全体表示

[ リスト ]

八ヶ岳 大同心大滝

平成31年3月18日 メンバーたぬき夫妻
天候 快晴

アイスシーズンも終盤を迎へ今シーズンの登り納めになると思われる氷を楽しみに八ヶ岳 大同心大滝へ行ってきました。
平野部では近々に桜の開花が予測されまさに小春日和が続く日々とは一転、今だ雪をベットリ纏った高峰へ新鮮さを感じながら日の出と共にアプローチ開始。
美濃戸林道が荒れていると言う事前の情報より美濃戸口より長い林道を辿り鉱泉へ向かいます。
鉱泉手前にて横岳 西璧に一筋の白線が垂れ遠目からでも確認できる本日の狙いに緊張をおぼえながら鉱泉到着。 晴天が広がり無風の中大滝取り付きへ向かいます。大同心沢出合にて一般道を離脱。とはいうものの明瞭なトレースが引かれ殆ど一般道とは変わりなく沢筋を詰めて行き取り付きへ。
突如として現れる大滝は下部は積雪により埋没気味だが上部核心は垂直に切り立ち威圧をする様に感じ取れる中、準備を整え登攀開始。
例年より氷の発達が甘く限られたライン。トポによると右、中、左とラインが取れるようだが右は繋がっておらづ、中は氷質がズタズタ、左の弱点とされる浅い凹角は発達が甘くフェース状。
限られたラインの中、必然的に左ラインへ取り高度を上げる。本来ならば3段構成の大滝。しかし下段は完全に雪に埋没。埋没気味の2段目をフリーで抜け核心の3段目。
予想以上に冷え込み氷質は硬く難儀。四肢の末端は感覚がなくなり不甲斐なくアックステンションを交えトップアウトした後、トップロープを張り氷を楽しみました。
正午付近になると塵雪崩が連発する為、下山開始。再び長い林道を取り帰路に付きました。

イメージ 1
イメージ 2
大同心大滝核心上部


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事