ちょっと釣りにいこうよ!

当ブログを“お気に入り登録”されていた皆さまへ…2014年2月10日の当ブログ記事をご覧戴きますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

※本記事は私個人の釣行記録をブログ用に編集した記事ですが、今回は多くの方々が登場するため、プライバシーの保護として一部画像を加工しておりますので予めご了承ください。


HWF2019

2019年のワカサギ釣り第6戦! 前日の朱鞠内湖に引き続き、私にとってはワカサギ釣り初の連日釣行です。 何でもこの日はここ『砂川オアシスパーク遊水地』に著名な釣り名人がやって来るとかで、そうなるときっと釣りどころじゃなくなると思うけど…期待に胸が膨らみます!

片道4時間程度の距離なんだけど、地吹雪と渋滞で疲れて昨夜は帰宅直後に寝落ちしてしまいました。(汗)

それでもこの日はある意味特別(?)なので気合を入れて起き、砂川オアシスパーク遊水地のウォーターヒルズスクエア(管理棟)横の駐車場に到着したのはAM6:00を少し回った頃。
ここでのワカサギ釣りは2月末までなのと、この日は連休とあって、既に駐車場の半分以上が埋まってました。

氷上ワカサギ釣り場として、砂川オアシスパーク遊水地の利用時間は日の出からなのでそれまで待機。

傾向としてこの釣り場では、シーズン前半は「管理棟前」、後半は「奈江豊平川付近」エリアがお勧めですが、奈江豊平川付近は水深が3m程度と浅く、基本的に私は浅場過ぎる釣り場は好まないので、今回も前回同様 管理棟前エリアに入ります。

〇
 

釣り情報によると最近の管理棟前では、心臓破りの坂を下りて左側が好釣のようですが、私が選んだのは前回よりもさらに北東に30m程進んだこのポイントです。理由は…前回 釣れたからです!(苦笑)

ワカサギ釣りはポイントによって釣果に差が出る釣りですが、私は釣果よりも、まず貴重な休日に1分でも長く、とにかく釣りをしていたい(楽しみたい)!という考えです。(笑)

確かに釣れないよりは釣れた方が楽しいだろうし、釣りに来たなら釣らないと逆に時間の無駄だという考え方もあるだろうけど、もし明日から二度と釣りが出来なくなって後悔をするのは嫌なので、釣れても釣れなくても、一回の釣行を十二分に楽しむようにしています。
(いつかは「ベテランが挑む1000尾の壁」を超えてみたいとは思っていますがね。苦笑)

〇

まぁそんな考えの私だから、手動のアイスドリルで十数個の穴掘りをするには骨が折れることもあり魚探サーチもしないので、釣果は運任せだったりするんだけど…この日はGPSの地形図を基に、昨日Hideさんに教えてもらったやり方で、穴位置だけは正確に決めて開けました。

穴を開けたら急いでテントを設営、早く釣りしたいっす!(笑)


釣行 DATE
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《場所》   砂川オアシスパーク遊水地 (砂川市西豊沼)
《釣行日》 2019年2月11日 天候/晴れ時々雪(※釣り場の天候はほぼ晴れ)

      ・気温/-10〜-6℃(※釣行時間内の気温)・風向/風速=南西 1m/s〜南南西 2m/s
      ・11日の日出/日入 06:36/16:58 (※日出・日入は砂川市西豊沼での観測)

今回のMyワカサギタックル
リール:クリスティア ワカサギ CR III&同 CR PT II+/DAIWA
竿先:公魚工房 ワカサギ穂先 ワークスリミテッド TR-293/VARIVAS
    公魚工房 ワカサギ穂先 ワークスリミテッド TR-275/VARIVAS
ライン:サンライン スーパーアイスラインワカサギPEII 0.2号30m/SUNLINE
ラインシステム:公魚工房 電動リール専用 先糸ストッパー VAAC-25/VARIVAS

仕掛け:クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 速攻 6本針[ケイムラ金針](0.5号)/DAIWA
     ワカサギ仕掛け 返し鈎 5本鈎〔66cm〕(1号)/VARIVAS
オモリ:四面長オモリ[スイベルジョイント](4g)/VARIVAS

餌:赤虫・白サシ&紅サシ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

《釣行記》
10年近くK-AZNゴールド研磨竿先だけを愛用してきた私ですが、今冬からはVARIVASの穂先も使うようになりました。 私は投げ釣りやサケ釣りではSHIMANO、渓流釣りではカスタムロッドとABUCardinal、ワカサギ釣りではリールこそDAIWA製を使っていますが、VARIVASには男心をくすぐる格好良さと魅力的な製品があるので、テントも含め多くのワカサギ用品を愛用しています。

もちろん、いくらカッコ良くても使い勝手や性能が悪ければ意味がありませんが、VARIVASの、とくに穂先の『ワークスリミテッド』シリーズは、技術の足りない部分を道具の性能でカバー出来る(※個人的見解です)ので大変お気に入りです。

〇

いつもはフィルムコンポジットのワークスリミテッド TR-293を使っていますが、この日はフルグラスのTR-275も使います。※別に二刀流(※リールを2台使う釣り方)だからといって、性能を比較してみようと思ったワケではありませんよ。(汗)


〇

エサは昨日残った白サシと紅サシの他に、道央圏のワカサギ釣り場では定番の赤虫も用意しました。


私は今シーズン、この日までは1.0号の仕掛けばかりを使用していましたが、道央圏のワカサギは基本的にメダカサイズが多く、皆さまからは1.0号未満の小さめの鈎が良いとアドバイスをいただいていたのと、前回の反省を活かして今回は、DAIWAの6本針仕掛け快適ワカサギ仕掛けSS 速攻(ケイムラ金針)』0.5号を使ってみます。

〇

ただ本当は…どうせならVARIVASの『極小鈎 二段誘い 七本鈎』とかを使いたかったというのが本音。(汗)
※DAIWAの仕掛けが悪いとかダメだという意味ではありませんよ!

私は釣れる釣れないに関係なく、自分が気に入った釣り具を使い続けていきたいタイプ(←ある意味釣れなければ、釣り具メーカーさんにとってはただの迷惑な釣り人?)なのですが、札幌圏ではどこの釣具店でもVARIVAS仕掛けの入荷数が少なくて、お目当ての仕掛けや鈎号数とかをなかなか購入出来ないのが凄く残念…。(涙)

なので札幌市内の釣具店さま、もっといろんな種類のVARIVAS仕掛けをたくさん入荷してください!(願)


〇

それにしても…久しぶりに0.5号の鈎を使うと、まぁエサ付けの大変なコト大変なコト。(汗)
赤虫は胴のチョン掛けだから簡単だけど、両端に鈎を刺してからカットするサシ系に0.5号の鈎は、老眼が最近とくに酷くなってきた私には至難の業…。

ん?待てよ…そう言うことか??

道央圏で赤虫が人気なのは、
ワカサギのサイズが小さい鈎サイズは小さい方が良いエサ付けは赤虫が簡単!
これか!?

まぁ一般的に淡水に棲む魚は赤虫が大好物だとか、食いが悪い時の特効エサとか言われるけど、あながちこの説も間違っていないかも?


〇

…なんてコトを考えながらエサ付けにかなり手間取っちゃって、実釣準備が整ったのはこの時刻。(汗)

魚探サーチはしていないけど、前回のデータと地形図を照らし合わせ位置決めをし開けた穴。
果たしてワカサギはいるのだろうか?と思い、ドキドキしながら魚探のスイッチを入れると…

〇

当たりじゃあないですか!?(笑)

朝の駐車場で前日は家族でやって来た方が、「昨日の管理棟前は渋かった」と言っていたのでそんなに期待はしていませんでしたが、これなら十分期待出来るじゃないですか。

案の定、開始早々から入れ食いモード!
ワカサギの猛攻で赤虫が直ぐに真っ白になっちゃうほど、ダブルやトリプルもあって大忙し。(焦)
これは時速50尾以上はラクショウだ♪っと、ほくそ笑んだその瞬間…まさかここでウグイによるオマツリ騒ぎ!!

「こんな小っちゃな針に掛かるなんてこの食いしん坊め!」と言ったところでどうにもならないけど、このゴールデンタイムにこれはイタイ。(泣)
でもウグイに悪気はないし、そろそろあの方たちもやって来るだろうから急いでリカバリーしていると…


「うしおさんですか?」


聞き覚えのある穏やかな声。

テントのジッパーを開けると、そこにいたのは…

           平久江名人登場!

そう!
釣りビジョンのワカサギマニアックスVARIVASのフィールドテスターなどでお馴染みの平久江洋和ワカサギ釣り名人です! (リカバリー中だったのと気が動転して、この感動の瞬間を撮影していなかった…残念)

先月の16日朱鞠内湖アイランドエリアで来道初日に10束(1,000尾)超えを早々に成し遂げ話題となった平久江名人(※以下=名人)ですが、実はこの連休に再来道し、前日は茨戸川で今秋発売予定のなるほど! THE ワカサギ大全の取材、そしてこの日は2月21日発売釣り新聞ほっかいどう(つりしん)』コラム記事を書くため、ここ砂川オアシスパーク遊水地にHideさんFさんと共にやって来たのでした。


テントの中から座ったままでは失礼と思いつつも、名人のご好意で先ずはご挨拶を交わし、大した役に立たない釣り場情報と状況を説明。(←来るの知ってたならもっと情報集めとけよ…汗)

〇
(ナンだナンだ!? このサインを貰って嬉し照れ笑いをしている悪い顔したオサーンは!苦笑)

ついでにお土産を手渡した(←これから実釣される方に、荷物になりそうなお土産を釣り場で渡す迷惑なヤツ!) ことをいいコトに、ちゃっかり色紙を用意してサインまで貰っちゃう確信犯的な私。(苦笑)

〇

サインなんて初代タイガーマスクの佐山聡氏から貰った以来だけど…釣り名人からサインを貰えるなんて、釣り人としては格別ですね♪(←嬉しいのは分かるけど、もっと名人のスケジュールを優先しろ!)

でもそれなのに、こんな時に限ってウグイに仕掛けをダメにされるなんてツイてない…。(泣)
(カッコ良く登場した名人とは逆に、ナンてカッコ悪過ぎな私…涙)

「せっかく釣れてるんだから早く修復していっぱい釣っちゃってください」と励ましのお言葉を残し、名人たちは早速ポイント探しへ。 ウグイの強襲に遭っていなかったら、私もご一緒させていただきたかったのにー!(悔)

〇

…で、一人取り残された(?)私はリカバリーを続行。(汗)

仕掛け同士のオマツリなら仕掛けを取り換えれば済むんだけど、よりによってメインラインにも絡んじゃっているからさぁ大変…昨日 氷に引っ掛けてラインが切れたリールはそのままだし、思った以上に時間が掛かってようやく釣りを再開出来るようになった頃には群れは薄くなってるし…今度は何やら外が騒がしくなって来たぞ?

何事かと外を見ると…テントの中での一酸化炭素中毒による事故を防ぐため、警察官と遊水地の職員さんがパトロールを行っているとの事。

〇

さらにその様子を放送するために、テレビ局のクルーも同伴している!? 別に疾しいコトがないワケではないけれど…今日はテレビに映るわけにはいかないので姿を隠さなければ!(笑)

【 究極の名人技 連発!】

さて、その頃名人たちはというと…まだワカサギの群れを魚探サーチしているご様子。

〇

さすがに名人でもシーズン後半の、この広い管理棟前エリアで、この時間から良穴を探し出すのは厳しいかもしれない…でも名人ならば、こんな状況下でも爆釣の魚道(※群れが回遊するルート)を見つけ出すかも!と期待せずにはいられない。

ホントは魚探を使ってのポイントの決め方などを実際にレクチャーしていただきたかったけど、時間の無い中での作業でもあったので邪魔にならないように、警察官やテレビ局らが去ったのを見計らい私は自分のテントへ…。

でも名人たちが気になって釣りどころじゃあなくなって、アタリにもアワセにも集中出来ないほど我慢しきれなくなって…魚探の反応はまだまだ十分濃いけれど、名人の釣りを見られる滅多にない機会なのだからと意を決して中断し、ようやく釣り座が決まりテントの設営を終えた名人たちの下へ…。

〇

テントにお邪魔すると、ちょうど名人が釣り始めるところでした。


ここの釣り場では0.5号前後の小さな鈎に、ワカサギを乗せやすい軽めのオモリが定説。
しかし名人が使うのは、この1号仕掛け3gのオモリです。

〇

帰るフライトの関係で実釣時間は一時間もないけれど、名人が見つけた魚道はどうやら物凄いようで、名人が設定した目標はナント二束(200尾)! ※ちなみにこの時点で私の釣果は58尾です…。汗

〇

景気良く砂川オアシスパーク遊水地での記念すべき1尾目を釣り上げると、そこからが凄かった!
いやぁ、もう早いのなんのって…動画で見ていたその速さを実際に目にすると、開いた口が塞がらない。(苦笑)
それほどの超スピード、まさに鬼釣り!

しかしその凄さはまだまだ続く!
大きなワカサギを制御するのにオモリを7gに変えた名人は「多点掛け狙いますよ!」っと宣言、その直後…

〇

お見事な7連掛け

宣言通りに有言実行しちゃうなんて、名人カッコ良過ぎです!(←感動し過ぎて言葉にならない。笑)


その後は途中から駆けつけて来た釣り仲間のMさんも交え、名人の一挙手一投足に目を奪われたり、興味深い話を聞かせてもらったり、私の失敗談で笑いを誘ったり(?)、名人を撮影しまくったりと、テントの中は氷上とは思えないほどの熱気で大盛り上がり。

名人の代名詞である『ワカサギ持ち手』ポーズを決めたHideさんもカッコイイ♪

〇

この決めポーズ、これから北海道での氷上ワカサギ釣りでも流行らせたいな〜。


っと、そうこうしているうちに名人の帰り時間がやってきて、気になる名人の釣果はと言うと…

〇

ジャスト二束!
ホントに時速200尾をやり遂げちゃいましたよ!(驚)

私は言葉を知らないのでこの表現は適切でないかもしれないけど、正に名人!これぞ名人の為せる業!という素晴らしいシーンをたくさん見せていただき、この日は貴重な体験をさせていただきました。(感謝)


〇

最後はMさんが差し入れてくださった、砂川市で大人気のナカヤ菓子店の美味しいアップルパイを皆で食べて、

〇

今日という日を記念撮影。

平久江名人、お疲れさまでした!

【 うしお、名人の「爆釣穴」をジャックする!(笑)】

で、名人がお帰りになったあと私は自分のテントを撤収し…

〇

名人の爆釣穴をジャックさせていただきました!(笑)

いつもは面倒なので引っ越し(釣り座の移動)なんてしないんだけど、本来は名人と一緒に上がる予定だったHideさんFさんが時間を延長してこの釣り場を楽しまれるということになり、名人の氷穴を体験するという名目でお二人のテントにお邪魔させていただきます。(苦笑)

〇

魚探を入れると…居るは居るは、いっぱいのワカサギが!

これが同じ日の同じ釣り場かと疑うほどの魚影の濃さ!
どれほどの経験とデータを蓄積しているかは想像もつかないけど、こんな魚道を見つけちゃうなんて、やっぱり名人は凄い。

そしてどんなに時間を費やしても、魚道を見つけ出す魚探サーチは何よりも大事と実感。
とても勉強になりました。


〇

でもこの穴で、私が釣りをするにはまだまだ時期尚早だったみたい…。

頻繁にアタリがあってバンバン釣れちゃうけど、名人の早さには足元にも及ばないのに二刀流なんてしているから慌てちゃって、ワカサギを外す時に鈎を指に刺す始末。(涙)
カエシまで深く刺さりこんだ鈎はなかなか抜けず、プライヤーで無理やり引っこ抜いたら超痛い!

名人の釣り座で釣っているからのだからたくさん釣らなきゃというプレッシャーもあった(それほど名人の見つけた魚道は密度の濃い群れだった!) けど、ここは素直に二刀流は諦めて単体で数釣りを楽しむ作戦に変更。


《※記事容量の関係で中略致します…何卒ご容赦ください。》


HideさんFさんの終了に合わて納竿するPM3:00まで充分に数釣りを楽しむことが出来ました。


〇

カウンターは140だけど、帰宅して数え直したら157尾だった。
ってコトはこの短時間で、ヘタな私でも100尾近く釣ったことになる。
(トラブルやハプニングがなければ、もっと数は伸びてたハズ…)


〇

今冬の砂川オアシスパーク遊水地のワカサギは、道央圏の釣り場としてはサイズが大きめなので、このバッカンだとワカサギたちが窒息しそうでちょっと可哀想だけど…

〇

それ程このポイントの魚影は凄まじかったです!

Let’s Enjoy WAKASAGI FISHING!

初めての連日釣行でしたが、この二日間はいろんな事を体験して学ばせていただき、本当に充実の釣行日となりました。 人との出会いは縁あってと言いますが、この日 新たに出会った方々との縁をこれからも大切にして、皆さま方には心より深くお礼申し上げます。


Hideさん、Fさん、二日間のご同釣ありがとうございました!
(次は阿寒湖で再びご同釣しましょう!)

遠くからお越しいただきたMさん、美味しいアップルパイの差し入れをありがとうございました!
(今度は是非ご同釣しましょう!)

そして平久江名人、サインありがとうございました。また来年も是非、北海道にいらしてください!
(今後益々のご活躍をお祈り申し上げます!)


〇
(一人悪い顔したヤツが写ってますが…。苦笑)

それでは皆さま、お疲れさまでした。

またどこかの釣り場でお会い致しましょう!





閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事