うっし〜の北海道旅行日記

たくさんのご訪問とコメント、ありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

妙立寺

おはようございます。


今朝は正月に行った、3日間の金沢〜富山旅行の最終日、
今回の旅でとても楽しみにしていたうちのひとつ、忍者寺とも呼ばれる、
妙立寺(みょうりゅうじ)を紹介したいと思います。

実はこのお寺には、高校の卒業旅行で同級生5人で金沢を周り、
その時にも来ていたはずなんですけど、当時自分は旅行中に尿管結石になってしまい、
苦痛を堪えながらの旅行だったので、当時の記憶はほとんどないんです。

ですから、『確か、あの時金沢で忍者屋敷に行ったはずなんだけど・・・。』 っと、
自分の記憶の中では実在する寺ではなく、観光施設として建てられた屋敷に行った記憶になっていたんです。




イメージ 1

妙立寺です。
加賀三代藩主の前田利家公が、初代藩主の利家公が金沢に入城して間もない頃に祈願所だったものを、
寛永20年(1634年)に金沢城近くから移築建立しました。

徳川幕府が名実ともに日本全国を統一するため、些細な事を理由に、多くの諸大名を取り潰した頃で、
利家公は徳川家から嫁を迎え、母親を人質に出し、鼻毛を伸ばして馬鹿殿様を演じ、
謀反(むほん)などとんでもないと幕府を安心させていたんだそうです。
その一方で多くの武士が起居できる寺院群を、現在の寺町に新築しました。
そしてその中心に監視所の役割を持つ、妙立寺を建立したというわけなんです。



イメージ 2

妙立寺の建立当時は、幕命で三階建て以上の建築が禁止されていたんですけど、
外観は二階建てに見えるこの建物は、実は内部は四階建て七層になっています。

中二階、中々二階などの複雑な構造の中に、部屋数が23、階段数が29もあって、
最上階の物見台の望楼は、各方面を遠望できるようになっているんだそうです。



イメージ 3

三角形の入口をくぐると、本堂が見えます。
中の様子はガラス越しに見えるんですけど、扉に鍵が掛けられていて、
中には自由には入れないようになっています。
妙立寺は完全予約制で、ガイドのお姉さんが10数名ずつの拝観者を案内してくださるからなんです。
尚、小学生以上でないと中には入れてもらえず、幼児同伴の方は拝観できません。



イメージ 4

妙立寺の中心に位置する井戸です。
迷路のようになっている建物なんですけど、どこに居てもここに簡単に辿り着く導線が設けられていて、
深さが約25mもある井戸の水面ぎりぎりに横穴があって、
その穴を抜けると金沢城まで逃げれるようになっていたとも言われているんだそうです。

実は堂内では撮影禁止なんですけど、この井戸だけちゃっかり写してしまいました♬



イメージ 5

建物の正面左側にある明かり取り階段です。(外からは撮影可でした♬)
蹴込(けこみ)の所に障子を張って明かりを取り、外敵が侵入しようとすると、
裏側(つまり建物の中)から槍などで刺し倒すことができるようになっているんだそうです。



イメージ 6

そしてその上部なんですけど、扉は右側なんですけど、
万が一外敵が侵入して来た場合、扉を左側にずらすことになるんですけど、
扉が開くと、左側への通路を隠すような工夫がしてあります。



イメージ 7

物見台の望楼からは、金沢城に光で通信出来るようにもなっていたんだそうです。
現在はガラス張りになっていますけど、建立当時はギヤマン張りというカラフルな窓になっていて、
いろんな色の光で合図を送っていたんでしょうね。


撮影禁止だったので、画像がないのが残念なんですけど、
さすが忍者寺と言われるだけあって見所は盛りだくさんで、
そのひとつひとつをガイドのお姉さんが丁寧に案内してくださいました。

他にも、本堂入り口右上の中二階には、殿様の非公式の参詣時に使われたという隠し拝殿や、
本堂正面入口の床に埋め込まれている、賽銭箱には仕掛けがしてあって、
落とし穴としても利用できるようになっていたり、武者溜りという武士の控えの間には、
5つの出入り口が設けられていて、侵入者が現れるとすぐさま立ち向かえることができるよう、
床の間に引き戸が隠されていたり・・・ と、驚きの連続の見学になりました。

拝観料金は800円掛かるんですけど、参拝する値打ちは十分にあると思いますよ〜!

妙立寺のHPはこちら


妙立寺さんを後にして、この界隈を歩いていると、
卒業旅行時に見た、鮮明に記憶に残っている場所に通りかかって、
『あっ! やっぱりあの時も妙立寺さんに行ってたんだあ!!』 ってことが分かり、
当時は友人の車からの車窓だったんですけど、感慨深い思いで町を歩きました。



予告編

イメージ 8
  次回は、旅の始めに主計町・ひがし茶屋街を御紹介しましたけど、

  金沢に3つある茶屋街の最後のひとつ、にし茶屋街です。

  資料館や現在も使われている、舞妓さんの稽古場の建物もありました。


この記事に

閉じる コメント(18)

顔アイコン

おはようございます^^、今回も珍しいお寺の案内ご苦労様です。今回は撮影禁止の場所が結構あったのですね??それにしてもこの時代によくこれだけの寺が建てられたのですね、建築技術もそうでしょうが幕府にわからないよう秘密裏に建てた苦労も並大抵ぢゃなかったでしょうね。是非見学したいですね・・・傑作です。

2007/4/26(木) 午前 7:16 タロウ 返信する

顔アイコン

三角形の入り口は冬場だけ、屋根から落ちてくる雪をよけるためのものです。北陸のお寺にはよくあります。がこの冬はあまり必要無かったでしょうね。ここはいろんな仕掛けやからくりがあって、ウチの子どもも楽しんで見学した記憶があります。金沢も久しく行ってませんが、記事を拝見してて、また行きたくなりましたよ。GWにでも行ってみようかな。。。

2007/4/26(木) 午前 7:54 [ - ] 返信する

顔アイコン

社会科嫌い歴史嫌いで目を向けることのなかった私が、昨年姪の結婚式で訪れた東北の寺の造りに「お寺が実は要塞?である」なんて初めて知りました。

2007/4/26(木) 午前 8:10 dmw*f02* 返信する

なかなか面白そうな屋敷(お寺)ですね。それにしても高校のときになかなか渋いところに行かれたのですね。

2007/4/26(木) 午前 8:27 SAWCH 返信する

顔アイコン

泰平の世でもこんなに敵に備える必要があったんですね。それにしても光で通信とか本当に面白そうですね。

2007/4/26(木) 午後 8:44 Naomin 返信する

顔アイコン

三角の入り口、斬新で面白いですね〜(^O^)・・・・抜け道!って本能寺の関連ドラマでも出てきましたよね〜。何かドキドキ・・・ミステリアス〜ですね〜♪

2007/4/26(木) 午後 9:13 ROSE 返信する

顔アイコン

さすが戦国時代、お寺を隠れ蓑にして武士を寝泊りさせていたのですね。珍しいお寺ですね。

2007/4/26(木) 午後 10:28 アンダルシア 返信する

顔アイコン

私が行ったときには入り口にこのような三角の屋根はありませんでした。私も2回行きました。高校の卒業旅行で尿管結石は辛かったでしょう?中は本当に色々な仕掛けがされていましたね。

2007/4/27(金) 午後 8:56 nonbirikurasu 返信する

顔アイコン

高校の卒業旅行体調が大変だったんですねぇ・・・ココいっぺん行ってみたいわぁ。なんか楽しそうなお寺ね♪今日からいよいよゴールデンウィーク突入だね♪旅行たのしんできてね

2007/4/28(土) 午後 0:27 kerozi 返信する

タロウさん☆お寺の 『しかけ』 はHPで御覧いただきたいんですけど、防衛拠点のような屋敷でした。この建物の設計をされた方って、すごく知恵のある方だったんでしょうね。傑作、ありがとうございました!

2007/4/29(日) 午前 8:06 uss*an3*4 返信する

まるかじりさん☆(。'.'。)ホォホォ!!そうだったんですか、三角の入口は雪除けだったんですね。GWは、通過だけに終わってしまいますけど、また富山駅に降り立ちますよ〜 \(@^〇^@)/

2007/4/29(日) 午前 8:08 uss*an3*4 返信する

dmwpf022さん☆自分も歴史や寺院には目も向けなかったんですけど、旅をするようになってから、興味を持つようになりました。歴史ある建物には、その時代の背景が盛り込まれていることが多いです。今の建物(高層ビルなど)、100〜200年後に見られた方ってどのような印象を持たれるんでしょうか。

2007/4/29(日) 午前 8:11 uss*an3*4 返信する

sawchさん☆卒業旅行時は金沢で一泊して、方向的に今考えると不思議なんですけど、その後三重に向かいました。波乗りをする有名なポイントがあって、そこで波乗りをしている友人たちと合流したんです。なので、自分たちも金沢観光時、車の上にサーフボードを積んでいました♬。。自分は体調不良で海には入れませんでしたけど・・・( ̄□ ̄;)!!

2007/4/29(日) 午前 8:15 uss*an3*4 返信する

Naominさん☆今見ると優雅なお城もそうですし、要塞的な建物が多かったんでしょうね。金沢はまったりできる場所です。いつか行ってみてください(●´∀`人´∀`●)ネェー☆

2007/4/29(日) 午前 8:17 uss*an3*4 返信する

Roseさん☆三角の入口は、雪除けのためのもので、冬のこの時期だけのものなんだそうです。↑でコメントしてくださった、富山在住のまるかじりさんに教えていただきました。大阪城にも数キロも続く抜け道がいくつかあったようです。乱戦の世っていろんな工夫・苦労があったんでしょうね。

2007/4/29(日) 午前 8:20 uss*an3*4 返信する

アンダルシアさん☆ここに限らず、お寺って今の時代とは違ったところもあったようですね。とても勉強になった一日でした。

2007/4/29(日) 午前 8:21 uss*an3*4 返信する

nonbirikurasuさん☆三角の入口は雪除けなので冬にしか設置されていないようです。ということは、nonbirikurasuさんは春〜秋に行かれたのですね。今ではそれもいい思い出になっていますけど、当時は体調不良で観光どころではなかったです・・・o(^^;)oハハハ

2007/4/29(日) 午前 8:23 uss*an3*4 返信する

ゆうこさん☆実は今回の金沢〜富山旅行でも似たような場所が・・・数日で治まっただけに、『方向が悪いのかな・・・』 なんて思っちゃいました♬。。メインの旅行はGWの後半なんですけど、現地では初日〜2日目の天気が悪いようです・・・(/・ω・\)アチャ-・・

2007/4/29(日) 午前 8:26 uss*an3*4 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事