ここから本文です
うつぼの漫画
平安時代の古琴の物語『宇津保物語』を元に描いた漫画です(#^.^#)

書庫2:仲忠(なかただ)

すべて表示

イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

なんと鈴丸も琴を習っていました

まあ習うこと自体は猿麻呂から教えてもらえるので難しくはないのですが


さて…

皆で食べた夕餉(ゆうげ)の煮物の正体ですが、カレーでした(^_^)

カレーのような数種類のスパイスを使った料理は
5000年以上前から作られているとの事!

なので、猿麻呂が日本でカレーを作っているのは特に不思議はないという事で(^_^)

日本人の鈴丸たちも普段からカレーを食べているので
カレーの事を知っているわけです!

さてさて…

猿麻呂が日本へ来て20年以上たってますので、
「カレー粉はもうないんじゃ?(´・ω・`)h」
という疑問もあろうかと思いますが

猿麻呂たちは日本に来る前にハシ国の王様からある宝物をもらいました

それは「打ち出の小槌」!

打ち出の小槌は振るだけで色々なものが手に入る宝物と言われています

なので、カレー粉も手に入る…という事で(^_^)

(詳細は「俊蔭編」でご確認を!)


打ち出の小槌がどこにあるのかは、また後々のお話になります^^


アクセスランキングに参加しています。
ポチッとクリックして下さると嬉しいです 
    

書庫その他の最新記事

すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事