TOP

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

Q うす焼きってなぁに?

A 佐賀関に昭和の初期から伝わる食べ物です。

地元では”お好み焼き”とも呼ばれています。

関西風、広島数お好み焼きやもんじゃ焼きと同じ、
鉄板B級グルメです。

Q どこから伝わったの?

A昭和の初期に関西で流行っていた、”一銭洋食”
(手塚治虫先生の漫画にも出てきます)

これを佐賀関に持ち帰った方がいて、
そこから、ニンニク醤油で食べたりする独特の発展を遂げました。

(ちなみに誰もが思い浮かべる(関西風)お好み焼きは、
昭和30年代以降の食べ物らしいです)

佐賀関という町は企業城下町として、
かつてはもの凄い人が住んでおりまして、
当然子供達も多い→子供達のおやつに最適なうす焼き屋さんも多い
(最盛期は20件程あったそうです)

というB級グルメを育て上げる下地が町にありました。
(映画館もゴルフ打ちっぱなし場もあったそうです)

Q どこで食べれるの?
うす焼き リボンさんで検索されて下さい。
鉄板で焼いて食べれます。

まさご屋は持ち帰り専門店です。

なおこのブログ内の記事にある各店の現状は以下の通りです。

佐賀関のまさご屋→弁当販売の合間を縫っての販売のみ
その近くのコンビニ販売→中止
移動販売車いさご号→廃車
いさご柳通り店→閉店
アムス大在店→閉店
フレスポ、アクロス総菜コーナー→取り扱い取りやめ

なので当ブログ内の色々な
お店、移動販売車についての記事を読んでいただき

「食べに行こうかな?」と思われても
車、お店、自体存在しておりません。

申し訳ございません。

・・・私の商才のなさが全ての原因でございます<(_ _)>

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

関アジ、関サバで有名な大分県大分市佐賀関(旧・北海部郡佐賀関町)には昭和の初期の頃から
町民に親しまれてきたお好み焼きがあります。

関西や広島のお好み焼きとは、少し違います。

35〜6年前は確か、一枚\50じゃなかったかな…   

“洋食”や”うす焼き”“お好み焼き”と呼び方はさまざま。

大人になって関西風の厚焼きや広島のお好み焼きを食べたときには“美味しい〜”と感動しましたが、
やはり佐賀関で生まれ育った私にはお好み焼きは“うす焼き”です。

佐賀関に帰る以外は食べれないので自分で作るしかありませんでした…

佐賀関に帰ると、まず何よりお好み焼きが食べたい〜… でした(^O^)

子供の頃は15件以上もあったお好み焼き屋が、町の過疎化により現在では4件ほどしかなく、
ほとんどが高齢の方がやっている状態です。

このままではお好み焼きが食べれなくなる…

そんな恐怖心から、自分でお好み焼き屋を始める事にしました♪

お好み焼きを作れば作るほど、この美味しい食べ物をもっとたくさんの人に食べさせたい!
佐賀関からお好み焼きを無くしたくない…という思いが強くなり、“うす焼き”を広めていく
決意をしました(^-^)   

そして、移動販売車 いさご号 を作りました!

まだまだ知る人の少ない“うす焼き”なので、なかなか立ち寄ってくれませんが…(^_^;

いさご号での出来事や、うす焼きの紹介を綴っていきます♪

追記
上記の主旨で移動販売車を作りましたが廃車致しました。
諸事情や色々なご縁もあって只今以下の所で販売させて頂いております。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事