SMART SPACE

ハイブラウ&ハイセンス

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

[未来派] マリネッティ ボッチォーニ バッラ セヴェリーニ カッラ デペーロ プランポリーニ ムナーリ
アントニオ・サンテリア 実作 → アントニオ サンテリア ドローイング
 
戦没者慰霊碑 (Monumento ai caduti/1931-1933)  
この塔はアントニオ サンテリア Antonio Sant'Elia が電力センターの構想としてデザインしたスケッチを元に
ジュゼッペ・テラーニ Giuseppe Terragni が1931-1933年に戦没者慰霊碑 Monumento ai caduti として
イタリアミラノの北にあるコモ湖の湖畔に建てたもの
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 11
 
イメージ 7
 
イメージ 10
 
イメージ 6
 
イメージ 3
 
イメージ 8
 
イメージ 4
 
イメージ 9
 
イメージ 5
 
湖畔にたつ戦没者慰霊碑は,テラーニが実施設計を行ったが,原案は,コモ出身のもうひとりの建築家,アントニオ・サンテリアによるものだ。
もともと戦没者慰霊碑は,現在とは別の場所,ドゥオモ広場の脇に建てられる予定であった。
1925年に行われたコンペで,テラーニは,歴史的なモチーフを引用し,大きなアーチがくりぬかれた巨大な壁面を提案している。
敷地の再検討を理由に中断された建設計画は,1931年,敷地を湖畔に移し,サンテリアのモニュメントのスケッチを元にするという条件で,再開された。
テラーニには,外観をデザインする余地がほとんど残されていなかったわけだ。
スケッチとほぼ同じ形で実現した,巨大な戦没者慰霊碑は,異様な存在感で,湖畔に佇んでいる。

開く コメント(0)

[未来派] マリネッティ ボッチォーニ バッラ セヴェリーニ カッラ デペーロ プランポリーニ ムナーリ
アントニオ・サンテリア ドローイング  → アントニオ サンテリア 実作
 
アントニオ・サンテリア
Antonio Sant'Elia (1888.04.30〜1916.10.10)
 
■生涯
1888年生まれ
1909年、詩人のフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティは「未来派宣言」を発表。
その主張に賛同する芸術家たちの運動がイタリアを中心に展開していった。
同文書においてマリネッティは、工業化・都市化の進展を、伝統の集積によって閉塞したイタリアの状況を打破するものとして積極的に評価。
とくに自動車などの機械に固有の「速度」から生ずる近代的な美学を前面に打ち出していった。
 
1914年にドローイング『新都市』(チッタ・ヌオーヴァ)を発表。
また彼による展覧会カタログの序文にマリネッティが手を加え、同年『未来派建築宣言』として発表された。
同文書は建築家のアントニオ・サンテリアとマリネッティとの共同執筆によるものと考えられている。
イタリアに前衛建築運動をもたらし、多くの大都市計画案を発表しながら未来都市の姿を追求し続けた。
「新都市」と題されたドローイングには駅、高層住宅といった新しい都市のイメージを描いている。
「新都市」と題した16枚のドローイングによって示されたその建築理念は、当然ながら、工業化・機械化された未来都市を構想したものとなっている。
巨大な規模で展開するビル群や発電所などが新都市の象徴として配置され、それを支える下部構造として線路・エレベーター・空中歩道などが採用されている。
スケッチを見る限りにおいて、それらはヒューマンスケールを超えた土木的スケールを持ち、威圧的であり、発電所やダム、軍艦を彷彿させ、至る所に屹立する塔や砲台がデザインされているのは男根(ファルス)を表象するものであろう。
「未来派宣言」は差別意識と暴力の肯定を前提とし、機械文明、戦争、軍国主義を讚え、それらを世界の唯一の衛生装置と見做し、女性蔑視を主張している。マリネッティは「機関銃の弾道を走るように見える自動車はサモトラケのニケよりも美しい。」と、その思想を表現している。
 
1916年28歳で没す。
 
 
 
▼Stazione d'aeroplani e treni ferroviari con funicolari e ascensori su tre piani stradali (1914)
イメージ 1
 
▼Stazione per treni ed aerei (1914)
イメージ 2
 
▼Casa comunicante con ascensori e ponte esterno (1914)
イメージ 3
 
▼Terraced Building with exterior elevators (1914)
イメージ 4
 
▼Chiesa (1913 - 14)
イメージ 5
 
イメージ 6
 
▼La città nuova (1914)
イメージ 16
 
▼Electric Power Plant (1914)
イメージ 7
 
▼Schizzo per la nuova Stazione di Milano (1913 - 14)
イメージ 8
 
イメージ 9
 
▼Study for a Building (1913)
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
全ドローイング数は紛失したものも含めて373点が確認されるが、その主要作品173点が、彼の生地コモの市立美術館に収蔵されている。
アントニオ・サンテリアのドローイング集が中央公論美術出版より発売された。
イタリア・コモの市立美術館が所蔵する作品の原寸オールカラーの復刻。
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

[未来派] マリネッティ ボッチォーニ バッラ セヴェリーニ カッラ デペーロ プランポリーニ ムナーリ
ウンベルト・ボッチォーニ
Umberto Boccioni (1882年10月19日 - 1916年8月17日)
イタリアの画家、彫刻家、理論家であり未来派の主要メンバーであった
 
■生涯
1882年10月19日、イタリア南端レッジョ・カラブリアに生まれる。
生後すぐに家族はフォルリへ移住し、この地で幼年期を過ごした。
1901年、ローマの美術アカデミーのヌードコースに通い、独学で美術を学ぶ。
ローマでセヴェリーニとともに、バルラに学ぶ。
1902年、パリに移住し、印象派、ポスト印象派のスタイルを模倣した。
1907年、ミラノへ移住後、詩人の マリネッティや色彩分離派(ディヴィジョニスモ)の画家たちと交流。
動きを重層的に描くようになる。未来派運動の画家、彫刻家、理論派として活躍。
1910年、カルロ・カッラ、ルイージ・ルッソロ、ジャコモ・バッラ、ジーノ・セヴェリーニとともに、
未来派画家宣言、未来派運動の技術宣言を発表した。
彼らによれば、近代のアーティストの目標は、モデルや過去の具象美術の伝統の束縛から、自由となって、
同時代のダイナミックで発展し続ける社会へと、決然と進んで行くことだとされた。 
1910年 「未来派宣言」を前年に発表した詩人のF.T.マリネッティを訪問。
その後、「未来派画家宣言」と「未来派絵画技術宣言」の起草に関わる。
未来派グループの参加者は、他にジャコモ・バッラ、ルイジ・ルッソロ、カルロ・カッラ、ジーノ・セヴェリーニ。
同年、ヴェネツッアのカ・ぺサーロ画廊で個展
イタリア未来派運動の先頭に立ち、絵画、彫刻を制作。
「運動」と「スピード」の表現を追及。
1910 絵画作品『決起する都市』を制作
1911 パリへ旅行。そこで初めて立体派を知る
 
▼States of Mind II: The Farewells (1911)★
イメージ 1
 
▼La Risata (1911)
イメージ 11
 
 
▼A strada entra nella casa (1911)
イメージ 12
 
1912 絵画作品『弾性』を制作。
パリで未来派展(ベルネーム・ジュヌ画廊)単独で「未来派彫刻技法宣言」で伝統的彫刻概念を拒絶。
サロン・ドートンヌに彫刻作品を出品
▼弾性 Elasticity (1912)
イメージ 6
 
 
▼Materia (1912)
イメージ 10
 
 
▼Horizontal Volumes (1912)
イメージ 7
 
1913 彫刻作品『空間のなかに連続する単一の形態』を制作。
パリのラ・ボエティ画廊で彫刻の個展を開催し成功。アポリネールとも親交。
「未来派絵画と彫刻(造形的ダイナミズム)」を著述して理論を固める
 
▼空間における連続性の唯一の形態 Unique Forms of Continuity in Space (1913) 
イメージ 5
イメージ 8
 
▼Glass and Syphon (1913)
イメージ 4
 
▼Dinamismo di un footballer  (1913)Dynamism of a Soccer Player 
イメージ 13
 
▼Dynamism of a Human Body (1913)
イメージ 2
 
▼Dynamism of a Cyclist (1913)
イメージ 9
 
▼Dynamism of a Woman's Head (1914)
イメージ 3

1915年、第一次世界大戦の勃発とともにイタリア軍に志願するが、
1916 徐隊後、再び召集を受け、前線にて乗馬の訓練中に落馬したことがもとで夭逝した。34歳だった。
彼はマルクス主義者のアナキストだった。
 
典拠
 
 

開く コメント(0)

西洋美術史 右派

西洋美術史 右派 → 西洋美術史 左派
 
1526マニエリスム
• ポントルモ Pontormo(Jacopo Carucci, 1494-1556)「十字架降下」
• パルミジャニーノ Parmigianino ( 1503-40)「首の長い聖母」
• ブロンズィーノ Agnolo Bronzino(1503-1572)「愛のアレゴリー」
• エル・グレコ El Greco(1541-1614)「受胎告知」
• ジュゼッペ・アルチンボルド Giuseppe Arcimboldo (1527-1593) 連作『四季』など
• ミケランジェロ・メリージ (カラヴァッジォ)Michelangelo Merisi da Caravaggio (1573-1610)「聖母の死」「聖マタイの殉教」

1700バロック
カラヴァッジョ(1573-1610)
エル・グレコ
ベラスケス
フェルメール
フランシスコ・デ・スルバラン、
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ、
ルーベンス、
レンブラント、
ニコラ・プッサン
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
ベルニーニ(1598-1680)の建築

1755ロココ
• アントワーヌ・ヴァトー、
• フランソワ・ブーシェ、
• ジャン・オノレ・フラゴナール。
• モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール

1780ロマン主義
ドラクロア
コンスタブル
ターナー


1848ラファエル前派
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、
ウィリアム・ホルマン・ハント、
ジョン・エヴァレット・ミレイ
ウィリアム・マイケル・ロセッティ(ダンテ・ゲイブリエルの弟、批評家)、
ジェームズ・コリンソン(画家)、
フレデリック・ジョージ・スティーヴンス(批評家)、
トーマス・ウールナー(彫刻家)


1865象徴主義
• ギュスターヴ・モロー
• ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ

1880★ポスト印象派
フィンセント・ファン・ゴッホVincent van Gogh
ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin

1895ナビ派
• ポール・セリュジエ
• アリステッド・マイヨール(彫刻家)


1896アールヌーヴォー
テオフィル・アレクサンドル・スタンラン
アルフォンス・ミュシャ
オーブリー・ビアズリー
チャールズ・レニー・マッキントッシュ


1897ウィーン分離派
初期分離派
• グスタフ・クリムト
• オットー・ワーグナー
• ヨーゼフ・ホフマン(ウィーン工房)
• コロマン・モーザー
• ヨゼフ・マリア・オルブリッヒ
周辺
• アドルフ・ロース
• エゴン・シーレ
• オスカー・ココシュカ
• フェルナン・クノップフ


1905フォーヴィスム
• アンリ・マティス(Henri Matisse; 1869年-1954年)
• モーリス・ド・ヴラマンク(Maurice de Vlaminck; 1876年-1958年)
• ラウル・デュフィ(Raoul Dufy; 1877年-1953年)
• ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault; 1871年-1958年)

1905ドイツ表現主義
• ワシリー・カンディンスキー (Wassily Kandinsky, 1866 - 1944)(青)
• エゴン・シーレ (Egon Schiele, 1890 - 1918)
• マックス・ペヒシュタイン (Max Pechstein, 1881 - 1955)(ブ)(de)
• ルートヴィッヒ・マイトナー (Ludwig Meidner, 1884 - 1966) (de) - 詩人としても知られる
• アウグスト・マッケ (August Macke, 1887 - 1914)(ラ)(de)
• フランツ・マルク (Franz Marc, 1880 - 1916)(青)
• ガブリエーレ・ミュンター (Gabriele Münter, 1877 - 1962)(青)(de)
• オットー・ミュラー (Otto Mueller, 1874 - 1930)(ブ) (de)
• エドヴァルド・ムンク (Edvard Munch, 1863 - 1944) - ノルウェー中心

1915ダダイスム
ハンス(ジャン)・アルプ、
トリスタン・ツァラ、
アンドレ・ブルトン、
ポール・エリュアール、
ルイ・アラゴン、
クルト・シュヴィッタース
マックス・エルンスト

1915アールデコ
• カッサンドル(A. M. Cassandre; 1901-1968;
本名アドルフ・ジャン=マリー・ムーロン; Adolphe Jean-Marie Mouron)
• ルネ・ラリック(René Lalique;1860 - 1945)

1945■アンフォルメル
• ジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet, 1901-1985)
• ジャン・フォートリエ(Jean Fautrier, 1898-1964)
• サム・フランシス(Sam Francis, 1923-1994)
• ハンス・アルトゥング(Hans Hartung, 1904-1989)
• ジョルジュ・マチュー(Georges Mathieu, 1921- )
• アンリ・ミショー(Henri Michaux, 1899-1984)
• ピエール・スーラージュ(Pierre Soulages, 1919- )
• アントニ・タピエス(Antoni Tapies, 1923- )
• ヴォルス(Wols (Alfred Otto Wolfgang Schulze), 1913-1951)
• アルベルト・ブッリ(Alberto Burri, 1915-1995)

1948コブラ
• ピエール・アレシンスキー(Pierre Alechinsky), (1927年生まれ)
• カレル・アペル(Karel Appel), (1921年生まれ)
• コンスタン(コンスタン・ニーウェンホイス)(Constant), (1920年-2005年)
• コルネイユ(ギヨーム・コンスタン・ファン・ベフェルロー)(Corneille), (1922年)
• クリスチャン・ドートルモン(Christian Dotremont), (1922年-1979年)

1958ネオダダ
• ロバート・ラウシェンバーグ
• ジャスパー・ジョーンズ
• 荒川修作・
• 吉村益信・
• 篠原有司男・
• 風倉省作(風倉匠)・
• 赤瀬川原平

1960NouveauRéalisme
アルマン(Arman)、
イヴ・クライン(Yves Klein)、
ジャン・ティンゲリー(Jean Tinguely)、
セザール(César、セザール・バルダッチーニ)、
ニキ・ド・サン・ファル(Niki de Saint Phalle)、
ジェラール・デシャン(Gérard Deschamps)
クリスト(Christo)

開く コメント(3)

西洋美術史 左派

西洋美術史 左派 → 西洋美術史 右派
 
1770新古典主義
ダヴィッド、
アングル、
ジェラール、
グロ

1830バルビゾン派
コロー、
ミレー、
テオドール・ルソー、
トロワイヨン、
ディアズ、
デュプレ、
ドービニー

1855写実主義
ジャン=フランソワ・ミレー、
オノレ・ドーミエ、
カミーユ・コロー、
ギュスターヴ・クールベ

1874印象派
エドゥアール・マネ
エドガー・ドガ
クロード・モネ
ピエール=オーギュスト・ルノワール

1880★ポスト印象派
セザンヌ

1884新印象派
• ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat, 1859-1891)
• ポール・シニャック(Paul Signac, 1863-1935)
• カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro, 1830-1903)

1907キュビスム
ギョーム・アポリネール、
フェルナン・レジェ、
マルセル・デュシャン、
フランシス・ピカビア、
彫刻家のアルキペンコ

1909未来派
ジャコモ・バッラ (Giacomo Balla; 1871-1958)
• フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ (Filippo Tommaso Marinetti; 1876-1944)詩人
カルロ・カッラ (Carlo Carra; 1881-1966) 画家
ウンベルト・ボッチョーニ (Umberto Boccioni; 1882-1916) 彫刻家/画家
ジーノ・セヴェリーニ (Gino Severini; 1883-1966) 画家
ルイジ・ルッソロ (Luigi Russolo; 1885-1947) 音楽家/画家
• アントニオ・サンテリア (Antonio Sant'Elia; 1888-1916) 建築家  ドローイング 実作
マリオ・キアットーネ (Mario Chiattone; 1891-1957) 建築家
フォルトゥナート・デペーロ (Fortunato Depero; 1892-1960) 画家
• エンリコ・プランポリーニ (Enrico Prampolini; 1894-1956) 画家
ヴィルジーリオマルキ (Virgilio Marchi; 1895-1960)舞台美術家/建築家
ブルーノ・ムナーリ (Bruno Munari; 1907-1998) デザイナー/教育者

1915シュプレマティスム
カジミール・マレーヴィチ(Казимир Малевич)

1915ロシア構成主義
• ウラジーミル・タトリン(Vladimir Tatlin, Владимир Татлин, 1885年-1953年)
• アレクサンドル・ロトチェンコ(Aleksandr Rodchenko, Александр Родченко, 1891年-1956年)
• エル・リシツキー(El Lissitzky, Эль Лисицкий, 1890年-1941年)
• リューボフ・ポポーワ(Liubov S. Popova, Любовь Попова, 1889年-1924年)
• アレクサンドル・エクステル(Alexandra Exter, Александра Экстер, 1882年-1949年)
• イワン・プーニー(Ivan Puni, Иван Пуни, 1892年-1956年)
• グスタフ・クルーツィス(Gustav Klutsis, Густав Густавович Клуцис)

1917デ・ステイル
テオ・ファン・ドースブルフ(Theo van Doesburg, 1883年 - 1931年
• ピエト・モンドリアン
• ヘリット・リートフェルト(Gerrit Rietveld; 1888年-1964年)
• J・J・P・アウト(J. J. P. Out; 1890年-1963年)
• ジュルジュ・ファントンゲルロー(Georges Vantongerloo; 1886年-1965年)
• フィルモス・フサール(Vilmos Huszár; 1884年-1960年)
• バート・ファン・デル・レック(Bart van der Leck; 1876年-1958年)
• コーネリス・ファン・エーステレン(Cornelis van Eesteren; 1897年-1981年)
• ヤン・ウィルス(Jan Wils; 1891年-1972年)
• ロバート・ファント・ホッフ(Robert van't Hoff; 1887年-1979年)

1920新造形主義
ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian、本名ピーテル・コルネリス・モンドリアーン Pieter Cornelis Mondriaan 1872年3月7日 - 1944年2月1日

1947■抽象表現主義
ジャクソン・ポロック、
バーネット・ニューマン、
マーク・ロスコ

1957ミニマル・アート
• フランク・ステラ
• ドナルド・ジャッド
• カール・アンドレ
• ロバート・モリス
• ダン・フレイヴィン
• ソル・ルウィット
• ロバート・スミッソン
• リチャード・セラ
• エヴァ・ヘス
• ブルース・ナウマン
• ポップ・アート
• スサナ・ソラノ
• ルイス・ゴルディージョ

1960カラーフィールド・ペインティング
• アンソニー・カロ(Anthony Caro)
• ヘレン・フランケンサーラー(Helen Frankenthaler)
• モーリス・ルイス(Morris Louis)
• ロバート・マザウェル(Robert Motherwell)
• バーネット・ニューマン(Barnett Newman)
• ケネス・ノーランド(Kenneth Noland)
• マーク・ロスコ(Mark Rothko)
• フランク・ステラ(Frank Stella)

1962フルクサス
ジョージ・マチューナス George Maciunas
ジョン・ケージ John Cage
ナム・ジュン・パイクNam June Paik
オノ・ヨーコ Yoko Ono

1979新表現主義
ドイツのゲオルグ・バゼリッツ、
アンゼルム・キーファー、
アメリカのジャン・ミッシェル・バスキア、
デビッド・サーレ、
ジュリアン・シュナーベル、
イタリアのフランチェスコ・クレメンテ、
サンドロ・キア

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事