ちょっと釣りにいこうよ!

当ブログを“お気に入り登録”されていた皆さまへ…2014年2月10日の当ブログ記事をご覧戴きますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

※本記事は私個人の釣行記録をブログ記事用に編集して、多くの氷上ワカサギ釣りファンがその楽しさを共有出来るように、釣り場など可能な限りの情報を公開しています。


HWF2019

2019年の氷上ワカサギ釣り第4戦は、今シーズン2回目の「かなやま湖」です。 大きな水害と土砂災害をもたらしたあの台風から三年…前々回の釣行で、道央圏屈指の人気ワカサギ釣り場として復活の兆しが感じられた同湖にて、今回は爆釣に望む…ハズでしたが、厳しい戦いとなりました。

今回はいつもの私とは違います!(ある意味、気合を入れ過ぎましたが…汗)
日の出の時刻を迎える頃には現地に到着してました。(笑)


昨年末から好釣果が続く「かなやま湖」の情報を聞きつけ、この日は久々の好天との予報もあり、嘗ては道央圏屈指の人気ワカサギ釣り場といわれた同湖の復活を喜び楽しみにやって来た多くのファンで、鹿越大橋横の駐車場は早くも40台以上の車でいっぱいです。(驚!)


名所・地獄坂からの風景
※名所(?)地獄坂からの光景。(笑)

釣り場への出入り坂の上から覘いてみると…あちゃー、狙っていたポイント周辺にはすでに7張りものテントが。
(日の出到着でも遅すぎたみたい…)


本日のポイント
 

当初の予定では前回のポイントよりも西側、業者さんの建てたと呼ばれるテント集団の中に釣り座を構えるハズでしたが空いてなかったので、前回のポイントよりも北側、他の方々から離れた端っこ…

本日の釣り座

ここに陣取りました。(笑)※この後、あっと言う間に後続者に包囲されましたが…。(苦笑)


とても綺麗なかなやま湖の水質

水質は阿寒湖や朱鞠内湖と同じくらい綺麗な かなやま湖。
ちなみに私は、水質が綺麗でなければワカサギを釣りません!(笑)


さて肝心の魚影はというと…おぉ!いつものかなやま湖だ。(笑)(笑)

魚探反応悪し…

ベタ底にチョロチョロ居そうですが、前回もそうだったのでそんなに気にせずに準備をしていると…まぁこの日は良く話し掛けられる。(苦笑)

「釣れてますかぁ?」「反応ありますか?」「何尾(何匹)くらい釣りました?」とか、他の方以上にいろいろと話し掛けられるんだけど…今来たトコです!(苦笑)

どうやらVARIVASのペンタゴン2を使っていると、皆さん私を玄人だと思われるようですが…
私は上手くはありません!(汗)
なので折角お声を掛けられも、期待には副えられませんのですよ…。


釣行 DATE
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《場所》   かなやま湖 (空知郡南富良野町東鹿越)
《釣行日》 2019年2月3日 天候/晴れ

      ・気温/-7〜-1℃(※釣行時間内の気温)・風向/風速=北西 5m/s〜西 2m/s
      ・3日の日出/日入 06:43/16:43 (※日出・日入は空知郡南富良野町での観測)

今回のMyワカサギタックル
リール:クリスティア ワカサギ CR III&同 CR PT II+/DAIWA
竿先:公魚工房 ワカサギ穂先 ワークスリミテッド TR-293(×2)/VARIVAS
ライン:サンライン スーパーアイスラインワカサギPEII 0.2号30m/SUNLINE
ラインシステム:公魚工房 電動リール専用 先糸ストッパー VAAC-25/VARIVAS

仕掛け:ワカサギ仕掛け 返し鈎 5本鈎〔66cm〕(1号)/VARIVAS
     ワカサギ仕掛け 返し鈎 6本鈎〔77.5cm〕(1号)/VARIVAS
オモリ:四面長オモリ[スイベルジョイント](4g)/VARIVAS

餌:白サシ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

《釣行記》
今日の仕掛けはこの2つ。

本日の仕掛け

VARIVASのワカサギ仕掛け 返し鈎 6本鈎CR PT IIに、5本鈎CR IIIでそれぞれ使います。

この2つの仕掛けは鈎数の分 全長が違うだけで、ハリスの長さもハリス間のピッチも同じですが、何故か釣れるのは圧倒的に「6本鈎」の方が多かったです。
(単に穴の差? でも2つの穴は60cmも離れていないんだけど…??)


実釣開始時刻は8時チョイ過ぎ、過去最速です。(笑)

過去最速のスタート!笑

でも釣れるペースはとってもスローでした。(汗)

開始直後こそ頻繁にアタリがきてバタバタ釣れたんだけど、それも一瞬で終了してバタバタがパタッと止まってしまった。(泣)


下鈎を使うも…

ワカサギが掛かるのは、どちらの仕掛けもほとんどが下から二番目の鈎だったので、試しに下鈎用の替え鈎を付けてみたけど…結局、この鈎にワカサギが掛かることは一度も無かった。(なぜ?)

魚探の反応は水底スレスレにチラホラあっても、釣れるのがボトムから20cmのみってどうゆうコト?
なんで下鈎には掛からないの? 魚探の設定を間違っているの?

足りないアタマであれこれ考えたらプシュ〜〜〜っとなったので…

本日晴天なり!

テントの外に出たらすっごい良い天気!

テント外でワカサギ釣りを楽しむ人々

でも皆さんも釣れてないようで、テントの外に出て露天釣りしてるのかなと思ったら、ほとんどが魚探サーチされてる方々でした。(苦笑)

私は魚探を使っているのに、一度テントを張って腰を下ろすと移動はしないのですが、釣果の差ってこういう行動力や考え方でも差がつくのだろうなぁっと、いつもつくづく感じています…。(それでも移動しないけど。苦笑)


期待を大きく下回る貧果…

開始直後のあの勢いはどこいったんだろう?っと思わずにはいられない、二時間でたった16尾の釣果…。

なので早メシしました。(苦笑)

カップヌードル スパイスチキンカレー!

前回の釣行で、ワカサギ釣り中の昼食は片手がフリーになるおにぎりと決めたけど、きっとアタリは来ないだろうと思い、非常用(?)に携帯したカップ麺を食します。(笑)

カレー味のカップ麺としては久々の美味さ!

カップ麺のカレー味ってあんまり種類がなくて、個人的には「これは美味い!」ってのは無いんだけれど…この日清のカップヌードル スパイスチキンカレーは久々のHIT!

私的には同社の「うまみカプセル入り北海道限定カレー」、そして「よこすか海軍カレーヌードル」以来の美味さでした!


で…お腹はいっぱいになったけど、バッカンは相変わらずスカスカです。(涙)

バッカンは相変わらずスカスカ…

ワカサギがいないと言ってしまえばそれまでだけど、何か手はないかと考える。
でも、あれこれ考えるとまたプシュ〜ってなるので…

魚華御竿10束釣り
※YouTube『魚華御竿10束釣り』より

名人の動画を釣り場で見ながら一人勉強会!(笑)
※この動画で名人は、同じテントで同釣者がほほ5束(500尾)も釣っているのに、その倍の10束(1,000尾)を釣り上げたという驚きの釣果テクニックを披露しています。


「何が違うのか?」
「どう誘えば良いのか?」
「何故そんなに釣れるのか?」


〇

リピート設定によって繰り返し再生される、熱いビートのBGMが折れた心を奮い立たせてはくれるけど、どんなに穂先と名人の動画を交互に見ながら名人の動きをイメージしても、あの領域には到底届きそうにもない…。

そりゃあそうだ…そんなに簡単に私にも釣れるのなら、誰だって名人になれる。(汗)
名人とは…冴えた技を振るい、その分野で特にすぐれた人なのだから!
※機会があれば名人から、是非その技(とくにワカサギを外す超速技!)をご教授していただきたいものです…。


〇

「あのワカサギたちは何所にいったのだろう…」
「前回は偶々だったのか?」
「ひょっとしてこれからのかなやま湖は、年末から1月中しか釣れなくなるのだろうか?」

などといろいろ考えながら、27尾という貧果で14:30に納竿…。

爆釣を望みやって来たかなやま湖でしたが、ものの見事に撃沈と相成りました。



ちなみにですが…今回の釣果に、ワカサギとは思えないビックサイズが一尾釣れました。

〇

まさかチカ?
っと思い、過去記事で調べた結果…


正真正銘のワカサギでした。(苦笑)


そう言えば以前、ヌシと呼ばれるデカサギが釣れると群れの統率が乱れ釣れなくなるというコトがあったけど…私はヌシの怒りに触れちゃったんですかね?(汗)

釣行後は氷穴を埋め、必ずそれと判るように(盛り雪などを)してください!

最後に…これはこの日、私のテント内で出来た氷穴跡のくぼみです。

〇

釣り座を構える前、そこに糞尿の跡があるかは確認するのですが、氷穴を埋めただけでは一晩経つと、そこに氷穴があるのかを判別する事が困難になります。

時期的にまだ、その氷穴が原因でそこから氷が割れることはないと思いますが、気温が上がり水温も上がれば氷穴の周りは融けて穴が大きくなります。また、暖房器具を使うテント内でも同様です。

私はこの日、更地にテントを張ったのですが…午後になってからテント内外に氷穴跡が現れました。
(どうやら私は無数の氷穴跡の上にテントを張ってしまったらしい…汗)


たかだか15cmの氷穴も埋めただけでは時間が経つと大きくなり、小さなお子さんなら足を落としたり大人でも躓いて(私はテントへの出入り時に足を取られ顔面を強打するところでした…) 転倒することもあり大変危険です。

ゴミを持ち帰るのと同様に、氷上ワカサギ釣りを終えて帰る際は、
氷穴埋めた跡には、必ず大きく盛り雪をしたり木の枝を立てるなどをして、そこに氷穴があった事を判るようにしてください!

これは氷上ワカサギ釣りを楽しむ上での大切なルールの一つですので、皆様どうぞご協力をお願いします。
氷穴跡をどのようにするかについては、積雪量や各釣り場によって異なるのも事実です。
なので釣行を終えた際には、各釣り場で定められた(決められた)ルールに基づき、次に来た釣り人も安全に氷上ワカサギ釣りを楽しめるような後処理をお願い致します。



閉じる コメント(6)

お久しぶりです😄
金山湖もポロト湖並に厳しかったのですね😅
これも修行だと思ってお互い精進しましょうね😄

2019/2/5(火) 午後 11:06 [ TOSUN ]

氷穴の後始末は、ホントに大事ですよね!
何事も安全に楽しい釣りを!ですね(^^)

2019/2/6(水) 午後 2:10 夏は鮎好き

アバター

TOSUNさん、こんばんは。
ご無沙汰しておりました。(^^;

この日は全道的に不釣だったようですが、シーズンはまだまだ中盤!
安全には十分に注意して、お互いシーズン目一杯まで氷上ワカサギ釣りを楽しみましょう!

2019/2/8(金) 午後 7:00 うしお

アバター

夏鮎さん、こんばんは。
おひさしぶりです!

氷上ワカサギ釣りは小さなお子さんや初めてワカサギ釣りを楽しみにやって来られる方もいますので、“釣りの面白さや楽しさ”を発信する側として、氷上ワカサギ釣りを楽しむルールの一つとして記載させて頂きました。(^^;

2019/2/8(金) 午後 7:01 うしお

記事は読ませていただいてましたが
コメントする余裕が無く気がつけば4戦目
穴釣りなんてもう数十年行ってないなぁ(笑)
一昨年と昨年、道内をうろついているので
かなやま湖の場所がよくわかります。
今年もまた夏に邪魔しますよ。

2019/2/9(土) 午前 6:31 てぃこま

アバター

てぃこまさん、こんばんは。
僕も最近は釣行記を投稿するだけのなので…お伺いも出来ていないのに、コメントを頂き恐縮です。(-"-;A ...アセアセ
(連休後にあらためて、ゆっくりとご訪問させて頂きます。 <(_ _)>)

今冬は二年ぶりの氷上ワカサギ釣りですが、やっぱり面白くて楽しいですね〜。
二年前から山登りも始めたので夏季はいろいろと多忙ですが、一度は是非お会いしたいので、今年来道される際はご連絡ください。
スケジュールを調整してお待ちしております!

2019/2/9(土) 午後 6:25 うしお


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事