田井菅原神社 牛坂八幡神社

皆様のご参拝をお待ちいたしています。

全体表示

[ リスト ]

本日、早朝地鎮祭を斎行致しました。

大変寒い日々が続いていますが、本日は素晴らしい天候に恵まれ、お祭りを斎行することができました。

まだまだ寒い季節が続きますが、工事の安全には十分にご留意戴き、目出度く竣工されますことを心よりお祈り申し上げます。


地鎮祭の式次第と意味について簡単にまとめましたので参考にしていただければと思います。

地鎮祭とは、建物を建てるとき、基礎工事に着手する前に、その土地をお守りいただいている神さまをお迎えして、工事の安全とその家に住まれる人々の繁栄を祈念するお祭りです。

祭場は、一般的に土地の中央を使用し、清浄な場所を示すための斎竹(いみたけ:葉の付いた青竹)を四隅に立て注連縄(しめなわ)を張ります。

その中央に神籬(ひもろぎ:榊に麻と紙垂をつけたもの)を立て、神さまの依代(よりしろ:神さまの降りられる所)とします。

お祭りは次のとおり行われます。

なお、地域性や各神社の慣例により、若干の違いはあります。


修祓(しゅばつ)ーお祭りに先立ち、先ずは、斎場祭具参列者を祓い清めます。

降神の儀(こうしんのぎ)ー土地の神さまを始め建築に関係する神さまを神籬にお招き致します。

献饌(けんせん)ー神さまにお供え物を奉ります。

祝詞奏上(のりとそうじょう)ー土地の神さまに住宅を建てる旨のご報告と土地を使わせて戴く感謝及び工事の安全を祈願致します。

四方祓(しほうばらい)ー四方の神さま及び正中の五箇所の神さまを大幣(おおぬさ)などでお祓い致します。

地鎮の儀(じちんのぎ)ー忌鎌・忌鍬などを用いて、初めてその土地の土に触れることにより、工事の安全を祈願します。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)ー土地の神さまへの感謝と工事の安全を祈り玉串を奉ります。

撤饌(てっせん)ー神さまのお供え物を撤します。

昇神の儀(しょうしんのぎ)ー神籬にお招きした神さまを元の御座(みくら)にお送り致します。

直会(なおらい)ーお供えしたお神酒で工事の安全を乾杯致します。


[https://localchubu.blogmura.com/kanazawa/ にほんブログ村 金沢情報です。クリックをお願い致します。]


田井菅原神社:〒920−0925 金沢市天神町1−3−16 076−261−2393

牛坂八幡神社:〒920−0941 金沢市旭町1−17−50 076−222−5665

ホームページ http://www.geocities.jp/ushisaka2004/

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ありがとうございます。

2010/2/14(日) 午後 6:42 うまやど 返信する

顔アイコン

大変参考になりました。

2010/2/14(日) 午後 10:36 長良川の青い石 返信する

顔アイコン

オノコロ様
共感戴き有難う御座います。

2010/2/16(火) 午後 5:11 [ 田井菅原神社 牛坂八幡神社 ] 返信する

顔アイコン

長良川様
有難う御座います。
参考になり光栄です。

2010/2/16(火) 午後 5:12 [ 田井菅原神社 牛坂八幡神社 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事