平成31年4月4日 メンバーたぬき夫妻
天候 快晴 
今シーズン氷納めに訪れた大同心大滝。氷の終了点より上部には蓋をする様に覆いかぶさる大同心の岩壁が聳え、以前無雪積期には登攀したものの積雪期にもう一度登攀したいという強い思いが蘇り、残雪期では在りますが冬壁を楽しみに再び大同心へ冬壁を楽しみに行ってきました。
日の出と共にアプローチ開始。平野部では桜の満開に浮き立つ中も高峰では、早朝は今だ厳冬の雰囲気を残し、露出した肌に冷気が差す様な感覚を覚えながらも通過点である鉱泉を目指します。
 鉱泉にて軽く準備を整え大同心稜から取り付きへ足を進めるものの、大同心沢への一般道離脱地点よりラッセル。高度を上げるにつれ雪は深くなり急登が更に拍車をかけ心が折れそうになりりつつも空を見上げれば青一色の光景に助けられ、取り付きへ到着。  
大同心の上部にはエビが白く覆うものの、壁への着雪は少ない。冬壁をやりに来たには矛盾するが安堵する中準備を整え登攀開始。

( )内は個人的な体感
1P(Ⅳ⁺ 30m) いきなりルート上の核心ピッチから始まる。壁は完全なドライ。垂直のフェースより頭上のハング目指し高度を上げる。1ピン目ランナウトするが以降は残置は豊富に有る。
核心のハングは人工で抜けるが、慣れないアイゼンでのアブミの操作にもたつく。
2P(Ⅳ 30m)頭上の浅い凹角目指し高度を上げる凹角へは入らず左のカンテへラインを移す。カンテへ入るトラバースが嫌らしい。カンテは浅い凹角より傾斜は有るがホールドスタンスは豊富。上部に行くにつれ所々草付が現れだす。
3P(Ⅳ 50m)下部に比べれば傾斜は落ちるがミックスの登攀となり悪い上に、残置が少なくNPでランナーを取りながら上部に聳える特徴的なピナクル目指し高度を上げる。ピナクルを通過し更に頭上の凹角を抜けドーム直下までロープを延ばす。
4P(Ⅲ 20m)明瞭な右に伸びるバンドのトラバース。技術的には問題無いが中間部にて張り出した岩にて体をのけ反るムーブが面白い。
5P(Ⅳ 25m)巨大なカンテの登攀。出だしは左のフェースより高度を上げる。中間部よりカンテへラインを移し人工に切り替える。高度2700地点のカンテの登攀は高度感が尋常では無く気持ち良い。 残置は豊富に有るがビナが入らない様な残置が多々有る為、フィフィを付けたアブミが活躍した。上部のスカイライン目指しボルトラダーにて抜けると大同心の頭へ突き上げ登攀終了。

大同心の頭に立つと、上部には青一色が広がり一気に緊張から解き放される。何度経験してもピークに立つのは言葉には表せない心地良さに浸りながらも下山。
イメージ 1
4P 高度有るトラバース


開く コメント(0)

八ヶ岳 旭岳東稜

平成31年3月23日 メンバーHODA たぬき夫妻 
天候 曇り

華やかな八ヶ岳 西面に対し静かな雰囲気の漂う東面。週末の山行ともあって静かな山行を求め東面 旭岳東稜へ雪稜を楽しみに行ってきました。
通常、一泊二日の行程が主ですが日程の都合上日帰りで挑みます。
仕事を終え直ぐに登山口となる美しの森へ車を走らせ深夜到着。そのまま準備を整え額から伸びる一筋の線を頼りにアプローチ開始。日の差す日中とは違い一筋の光を頼りのアプローチは、ルーファイを慎重に行い堰堤群を通過し出合小屋へ到着。
既に前泊パーティーが準備をしている最中、本日一番乗りを目指すべく取り付きへ向かいます。
旭岳東稜へは幾多の取り付きが有りますが本日は上ノ権現沢へ進み直ぐに登り易そうな斜面に目星を付け稜を目指します。稜へ上がるまでの短い区間は酷いラッセルに苦しみ、出だしより今後の行程へ不安を感じる中、稜線へ上がると不安とは一転。
権現沢方面から上がってきたと思われるトレースに助けられ、稜を辿りグイグイ高度を上げ東稜岩壁が露わに望める箇所よりトレースは消滅。 これより東稜核心部へ入ります。急なヤセ尾根をクライムダウン。技術的には問題ないが両側はスッパリ切れをち滑落は絶対に許され無い中慎重に通過、稜と雪壁が交互に現れる斜面をラッセルに喘ぎながら足を進め森林限界付近へ到達。
徐々に雪質はクラストし、四肢を奮起しグイグイ高度を上げルート上核心である五段の宮へ。着雪は少ないものの、綺麗に五段で形成された岩稜は魅了される中、登攀準備を整え先鋭のリードにて登攀開始。
出だしが核心。上段に行くにつれ難易度は徐々に下がる様に個人的には感じた。
1P 一気に一段目から四段目までロープを延ばす。
一段目、完全なドライ。左寄りのフェースより離陸。二段目、浅い凹角状を辿る。所々に現れる草付にアックスが決まる。三段目カンテ状を右寄りに高度を上げる。四段目、着雪が増え雪稜へと変化して行く。
2P 五段の宮最上部の五段目の通過、殆ど雪稜。宮を抜けるとナイフリッジがピークへと誘導するように続く。ランナーはブッシュにて取りながら此処もロープいっぱい延ばす。
3P 雪稜登攀。綺麗なナイフリッジが続き上部は再び雪壁。出だしスタカットでロープをいっぱいまで伸ばした後、コンテに切り替え同時登攀にて高度を上げる。ランナーはブッシュ、灌木で取る。ロープスケルにて100m程。

雪壁を登り切るとダイレクトに旭岳のピークへ突き上げる。終了点がピークというのは何度経験しても爽快に感じる。ピークに立つと強風に洗礼を受ける為、早々に下山開始。
下降はツルネを使い高度を下げる。間違いトレースに引き込まれそうになりながらも慎重に高度を下げ出合小屋へ。一気に気が緩む中長い林道を辿り帰路へ着きました。
イメージ 1
核心である五段の宮
イメージ 2
上部ナイフリッジの通過

開く コメント(0)

八ヶ岳 大同心大滝

平成31年3月18日 メンバーたぬき夫妻
天候 快晴

アイスシーズンも終盤を迎へ今シーズンの登り納めになると思われる氷を楽しみに八ヶ岳 大同心大滝へ行ってきました。
平野部では近々に桜の開花が予測されまさに小春日和が続く日々とは一転、今だ雪をベットリ纏った高峰へ新鮮さを感じながら日の出と共にアプローチ開始。
美濃戸林道が荒れていると言う事前の情報より美濃戸口より長い林道を辿り鉱泉へ向かいます。
鉱泉手前にて横岳 西璧に一筋の白線が垂れ遠目からでも確認できる本日の狙いに緊張をおぼえながら鉱泉到着。 晴天が広がり無風の中大滝取り付きへ向かいます。大同心沢出合にて一般道を離脱。とはいうものの明瞭なトレースが引かれ殆ど一般道とは変わりなく沢筋を詰めて行き取り付きへ。
突如として現れる大滝は下部は積雪により埋没気味だが上部核心は垂直に切り立ち威圧をする様に感じ取れる中、準備を整え登攀開始。
例年より氷の発達が甘く限られたライン。トポによると右、中、左とラインが取れるようだが右は繋がっておらづ、中は氷質がズタズタ、左の弱点とされる浅い凹角は発達が甘くフェース状。
限られたラインの中、必然的に左ラインへ取り高度を上げる。本来ならば3段構成の大滝。しかし下段は完全に雪に埋没。埋没気味の2段目をフリーで抜け核心の3段目。
予想以上に冷え込み氷質は硬く難儀。四肢の末端は感覚がなくなり不甲斐なくアックステンションを交えトップアウトした後、トップロープを張り氷を楽しみました。
正午付近になると塵雪崩が連発する為、下山開始。再び長い林道を取り帰路に付きました。

イメージ 1
イメージ 2
大同心大滝核心上部

開く コメント(0)

谷川岳 東尾根

平成31年2月27日  メンバーたぬき夫妻
天候 高曇り
数年前に悪天候によりシンセンのコル付近にて敗退を余儀なくされ、再訪を約束し下山した東尾根。  その時の約束を果たすべき谷川岳 東尾根に行ってきました。
早朝、一筋の明かりを頼りにベースプラザよりアプローチ開始。明瞭なトレースに導かれ一ノ倉沢出合へ足を進め出合にて日の出を迎えます。
闇の世界から一気に陽の光を浴びた一ノ倉沢は急峻な岩壁に雪をベットリ纏い圧巻の一言。  出合にて登攀準備を整え一ノ倉沢を詰め一ノ沢へ進路を変え高度を上げます。出だし緩い傾斜も徐々に傾斜を増しラッセルしながら、ひたすら直登に喘ぎシンセンのコルへ到着。 谷筋の登高とは一転、一気に視界が開け東尾根の登攀が始まります。

トポによれば直ぐに第二岩峰直下の短い雪壁とあるが、着雪は殆ど無く草付と岩がむき出しになった垂璧を乗り越す。短いが滑落は絶対許されなく本日の核心だった。
第2岩峰は右から巻き上部の雪壁へ取り付く。此処から雪稜登攀の醍醐味の始まりです。
心拍数を上げ、ダブルアックス、アイゼンを屈指し四肢をフル稼働しグイグイ高度を稼ぎます。雪壁上部は露岩が有り、シュルンドゥが見受けられたため下部にて露岩へラインを取り再び雪稜へ。
露岩を抜けてから一気に稜線は細くなりナイフ化したリッジを若干のアップダウンを繰り返しながらトラーバース気味に慎重に進みます。心配していた雪質も天候は高曇り、気温も上がらず雪質は安定し問題なく通過し第1岩峰へ。第1岩峰直前には小さいながらもクレパスが口を開き慎重に通過。
雪質は安定していた為第1岩峰は直登せづ一ノ倉沢から巻きピーク直下の雪壁へ取り付きます。上部に威圧的に覆い被さる巨大な雪庇は一部切り崩され、切れ目を目指し高度を上げるとオキの耳直下へ突き上げる事が出来ました。

休憩後、西黒尾根へ進路を進め下山。
事前の情報では積雪が少なく雪稜登攀には悪いとの情報が多々有りましたが、雪質には恵まれ快適な登高を楽しむ事が出来ました。


aイメージ 1
スカイラインを目指し四肢をフル稼働
イメージ 2
スッパリ切れ落ちた雪壁のトラバース

開く コメント(0)

阿弥陀岳 北西稜

平成31年2月14日 メンバーたぬき夫妻
天候 晴
以前、残雪期に訪れた阿弥陀岳 北西稜。いずれ雪をベットリまとった厳冬期に再訪したいと言う強い思いから再び阿弥陀岳へ雪稜を楽しみに行ってきました。
雪質を考慮し早朝4時、美濃戸よりアプローチ開始。星空は望むものの月明かりは無く、漆黒が支配する樹林帯に頭上から差す一筋の線の明かりを頼りに進み一般道離脱地点へ。  心配していたラッセルは明瞭なトレースに救われ回避するものの、序盤より急斜面に体力を奪われながら高度を上げ目印である露岩付近で日の出を迎える。
気温は冷え込み手持ちの気温計では-15を指す。露出した肌に痛みを感じながら登攀準備を整え森林限界へ。急な雪稜を登り切ると正面には龍の背の様なナイフリッジから威圧的に聳える岩壁が出迎える。

ナイフリッジの通過。昨夜降雪が有った為かスタンスが不安定な為アイザイレンし抜ける。途中ルーファイをミスしたものの正規ルートへ修正し岩壁取り付きへ。

1P 右にバンドをトラーバースした後階段状のフェースを直上。降雪直後とも有ってか逆に階段状へ雪が乗り、草付か岩か判断が難しく緊張を強いられながら抜け、残置を補強しピッチを切る。
2P ロープスケルは短くトポではⅢとなっているが積雪が多くホールドスタンスは確信を持てない中、ランナウト気味に高度を上げる。個人的には核心に感じた。威圧的な岩壁直下でピッチを切る。
3P 岩壁直下から左へ明瞭なバンドを伝いトラバース。
4P ルート上の核心ピッチ。出だし小垂璧を乗越し右上すると顕著な凹角へ。
スラブ状でホールドに乏しいが右上のリッジはアックスのフッキングが良く効、フリーで抜ける。(事実上の登攀終了点)

登攀終了後は急な雪面を上部スカイラインへ目指し高度を上げれば御小屋尾根へ合流し阿弥陀岳のピークへ立ちました。
イメージ 1
雪をベットリまとった北西稜
イメージ 2


開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事