あしあと 〜星空航海日誌〜

Yhaooブログお世話になりました ⇒移転先 https://oozoraashiato.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

経緯台での視野回転

経緯台での撮影では、視野中心から周辺に行く程、回転してしまうのはご存知の方も多いと思います。
露光時間が伸びるほど、視野中心位置から遠くなるほど、回転角は大きくなる為、また、恐らく、写野角が広くなるほど、回転の影響が大きくなるので、そういう点では、大口径ドブソニアンで、小さなイメージセンサが多いCMOSカメラでのラッキーイメージングは、経緯台での撮影では、とても理にかなっています。(こういうの、大事です)

1枚あたりの露光時間は視野回転の影響が短く切り詰め、回転補正をしながらコンポジットを行うことで、星像は保つことができるのですが、しかし、実際には、写野が回転していく為、有効視野範囲は、狭くなってしまいます。
イメージ 1
Sky-Watcher 40cmGotoDob 1800mm MPCC使用 ALICE-Ⅱによるスタック画像 2秒×1330コマ合成

撮影時刻は、20:38〜一時曇った時間帯は覗いて〜24:12までの約4時間弱。
もちろん、位置ずれもあるので、なお一層、視野は狭くなりますが・・・
えーっと、理屈の上では、センササイズの短編方向・・QHY5III-178Cだと、
Effective Area
7.37mm x 4.91mm
4.91mm。90度回転してしまうことを考えれば、有効エリアは4.91mm×4.91mmとなりますが・・・
45度回転も考慮すると、ピタゴラスの定理より、3.47mm×3.47mmを有効エリアとして考えておけば間違いないかなー。案外狭くなってしまいますね(あと画素数も削られまくり・・)
長方形なので、回転時の長編方向はもう少し確保できるかもしれませんが、計算面倒そう、、(Δ;・ Δ・)

いずれにしても、視野回転によってかなり視野角と画素数が削らちゃうのも経緯台の弱点ですね。
小宇宙狙いなら1型くらいのセンササイズは欲しくなりそうです。



閉じる コメント(6)

顔アイコン

エムティです。また懐かしい話ですね。で、思いだしたのがMeadeのAutostar Envisageです。たしかこのソフトMeadeの経緯台用でDSIで撮影画像を評価しながらコンポジットするような構造だったような。画像の評価方法も最大サイズも不明ですが撮影後の画像にも適用できたような面白いソフトでした。ラッキーイメージングのはしりですね。

2018/5/6(日) 午前 6:34 [ gqm***** ]

顔アイコン

たしか昔ミードがフォーク式経緯台で撮影した際の写野回転を補正する「フィールド・出ローテーター」を販売していましたね。現在は販売されてないんでしょうかねぇ。
いっそ自作しちゃうとか?

2018/5/6(日) 午前 8:37 [ あぷらなーと ]

顔アイコン

> エムティさん、こんにちは。
MeadeのEnvisage、実はDMKカメラの時は使ってました。優秀なソフトで、特にDrizzleがきちんと実装されていたように思います。
優秀なソフトだったのですが、Windows10で以前試したらエラーが出てうまくいきませんでした。今思うと32bitFitsで読み込ませたからかも・・?
もう一度試してみる価値はあるかも・・?やってみようかなぁ。

2018/5/6(日) 午前 10:25 [ UTO ]

顔アイコン

> あぷらなーとさん、こんにちは。
そうなんですよね、フィールドデロテータ、あれば欲しいなぁーと思いますが、よくよく考えてみたら、ラッキーイメージングだと可動部が増えると追尾エラーが増えそうなので、そのままで良いのかーと思ったりします。

自作ですかー!視野サイズ計算するのに、どれくらい回転するのかなーとちょっと調べたら、三角関数が出てきて、もはやちんぷんかんぷん。学生時代にあれだけ勉強した筈なのにねぇ・・。
ちょっとボクには無理そうです。
でも、あぷらなーとさんなら作っちゃえそうですねぇ・

2018/5/6(日) 午前 11:58 [ UTO ]

顔アイコン

回転するのは当然ですね。
回転しなかったら怖い現象です。
天動説でも地動説でも成り立たない。

以前、僕も40センチドブで撮影したことがありましたが、
何百回もシャッターを切ったことがありコンポジットするのに非常に苦労しました。
しかも、自動追尾ではなく、手動でした(^^;
いちいち視野に入れるのが大変でしたよ。はい。
確かにセンサーサイズが小さい方が有利ですね。

2018/5/6(日) 午後 6:17 タキ

顔アイコン

> タキさん、こんばんわ。
経緯台だとどうしても視野が削られちゃいますねー。
苦労してでも、流石大口径!というのが撮れればいいのですが・・

電動追尾が無いとさすがに撮影はシンドそうですねー。
とりあえず惑星も狙ってみようとは思ってますが、整備が遅れてるので火星大接近は間に合わないかも・・。

視野回転にはセンサー小さい方が有利そうですが、ある程度画角も欲しいので、カラーだったら、ASI294MCあたりが気になるところですが、感度が足りない可能性も。
ALICE-兇覆薀皀離ロですが、このM51を見る限り、なんとか実用になりそうな気がしてきました。
もう暫くいろいろとテストしてみようと思っているところです。

2018/5/7(月) 午後 5:50 [ UTO ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事