SMART SPACE

ハイブラウ&ハイセンス

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2
[未来派] マリネッティ ボッチォーニ バッラ セヴェリーニ カッラ デペーロ プランポリーニ ムナーリ
マリオ・キアットーネ
Mario Chiattone (1891年11月11日Bergamo ; 1957年8月21日Lugano )
スイスの建築家、図案家、画家。イタリアでも活躍した。
 
■生涯
1891年11月11日Bergamoで生まれる
彼はボローニャに少しの間いたあと、ミラノのAccademia di Breraで建築を勉強した。
1908年に彼は画商であった父がUmberto Boccioniの絵を多く買った際彼に会った(今はLugano美術館にある)
1909年アントニオサンテリアはキアットーネにワグナー建築学校を奨めた(オットーワグナー参照)。
1912年キアットーネはBreraの国展で電気クレーンの絵を出品した。
その中で機械は新しい建築のためのモデルとして描写された。
1913年からキアットーネはSant'Eliaとスタジオを共有し、
1914年に創設者メンバーとしてミラノのFamiglia ArtisticaでNuove Tendenzeグループの最初の展覧会に彼と参加した。
 
▼Modern Metropolis (1914)
イメージ 12
イメージ 1
 
▼Studi per una cattedrale (1914)
 
 
イメージ 5
 
▼Ponte e studio di volumi 1914
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
彼は首都の建物と橋そして容積の研究を展示した。(紙に水彩画とインディアンインク)および、 Sant'EliaのCittよりも抽象的ではなかった
Nuovaのデッサン、それらは未来派建築の最も記念すべき絵である。 
政治的理由のために、キアットーネはSant'Eliaを支えている間、運動に参加しなかった。
1957年8月21日Luganoで没す

Mario Chiattone
(b Bergamo, 11 Nov 1891; d Lugano, 21 Aug 1957).
Swiss architect, draughtsman and painter, active also in Italy.
He studied architecture in Milan at the Accademia di Brera, with a short period in Bologna.
In 1908 he met Umberto Boccioni, from whom his father, a commercial artist, bought many paintings (now in Lugano,
Mus. Civ. B.A.).
In 1909 Antonio Sant'Elia introduced him to the architecture of the Wagnerschule (see WAGNER, OTTO).
In 1912 Chiattone exhibited the painting Electric Crane at the Esposizione Nazionale in the Brera.
 In it the machine is depicted as the model for a new architecture.
From 1913 Chiattone shared a studio with Sant'Elia
and participated with him in the first exhibition of the group Nuove Tendenze at the Famiglia Artistica in Milan
(1914) as a founder-member.
His exhibits included The Building of a Modern Metropolis and Bridge and Studies of Volume (watercolour and encre-
de-Chine on paper), and, though less abstract in character than Sant'Elia's Citt?
Nuova drawings, they are among the most memorable images of Futurist architecture.
For political reasons
Chiattone, while supporting Sant'Elia, did not join the movement.
 
▼Woonblok (1917)
イメージ 4
 
▼Progetto per una villa nel Sottoceneri (1918)
イメージ 3
 
彼はサンテリアとともに、『モダンメトロポリス』の図面を示した。
それはイタリアの未来派の源泉となるイメージの一つだった。
1930年代には、彼の仕事はNovocento Italianoグループと関係していました。
そして、彼はますます無駄をそぎ落とした新古典主義に向きを変えていった。
 
With Sant'Elia he exhibited, drawings for a ‘modern metropolis’
that were among the seminal images of Italian Futurism.
In the 1930s his work was associated with the Novocento Italiano group,
and he turned increasingly to a stripped Neo-Classicism.

閉じる コメント(2)

顔アイコン

昔 よく美術手帳を古本で買ったりしていたので 美術とか建築とかに
興味があったのですが 特にボリビアに来てからというものこういうことをすっかり忘れていました。
あなたのブログは非常に刺激になります。

2010/3/19(金) 午前 10:24 [ タカーニョン ] 返信する

顔アイコン

僕の方こそbootsyさんのおかげで地球の裏側の情報が手に取るように分かり楽しませてもらってます。

2010/3/19(金) 午前 10:34 [ diogenes ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事