全体表示

[ リスト ]

平成31年2月10日 メンバーHODA たぬき
天候 快晴
晴天続が続いたものの2月に入り一転。天候は日々変化し、関東では山行前日は大雪の予報。岩肌にベットリ着雪し厳しい登攀が予想される中、足尾ジャンダルムへドライを楽しみに行ってきました。
銅親水公園公園よりアプローチ開始。薄っすらと雪化粧した水平道を辿りジャンダルムへ足を進めます。  冬季はセピアの世界が広がるものの、前日の降雪からかモノクロへ変化。通いなれた足尾だが、岩肌に白色が映え新鮮さを感じ取り付きへ。
本日の狙いは、中央璧右ルート。壁には着雪はあるものの想定していた程ベットリでは無い。しかし冬壁、軽視は出来ない。 
取り付きより装備を整え登攀開始。
1P 出だしよりかなり悪い。プロテクションが取れない為、若干左へラインを移し離陸。直ぐに右上し正規ルートへ修正。
クラック伝いに高度を上げるが着雪が多く、出だしとも有り緊張。クラックの処理後、短いスラブへ。着雪の為スタンスに確信を持て無く緊張を強いられながら抜ける
2P ルート上の核心ピッチ。
ワイドクラックより高度を上げる。ホールドスタンスが乏しくアックスのジャム、フットジャムにて誤魔化しながら高度を上げる。ワイドクラックを抜けた後のチムニー状も気が抜けない。此処もホールド、スタンスは乏しくフッキング、ジャムにて抜ける。
3P バンド状を歩き、正面の短い垂璧へ。下部核心を抜けた直後ともあって快適に錯覚するが実際はブッシュがうるさい。短い垂璧を抜けガレを抜けピッチを切る。
4P スラブから浅い凹角へ進み上部のスカイラインを目指す。快適なピッチ。
5P 時間が押すため正規ルートへは進まずオリジナルへラインを取る。出だしの乗越が嫌らしいが、乗越せば登攀終了点までガレの歩き。

全ピッチリードして頂いた先鋭に握手で出迎えられ登攀終了。精進。
イメージ 1

雪をまとったジャン
イメージ 2


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事