上横手健義のブログ

自分が好きな自分であろう!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

八島湿原

      八島湿原
 
ビーナスラインが走る霧ケ峰のうち、車山へアクセスします・・(^o^)丿
まずは、山麓の白樺湖
イメージ 7
 
 
そこから車山山麓の湿原で花観賞をしました・・
 
サワギキョウ
イメージ 1
 
バンコクソウ
イメージ 4
 
横の丘に上がり、蓼科方面を眺めました・・
 
イメージ 5
 
ビーナスラインを上がると車山が近づきます。
イメージ 6
 

八島湿原に入場し、その風景を眺めます。
イメージ 8
 
別角度から、また、眺めました・・・
イメージ 9
 
ヤナギランが綺麗でした・・
イメージ 10
 
 八島湿原の奥の景色で、車山まで遠望できました。
イメージ 11
 
この湿原の歩道の景色です・・
イメージ 2
 
タチフウロ、も印象的でした。
イメージ 3
 
次回はこの八島湿原に咲くお花のアルバムです。
ご期待下さいませ・・
 
ブログのアーカイブはホームページからご覧頂けます
 
 

 富士山紀行

     富士山紀行
 
八ヶ岳高原によった後、富士スカイライン五合目まで上がります・・・
( `―´)
 
五合目は、世界遺産になってから、このように混雑しています。
イメージ 1
 
吉田口登山路は、花は少なく、このイタドリが目につき・ました・・・
 
イメージ 2
 
登山路は、林道から始まりますが,濃い霧で視界がききません。
 
イメージ 3
 
六号目付近まで、林道で、人の往来が激しかったです。
 
イメージ 4
 
視界がきかないので、あきらめて五合目に戻りました。
 
イメージ 5
 
そこで、混雑の中、富士山をガスが消えるまで待機しました・・
 
遠景、
イメージ 6
中景、
イメージ 7
近景と撮り分けました。  
イメージ 8
 

そのあと、山麓の沢の氷穴を探訪しましたが、とても寒かったです。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
その夜も、八ヶ岳高原で泊まりました。
   
ブログのアーカイブはホームページからご覧頂けます
 
 

八ヶ岳高原へ

     八ヶ岳高原へ
 
富士山に行く途中、八ヶ岳高原に寄りました・・・( `―´)
 
まだ、PCが回復していないので、画質も写真の数も限られています
 
まずは、中央道諏訪湖
イメージ 2
 
東に向い、八ヶ岳高原で泊まりました。
 
イメージ 1
 
 
奥秩父の金峰山が遠望できました。
 
イメージ 3
 
 
そこで見た綺麗な花です・・  
イメージ 4
 
次回は、富士山です。なるべく、写真ソフトを取り入れ、従来の様な質のブログにしたいと思っています。
 
ブログのアーカイブはホームページからご覧頂けます
 
 

横谷川探訪

 横谷川探訪
 
奥河内の横谷川を探訪してきました・・ヽ(^o^)丿
イメージ写真は往路で撮った岩湧山
イメージ 1
 
まずは川で唯一の山村横谷集落へ、
イメージ 2
素朴な風情が好きです。
イメージ 7
 
村から、権現山の岩場が望めます・・
イメージ 8
 

谷奥に入れば、草花が多くなります・・
 
キンミズヒキ、これが最も多い。
イメージ 9
 
アケボノソウは時期尚早で、葉っぱだけ、
イメージ 10
 
この花、ソバナかな、多かったですが、
イメージ 11
 
また、渓流には、こんな青い淵もあります。
イメージ 12
 


元に戻り、横谷川入口に近くい「権現滝」を訪れました。
 
この様なロープ場を下りますが、危険なので、慎重な行動が肝要
イメージ 13
 
滝は25mほどですが、姿が優美です、
イメージ 14
 
縦にも撮ってみました
イメージ 3
 
滝壷です、
イメージ 4
 
帰途で横谷川右岸の岩壁を遠望しましたが、夏空でいまいち、でした。
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
のブログのアーカイブのある私のホームページで奇麗な写真集がご覧頂けます。 
 
 

木曽駒での敗退

木曽駒での敗退Ⅱ
 
中央アルプスで起きた韓国人登山客の遭難事故は、20人中4人が 死亡との痛ましい結果となった。そこの木曽駒ケ岳(2956)へ、遭難日の7月29に登ってみました(_)!!
 
イメージ写真は下山後の記念写真
イメージ 1
 
翌30日は何とか写真は撮れましたが、花写真がメイン{前記事)。濃霧のため、山頂は放棄し、雨後に下山のみとしました。以下、順を追って説明しましょう。
 
 
 韓国人と同宿した宝剣山荘の屋内、夜中まで人が出入りしていました。
イメージ 2
 
宝剣山荘の玄関、濃霧で至近しか見えません。
 
イメージ 9
 
 
霧中を出発し、下降にかかります。
 
イメージ 10
イメージ 11
 
巨大な岩塔の横。
イメージ 12
イメージ 13
 
雪渓が残っています、
イメージ 14
 
岩には、イワツメグサが、キラキラ輝きます、
イメージ 15
 
振り返れば、カールの詰,が望めます、
イメージ 16
 
日が差し、コースの中間点へ
イメージ 3
イメージ 4
 
人気の山だけに、大勢が行き交いました、
イメージ 5
 
お花畑
イメージ 6
 
カールの最下端には、剣ケ池
イメージ 7
 
ロープウェイ駅舎から、カールの全景を望みましたが、この程度の写真。
イメージ 8
 
私達は、救助基地「宝剣山荘」に泊まっていました。
 
のブログのアーカイブのある私のホームページで奇麗な写真集がご覧頂けます。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事