上横手健義のブログ

自分が好きな自分であろう!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

金剛山、タカハタの道

   金剛山、タカハタの道
 
5月12日、金剛山のタカハタの道を下降しました・・ヽ(^o^)丿
 
山頂、日曜日で、時計台の横が順番待ちになっていました・・(_;)
イメージ 1
 
金剛さくら、満開  
イメージ 2
 
 


タカハタの道の入口
イメージ 5
 
道なりに進めば、金剛山頂が見えます・・
イメージ 6
 
左へ植林の尾根を下ります、
イメージ 7
 
タカハタ谷に降り着けば、新緑が綺麗
イメージ 8
 
谷間には花が咲き誇ります・・
ヤマブキソウ
イメージ 9
 
ユキザサ
イメージ 10
 
ラショウモンカズラ
イメージ 11
 
谷の下部は険路!
イメージ 12
            この様なロープ場が次々と、
 
遂には、腰折滝に着きました・<(^´)>
イメージ 3
 
           滝を横面で、撮ってみました。
イメージ 4
 
その後は登山口に降り着きました・・
 
この記事には、コメント欄が有りません
旅行で留守にしますので、帰着した後、コメント欄を設けてみます・・(^0_0^)
 
この記事は、地図調査のための記録です。山上だけでなく、いろんな場所を精査しています。
 
 
このブログのアーカイブのある、私のホームページをご覧いただきますと、奇麗な写真集がございます
 
 

谷川岳回想記

    谷川岳回想記
 
谷川岳登山の回想記です・・ヽ(^o^)丿
かなり古いですが、デジ写真にしてみました・・(^0_0^)
 
まずは谷川岳(1977m)の四月末の山容
イメージ 1
 
登山の前に、湯桧曽川を歩いてみました
イメージ 2
 
有名な一ノ倉沢まで登り、その威容を鑑賞、
イメージ 3
 


 
ロープウェイ前、ここから天神平(1310m)まで上がれます、
イメージ 4
 
天神平からは谷川岳の全容が見られます・・
イメージ 5
 
山頂近くは、初夏まで雪田が残ります、
イメージ 6
 
天神尾根の登山路を登り切れば、トマノ耳(1963m)の山頂・(^^)/
イメージ 7
 
山頂はトマノ耳(手前)とオキノ耳の二峰からなっています、
イメージ 8
 
展望は、北に、一ノ倉岳茂倉岳の雪嶺が至近にそびえています。
イメージ 9
 
帰途は、西酥根をロープウェイ前まで下降しましたが、
イメージ 10
               このラクダのコブ付近で難渋しました。
 
標高は高く無いですが、やはり、谷川岳は名山と思った次第でした・・
 
 
このブログのアーカイブのある、私のホームページをご覧いただきますと、奇麗な写真集がございます
 
 

金剛山のカトラ谷

       金剛山のカトラ谷
 
カトラ谷のお花畑から下山しました・・金剛山の桜祭り(前記事)に参加したあとです・・ヽ(^o^)丿
イメージ 1
 
カトラ谷は下降しましたが、降り口から急峻です・・(^0_0^)
イメージ 2
 
 
いろんな花が咲いていますよ、
 
エンレイソウ
イメージ 7
 
ニリンソウ
イメージ 8
 
キンキエンゴサク
イメージ 9
 
オオバギボウシ
イメージ 10
 
ニリンソウの花見の人が多い・・
イメージ 11
この時は、まだ、芍薬が咲いていませんでした・・(>_<)
 
カトラ谷の源流の二股
イメージ 12
 
ここからは渓流を渡り返せば、三ノ滝の悪場となります、
イメージ 13
 
                 危険な梯子を下降、
イメージ 3
 
三ノ滝
イメージ 4
 
最後の梯子場です、
イメージ 5
 
カトラ谷の入口、まだ大勢が登ってきます・・<(_ _)>
イメージ 6
 
この記事は、地図調査のための記録です。
危険な谷ですから、単独行はさけましょう!
 
このブログのアーカイブのある、私のホームページをご覧いただきますと、奇麗な写真集がございます。
 
 

金剛山の桜祭り

金剛山の桜祭り
 
5月3日、金剛山の桜祭りに参加したあと、お花畑として知られる、カトラ谷から下山しました・・ヽ(^o^)丿
 
時間が無く、ロープウェイで山上駅へ
周辺は芽吹きで山の色彩が綺麗になっています。
イメージ 1
 
カタクリの花も見頃・・
イメージ 2
 
ダイヤモンドトレールの通じる主稜線まで上がると、晴れたり、曇ったりで、天候が不安定。そのダイヤモンドトレールを山頂へ向かいます・・・(*^_^*)
 
展望台から最高峰・葛木岳(1125m)が至近に見えます
イメージ 5
 
和泉の連山が、最も鮮明でした・・  
イメージ 6
 
 
石楠花を前景にした金剛山
イメージ 7
 
ダイヤモンドトレールを北上し、一の鳥居から山頂に向かいます、
イメージ 8
 
 
仁王杉の下に私達の寄進石があります、
イメージ 9
 
山頂は至近で、灯篭の並ぶ葛木神社の参道を通ります、
イメージ 10
 
すぐ下が、転法輪寺(てんぽうりんじ)山名「金剛山」、誰もが参詣する古刹、
イメージ 11
 
横の広場が、桜祭りの会場、人の波
イメージ 12
 
登山回数掲示板を眺めてみなした、
イメージ 3
 
 
時計台の横が記念写真に人気で、順番待ちになっていました・・(_;)
イメージ 4
 
 
午後はカトラ谷を下降しましたが、長くなるので、次回の記事とさせて頂きます、3、4日で、更新のつもりです・・・(^0_0^)
 
この記事は、地図調査のための記録です。山上だけでなく、いろんな場所を精査しています。
 
このブログのアーカイブのある、私のホームページをご覧いただきますと、奇麗な写真集がございます。
 
 
 

謎の名山、雨山

謎の名山、雨山
       
岩場と山湖の景色が大好きな名山に行きました・・・(^o^)丿
 
まずはヤブ道を潜ります、  
イメージ 1
 
 
岩場を鉄鎖に頼り登ります、
イメージ 2
 
 
長い岩場には、ツツジが点々と咲いています・・・
イメージ 7
 
 
一息ついて、登ったあとを俯瞰します、
イメージ 8
 
急な露岩の道が続きます・・WWWW
イメージ 9
 
対岸に、富士型の美山がそびえています、
イメージ 10
 
この、謎の名山の山頂・・
イメージ 11
ヤマモモの巨樹と雨乞いの祭神があります、
 
山頂から東に、和泉葛城山が遠望できます・・(^^)/
イメージ 12
 
記念写真を撮りました、
イメージ 13

 


午後は、ヤセ尾根を北上します。
イメージ 14
 
でも、平坦な尾根で、末端まで見通せます、
イメージ 3
 
 
振り返ると、雨山姉妹峰・土丸城跡富士型の美山が綺麗!
イメージ 4
 
 
尾根の末端で折り返し、永楽ダム湖を見下ろしながらの下降、
イメージ 5
 
ダム湖が、眼下になり、終には、下山先に着きました。
イメージ 6
 
この山行には、拙著が必要です。
イメージ 15
 
 
このブログのアーカイブのある、私のホームページをご覧いただきますと、奇麗な写真集がございます
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事