一番好きです。(笑)

でもアタリがあるのでゆっくり食べられない…っていうか、箸を持ってる時にアタリが来るな!って感じ。(苦笑)
そもそもワカサギ釣りで二刀流の場合、両手を使って食べるカップ麺ってムリがあるんじゃあナイ?

確かにカップ麺は冷えた体を温めるのに丁度良い手軽さが良いし、最近はいろんな味があって美味しいけれど…ヨシっ! これからの昼食は片手で食べられるおにぎりとかにしよう。それも海苔を巻く手間のかからない“塩むすび”系に決めた!(でも釣れない時のためにカップ麺も携帯しておくよ。笑)

管理棟のウォーターヒルズスクエアをバックに…

で、昼食を終えてちょっと天気も良くなったもんだから、テントの外に出てパシャパシャしてたりした結果…

ペースダウン…汗

ペースはダウンしました。(汗)

今季初の100尾超え

それでも13:30を過ぎた頃には今季初、久々にビギナーが悩む100尾の壁超えを達成。(笑)
※一般的に「ベテランが挑む1000尾超えの壁」、そして「ビギナーが悩む100尾超えの壁」と言われます。


本日の釣り座

もっと集中していたら、もっと釣果を伸ばせているんだろうけど…釣行日数が少ないので毎回試したい事がいっぱい。(笑)

理想のテント内レイアウトを考える

とくに今は、来るべきに日に備えていろんなテント内レイアウトを模索しています。

…な〜んてコトをしていたら、

天変地異か?

魚探の水深がいっきに1mも変化した!?

ホワイトアウト寸前?

これは天変地異か何事かと思いテントの外を見ると…物凄い吹雪!(焦)
※魚探の水深が1mも変化する原因をご存じの方がいましたら、是非教えてください。
『水深が変わるのはワカサギの群が濃いので、魚探がボトムと認識するために起こるものです‼』というコメントを、釣りビジョンのワカサギマニアックスやVARIVASのフィールドテスターなどでお馴染みの「平久江洋和」氏から頂きましたので、原文のまま掲載させていただきます。
平久江名人、ありがとうございました!


周りの人たちも帰り支度を始め、魚探の反応が消えたのを理由に、

ここが止め時?

納竿しました。


久しぶりにバッカンがいっぱい。(笑)

本日の釣果114尾!

釣果は114尾だけど、良型が多いのでイイ絵面でしょ?(笑)



ってことで、今回のベストショットです!

本日のベストショット?笑

今回の「砂川オアシスパーク遊水地」 氷上ワカサギ釣行のまとめ…

砂川オアシスパーク遊水地は、毎年稚魚を放流しながらも釣り場を無料開放し、約60台が停められる駐車場 (※土日・祝日は駐車場が満車になることがあります)綺麗なトイレを無料で使わせて貰えるので、小さなお子さん連れ女性も安心してワカサギ釣りを楽しむことが出来る釣り場です。


釣り場の利用時間は日の出から日没まで!
◆ よく釣れるポイントは「管理棟前」と「奈江豊平川付近」。
  ※シーズン前半は「管理棟前」、シーズン後半は「奈江豊平川付近」がオススメ。
◆ 全体的に深場よりも岸際の方がよく釣れる。
◆ 今回のようにボトムより上で釣れる時は70cm前後の仕掛けが良い。
◆ 管理棟のウォーターヒルズスクエアにはトイレの他に、休憩スペース、自販機、展望台などがあります。


今回、私の釣果には抱卵し始めたワカサギもいたので、これから産卵後の荒食いには大いに期待出来ますが、この釣り場の利用は基本的に二月の末までなので、ルールやマナーはもちろん、安全にもくれぐれもお気をつけて、残りのシーズンを楽しみましょう!



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事