上横手健義のブログ

自分が好きな自分であろう!

全体表示

[ リスト ]

寒霞渓の岩と紅葉

●香川県小豆島、そこに星ケ城山(811m)と瀬戸の島にしては高い山があり、寒霞渓(かんかけい)と言う凝灰岩の奇勝と紅葉の名勝があるので、衝動的に行きたくなった●


寒霞渓を下から仰ぐ、この極彩色の山と谷は凄まじい感すらするイメージ 1

【画像をクリックすると、別窓が開き、大きな画像が見れます】


――   ――   ――   ――   ――   ――   ――   ――   ―― 

◆交通は岡山県の日生(ひなせ)まで、車、フェリーは予約で満車だが、人は乗せてくれる。

島の北部の浜・大部に着いたら、タクシー15分、星ケ城山山頂に近い寒霞渓山頂駅(610m)へは速い。

そこから、南へロープウェイを下降して見学するしかなかった。

◆終日の雨で有名な展望台地の下は暗闇のみ。無数の観光バスが出入りし、元気な爺さん、婆さんの大群で、土産物屋も満員状態だ。


鮨詰めで何も見えないロープウェイで山麓の駅である紅雲亭(300m)に降りた、傘をさして綺麗なカエデを観賞イメージ 2



紅雲亭では、偶然か雨も小降りになり、岩峰が背後にあったイメージ 3



左に錦屏風(きんびょうぶ)の大岩壁が紅葉をまとってそびえるイメージ 4



右には玉洵峰(ぎょくじゅんほう)が極彩色でそそり立つイメージ 5


◆この寒霞渓の大観を山上からは望めなかったが、山麓からでも眺め得たのは幸運なのか、
これらの景色は、ロープウェイの駅からであり、結局は、また降雨が激しくなった。



標高差は300mしかない山風景だが、雨のせいで、高山に見まがう相貌を見せる
イメージ 6


下の海辺を草壁と称し、湾上には、碁石山(435m)が美しいイメージ 7


◆その碁石山の麓には、二十四の瞳の分校や壷井栄文学館もあるのだが、交通手段も時間もなかった。


◆この寒霞渓とは、登山のガイド本にもなく、その対象にもなるまい。しかし四国四県、中国地方はもとより、関西の中高年の人気の高いのが、驚きであった。


小豆島そのものは、昔、加藤汽船が高松―大阪の航路があった頃に寄航したので知っている程度だった。

晴天にリベンジしたいものだ!これが今の気持ちです。


※ハイキングや登山には私のホームページ「関西山の画帳」をご覧になれば、各地のいろんな情報が入手できます。

閉じる コメント(19)

顔アイコン

極彩色の紅葉・黄葉と切り立った岩肌、抜群ですねw(^o^)w
寒霞渓は穴場ですねっ(^_-)---☆

2009/11/20(金) 午前 9:30 かっちゃん 返信する

雨模様が残念ですね。
それでも人が多いのには驚きます。
帰り道は、日生漁港で買い物でしょうか?

2009/11/20(金) 午前 11:11 はっさく 返信する

顔アイコン

わおぉ〜〜〜我が故郷高松にいてても、なかなかこんなに素晴らしい彩りは見られずじまいでした〜>_<;
何年か前に行った時も、これ以上ガスっててトホホ・・・でした。
是非晴天の時にリベンジして下さい〜〜私もです^^。

2009/11/20(金) 午後 2:37 さんきらいさん 返信する

寒霞渓の名称はよく聞いてました
こちらも凝灰岩なんですね〜

2009/11/20(金) 午後 5:25 yokko 返信する

顔アイコン

かっちゃんさん

穴場に違いないですが、観光バスのおじさん、おばさんの大群でした。もっと晴れた日に、星ケ城山に行きたかったです♪

2009/11/20(金) 午後 5:38 TU 返信する

顔アイコン

はっさくさん

山上に大きな土産物屋がありました。
海産物ですが、イワシ、アジ、キスなどのジャコが土地の売りでした。

2009/11/20(金) 午後 5:40 TU 返信する

顔アイコン

きんきらいさんさん

雨、雨、雨、テルテル坊主も役立たず。写真は諦めてましたが、撮影できたのは、30分ほどでした。

2009/11/20(金) 午後 5:43 TU 返信する

顔アイコン

小豆島でこんなきれいな紅葉・岸壁が見られるのですね〜
『二十四の瞳』子供の時、読みました。
今、オリーブで有名じゃないですか?

2009/11/20(金) 午後 6:04 [ かもの ] 返信する

顔アイコン

yokkoさん

凝灰岩、同志ですね(^_-)
瀬戸内火山ですから、気があうのでしょう♪ 削除

2009/11/20(金) 午後 8:10 [ TU ] 返信する

顔アイコン

かものはしこさん

二十四の瞳、オリーブ、そうですね、子供の頃に映画を見ました。
大石先生役は、高峰秀子さん。テレビでは、香川京子さんでした♪ 削除

2009/11/21(土) 午前 0:21 [ TU ] 返信する

顔アイコン

素晴らしい紅葉ですね。
ついでに松山まで足をのばされれば良かったのに・・・。残念でした。

2009/11/21(土) 午後 7:50 狂治 返信する

顔アイコン

狂冶さん

返事が遅れました。
四国の山は愛媛と徳島、香川に名山などあろうか。それがあったのです。寒霞渓がそうでした! 削除

2009/11/22(日) 午前 0:07 [ TU ] 返信する

訪問&コメントありがとうございました。
誰かと思えば上横手さんじゃありませんか。
上横手さん調査執筆の山と高原地図「金剛・葛城」は毎日持ち歩いています。
今後ともよろしくお願いいたします。
寒霞渓は一度行ってみたいと思いながら、日帰りの厳しさから念願果たせていません。
お写真で楽しませていただきました。

2009/11/22(日) 午前 1:09 のぶさん 返信する

顔アイコン

雨で残念でしたね
でも素晴らしい紅葉で
大きな岩が印象的です

2009/11/22(日) 午後 3:07 くろゆり 返信する

標高は低いとは言え凄いギザギザの山ばっかりなんですね!

けど海面がすぐそばなんでこの標高は正味の数字なんですよね・・・

2009/11/22(日) 午後 3:45 [ ☆まさ吉 ] 返信する

顔アイコン

くろゆりさん

関東の山が好きな私も、秩父は苦手です。奥秩父は大好きです。
オフに入りますが、活躍を祈っています♪ 削除

2009/11/22(日) 午後 4:45 [ TU ] 返信する

顔アイコン

まさ吉さん

私、若い頃、新居浜にいて、小豆島寄港の船で大阪に出張していました。その頃は石鎚山が好きで、小豆島に811mの山があるとは思っていませんでした。そのピークは、このコースと少し離れています。 削除

2009/11/22(日) 午後 4:53 [ TU ] 返信する

顔アイコン

のぶさんさん
エラーのため書き直しています。
まずは、金剛葛城」の山地図、お使いいただき。有り難うございます。
新版は、5万図主体で読み辛いと思いますが、金剛山だけでなく、紀泉高原や紀泉アルプスまで歩く人が多くなったのは、筆者として幸甚の限りです。
宜しく、お引き立てくださいませ。 削除

2009/11/22(日) 午後 5:02 [ TU ] 返信する

顔アイコン

11月25日「歴史ハイキング」講座を「六甲最高峰」にて行います。
「集合」;JR芦屋駅改札口10時20分です。
新規の場合は、朝日カルチャーへの申込が必要です。
では、お待ち申しあげます。 削除

2009/11/23(月) 午後 6:12 [ お知らせ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事