SMART SPACE

ハイブラウ&ハイセンス

全体表示

[ リスト ]

[未来派] マリネッティ ボッチォーニ バッラ セヴェリーニ カッラ デペーロ プランポリーニ ムナーリ
/音楽 ルッソロ /建築 サンテリア (ドローイング 実作) キアットーネ マルキ 
カルロ・カッラ
 Carlo Carra (1881年2月11日 - 1966年4月13日)
イタリア未来派および形而上絵画の画家
 
■生涯
1881年 イタリアのクァルニエント(アレクサンドリア地方)に生まれる。
装飾家として出発。ロンドンやパリを何度も訪れる。
1895年 壁画装飾の仕事をしながらブレラ・アカデミーで学ぶ
1904年 ブレラへ行き、チェーザレ・ファルローネと共に絵を学ぶ。
初めはロンバルディア・ロマン主義に傾倒し、次いでディヴィジョニスム(点描派)に影響を受ける。
 
▼I funerali dell'anarchico 1911
イメージ 1
 
▼disegno  1911
イメージ 2
 
▼La stazione di  Milano (1910-11)
イメージ 3

1908年 ミラノでのロンバルディア美術家展会場でボッチョーニと出会う
1910年 イタリア未来派グループに参加
バッラ、ボッチオーニ、セヴェリーニ、ルッソロらとともに「未来派絵画技術宣言」「未来派画家宣言」に署名。
前衛雑誌「ラチェルバ」や「声」の編集に参加。
 
▼Donna al balcone (1912)
イメージ 4
 
▼La Galleria di Milano (1912)
イメージ 5
 
▼Caballo y jinete (1913) イメージ 14

1913 単独で「音響・騒音・臭気絵画宣言」を読み上げる
1914 コラージュ作品の《フリー・ワード・ペインティング》を制作。表現的なタイポグラフィをつくる
 
▼Manifestazione interventista (1914)★
イメージ 10
 
▼Omaggio a Betuda Futurista 1915
イメージ 15

その後、未来派を離れ、プリミティブ絵画を描く。
1916年 フェラーラの陸軍病院でデ・キリコと出会い、その後、形而上絵画へと転向していく
フェラーラでサヴィニオやデ・キリコが始めた「形而上絵画」に加わる。
のち、形而上絵画というアイデアを巡って、デ・キリコと対立することとなる。
 
▼Solitudine 1917
イメージ 6
 
▼La camera incantata 1917
イメージ 7
 
▼La  musa  metafisica 1917
イメージ 8
 
▼L'ovale delle apparizioni 1918
イメージ 9

1918 『形而上絵画』を出版
その後、初期イタリア・ルネサンスの美意識に回帰。
ミラノのブレラ・アカデミーで教鞭をとる
1919年からは「造形的価値」のグループに参加。
1920年以降はルネサンス絵画のジョットに学び、具象の単純化へと進んだ。
1920年代には、古典的な具象に回帰した。
 
▼Le figlie di Loth 1919
イメージ 11
 
▼Pino sul  mare  1921
イメージ 12
 
▼Estate 1930
イメージ 13
1966 ミラノで死去
なお、カッラのレゾネ(全3巻)を見ると、第1巻の終わりから第2巻・第3巻にかけてはすべて古典的な作品であり、古典的な作品が大半であることがわかる。
出典

閉じる コメント(2)

顔アイコン

夏休みの課題で見させてもらっています。
詳しく書かれていて、すごく役に立っています!!!

2011/8/15(月) 午後 2:16 [ れい ] 返信する

顔アイコン

私は「参戦論者の式典」が好きです。

2011/8/15(月) 午後 2:20 [ れい ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事