utt*hi*3のブログ

登山を中心としたブログです。コメント大歓迎です。

蓮華岳の花

針の木岳、蓮華岳では色とりどりの高山植物に出合いました。

まず針の木岳に向かう途中で出会ったミヤマキンアバイ

イメージ 1

蓮華岳のチングルマ

イメージ 2

蓮華岳のコマクサ

イメージ 3

沢山咲いていました。

イメージ 4

イメージ 5

花1

イメージ 6

花2

イメージ 7

花3

イメージ 8

毎度、花の名前が分からず済みません。 これでオシマイ

この記事に

開く コメント(0)

針の木岳、蓮華岳



29.7.1516
「コース」扇沢〜針の木雪渓〜針の木峠テン泊〜針の木岳〜蓮華岳
この連休に以前私が所属していた山岳会の友人と針の木雪渓から針の木岳と蓮華岳に登って来ました。
扇沢の左側を登って行くとスグに登山口が出て来た。

イメージ 1

  ブナ林を登って行き、その後広いゴーロを渡る。

イメージ 3

最初の道路を渡ると又登山口の標識が出て来た。
写真はご一緒してくれた山仲間。


イメージ 2

その後、3回道路を渡り、大沢小屋を過ぎると、針の木雪渓が見えて来る。
今年は特に雪が多いようで雪渓が歩きやすいらしいです。

イメージ 4

アイゼンを付けてさあ出発。

イメージ 5

一時間も登るとテント泊の装備なのでザックが重たく、腰を下ろして休憩したくなって来ます。

イメージ 6

かなり上部まで来ました。

イメージ 7

最後は雪渓から外れて巻道を登ります。

イメージ 8

やっと針の木小屋まで来ました。

イメージ 9

12:00着でしたがもうすでに小屋の裏のテント場は一杯でやむなくその上にある臨時テント場まで登りました。しかしそこも狭くて滑り込みで最後のスペースにテン場を確保しました。
その後、高校生の団体が来て、スペースがないのでやむなく雪の上にテントを張っていました。
正面に見えるのが針の木岳です。

イメージ 10

テン場でビールを飲み始めたらもうそこで居座って、夕方まで友人とダラダラしていました。
翌朝、4時過ぎにテン場を出発し、針の木岳に向かいます。

イメージ 11

山頂直下は雪渓が多いですがステップがあるのでアイゼンなしでも大丈夫でした。

イメージ 12

山頂です。
イメージ 13

少し曇っていましたが展望はバッチリです。立山の雄山と右奥に剣岳が見えます。

イメージ 14

ズバリ岳から種池山荘に向かう尾根

イメージ 15

その後、一旦テン場に戻りテントを回収して、小屋に向かう途中、蓮華岳が良く見えました。

イメージ 16

小屋に大きいザックをデポして蓮華岳に向かいます。

イメージ 17

蓮華岳山頂近くから七倉岳方面に団体さんが向かっています。

イメージ 18

山頂に向かいます。
イメージ 23

蓮華岳山頂の祠です。

イメージ 19

イメージ 20

蓮華岳から戻って、針の木雪渓を下りて行きました。

イメージ 21

イメージ 22

この記事に

開く コメント(6)

小秀山


H29.7.8
今週、北アルプスでテント泊の予定があるので、ボッカ訓練のつもりで大きなザックで小秀山に向かった。
受付で駐車料金を払い、2の滝コースを登る。
谷沿いに木道が付けられているので荷物が軽ければ楽な登りである。

イメージ 1

ちょっと急な登りもあるが谷筋なので涼しいです。

イメージ 2

平凡な滝、沢登をやるともっとスゴイ滝が見れるのでこのくらいでは何とも思わなくなっている。

イメージ 3

避難小屋が出て来た。 中はなかなか綺麗だった。

イメージ 4

夫婦滝が出て来ました。 前日の雨でやはり迫力があります。 
ここまで木道が続いていましたがここからは登山道になります。

イメージ 5

子滝のようです。

イメージ 6

孫滝です。

イメージ 7

第一展望台まで上がるとやっと展望が開けました。

イメージ 8

カモシカ渡りという難所?らしいですが登るのは問題なさそうです。

イメージ 9

少し狭い岩場で両側は切れ落ちていますが、通過に全く問題なし

イメージ 10

登山道に出ると笹が多いです。

イメージ 11

イメージ 12

ドウダンツツジがありました。

イメージ 13


噴煙を上げる御嶽山が見えました。

イメージ 14

花(a)
イメージ 15

高原と書いてありますが単なる登山道です。

イメージ 16

花(b)  白いシャクナゲ?

イメージ 17

第二高原に1本だけコバイケソウの花がありました。

イメージ 18

あとひと登りで小秀山です。

イメージ 19

やっと小秀山山頂に着きました。

イメージ 20

展望は素晴らしかったです。

イメージ 21

右手は御池岳らしいです。

イメージ 22

山頂に最近、避難小屋が出来たらしいです。7年前はありませんでした。
 トイレがバイオ式でとても綺麗でした。

イメージ 23

帰りにもう一度コバイケソウを確認。やはりここだけでした。

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

小ピークを越えて、兜岩を振り返りました。

イメージ 27

帰りは長い長い3の谷コースを下りました。最後に林道歩きが30分あり少々疲れました。

イメージ 28

この記事に

開く コメント(4)

白草山

H29.6.25
山が久しぶりの友人と下呂の白草山に登りました。
林道入り口には詳しい案内図があります。

イメージ 1

林道を30分ほど歩くと登山口に着きます。

イメージ 2

岩の敷石が多い登山道を登って行きます。

イメージ 3


サラサドウダンが見頃でした。

イメージ 4

イメージ 5

ムラサキヤシオかな?

イメージ 6

白草山が見えて来ました。

イメージ 7

箱岩山との分岐のところに水芭蕉がありました。花の見頃は5月中旬くらいかな

イメージ 8

山頂手前は開けた道になります。

イメージ 9

山頂から御嶽山が何とか見えました。 噴煙も見えましたよ。
前回来た時は御嶽山噴火の翌日でしたので噴煙がすごかったです。

イメージ 10

この記事に

開く コメント(7)

三の峰避難小屋〜別山


H29.6.19
朝4時過ぎに明るくなって来て目が覚めた。

イメージ 1

日が少し上がった頃に出発。 
三の峰に上がる途中から避難小屋をパチリ

イメージ 2

三の峰を越えると別山の全景が姿を現した。

イメージ 3

別山に伸びる尾根を登って行く。

イメージ 5

別山平の御手洗い池は残念ながらほとんど雪の中だった。

イメージ 4

もうすぐ別山山頂

イメージ 6

イメージ 7

山頂は独り占め

イメージ 8

別山から眺める白山は格別!

イメージ 9

遠くに見えるのは荒島岳かな

イメージ 10

別山平からもう一度別山を振り返る

イメージ 11

ハクサンイチゲが眩しい

イメージ 12

ツツジに似ているけど違うかな?

イメージ 13

三の峰に向かっています。

イメージ 14


三の峰から別山を振り返る

イメージ 15

避難小屋に着いて、荷物を整理して下山しました。

イメージ 16

ハクサンコザクラが眩しい

イメージ 17

ニッコウキスゲが僅かに咲きかけていました。

イメージ 18

六本檜を過ぎると木陰も多くなって涼しくなった。

イメージ 19

帰りに鳩が湯に立ち寄ってみました。

イメージ 20

昨年9月より新築オープンしたらしいです。入浴代もリーズナブルでした。

イメージ 21

玄関から食堂までは洋風にアレンジしてありますが、浴槽は昔ながらの良い雰囲気です。

イメージ 22


この記事に

開く コメント(8)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事