見える!驚異の視力回復法は、自宅でできる視力回復法です。

簡単にできるトレーニングというのが特徴です。

問題は、うそはないのか?ということと、
実際に試してみて、結果が出るのか?
というか、実践できる内容なのか?


ちょっと真面目にやって、実践日記をつけていきたいと思います。
まずは、ここから







この記事に

著者は、本部千博(ほんべ かずひろ)
1954年、名古屋で生まれ
岐阜大学医学部卒業 医学博士

総合病院で研修。
内科医として5年を経た後、眼科研修。

1995年 眼科専門医認定
日本ホリスティック医学協会理事


目は使えば使うほど悪くなる……ほとんどの人がそう思っています。あなたもそう思っていませんか?でも!使い過ぎて目が悪くなることは、まず、ありません。「目が悪くなる目の使い方」をしているから悪くなるだけ。

目の悪い方の支えといえば、メガネやコンタクトレンズ。でも、そのメガネやコンタクトのせいで、さらに視力低下が進むとしたら……?正しいメガネ、コンタクトの使い方で、視力低下の進行は防げます。

視力とは『目』そのものの働きのこと……多くの人がそういう認識を持っています。でも!視力には、
① 情報収集器官としての目の能力
② 情報確認作業を行う脳の能力
という二つの側面があります。

「ゲームに熱中しすぎ」とか「暗いところで本を読んでいる」という理由だけが、原因ではありません。

視力の悪さに悩んでいた、あなたもクッキリ見えるようになる方法があります。この方法を実践することで、あなたの視力は回復していくのです。

カードを使う方法は1度で最高2倍もの視力回復の効果があるものです。近視だけではなく、老眼、白内障、緑内障などの視力低下にも有効です。

ほんべ式視力回復法は脳の働きを活性化させ、 情報処理能力を向上させる効果があります。 その結果、成績向上、仕事の能率向上につながります。

自実践することで、目と体の連携をスムーズにし、さらに、瞬時に物事を判断する能力もアップします。スポーツの技術力向上や車の安全運転に大きな効果を発揮します。

パソコン、テレビ、携帯……。あなたは目を酷使しています。疲れた目をその日のうちに、リフレッシュする方法があります。

レーシックなどの手術を受けないと視力は治らない……でも、多くの人には手術なんて必要ありません。しかも、手術の成功率も100%ではないのです。ほんべ式「驚異の視力回復法」を実践すれば手術をしないで視力を回復することができます。

視力回復法は、近視だけにとどまりません。老眼の進行も防ぐ効果が期待できます。眼球周辺の血流を改善して、水晶体を濁らせる原因となる汚れを溜め込むこともなくなりますので、白内障の進行も防ぎます。つまり、本書による視力回復法は、眼球周辺の血流をよくすることによって、近視だけでなく、老眼や白内障、緑内障までをも予防するものなのです。

    ・ 脳の活性化を図り、視野を広げながら、視力を回復するものです。
    ・ 「ものをしっかり見る」能力を回復します。
    ・ 老眼、白内障、緑内障などの進行も防ぎます。
    ・ 目のまわりの筋肉をほぐし、視力そのものも、向上させるものです。
    ・ 眼精疲労、充血、肩こりなど、目からくるトラブルも解消します。
    ・ 乱視にも有効です。
    ・ 眼球周辺の血流不足を解消し、自律神経の働きも正常に導きます。
    ・ 目だけでなく、体全体の疲労感の解消を促すものです。
    ・ メガネに頼った視力の低下を食い止めます。


>> 見える!驚異の視力回復法のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事