上横手健義のブログ

自分が好きな自分であろう!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

冠雪の山

イメージ 1
 
 
師走の大雪で、金剛山(日本200名山)、葛城山(日本300名山)、岩湧山(新日本100名山が冠雪しました・・(^^)/
 
以下は、山麓から撮った、これらの山の山容写真です。
 
1―金剛山1
イメージ 2
 
2−金剛山2
イメージ 3
 
3−金剛山3
イメージ 4
 
4−葛城山1
イメージ 5
 
5−葛城山2
イメージ 6
 
6−岩湧山1
イメージ 7
 
7−岩湧山2
イメージ 8
 
8−市街地俯瞰
イメージ 9
 
昔から馴染んできました、この三山は、金剛生駒紀泉国定公園を代表する名山なのです・・
 
この様な低山で、12月に、これほどの積雪量を見るのは、私も初めてなのです。自然とは不思議であり、また銀嶺を見ると、懐かしくなるのです。
 
  私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます
 
        

ボンデン山登山−

ボンデン山登山−  
 
ボンデン山の下山編です・・(^^)/
この下山は自然林の豊かな尾根歩きです。
 
まずは、高層展望台からの眺め・・
イメージ 1
                雨天だったので、山は雲に隠れ墨絵さながら、
 
下山の始めは、登りと同じ森の中ですが、すぐ登路とは別れます、
イメージ 2
 
尾根を下ると、ウバメガシの樹林が目立ちました。
そこの風景写真を二枚・・
イメージ 3
 
イメージ 4
 
この尾根道は、松、桜、コナラ、ツツジが混成し、春秋なら美観
その写真を二枚・・
イメージ 5
 
イメージ 6
 
下るほどに、ガスが巻きますが、西の淡輪方面が見えてきます、
イメージ 7
 
座れる場所など無く、立って休憩をとりました。
イメージ 8
 
振り返ると、ボンデン山の鉄塔が、至近に望めました。
イメージ 9
 
紀泉わいわい村に下り着き、萱葺家屋南天の風情に感動・・!(^^)!
イメージ 11
 
行程
登り 2時間強、下り 1時間半弱ですが、雨天と急坂ばかりで、疲れました。
 
翌日から雪となり、やはり天候は恵まれたと思います。
私は、誰にも会わない、この様なヤブ山が大好きですよ・・
 
マップをご覧下さいませ。
イメージ 10
 
◇コース わいわい村〜遊歩道〜高層展望台〜山頂〜下山路〜わいわい村
 
  私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます
 
 

ボンデン山登山―

ボンデン山登山―
ボンデン山
金剛生駒紀泉国定公園の西端で、標高469mの低山ながら、根張りの大きな自然林の山。歴史ハイキングの皆さんと、この山に登山しました。
 
堀河(ほりご)ダム上手に「紀泉わいわい村」がある。
そこの風景写真を二枚・・
イメージ 1
イメージ 2
 
雨天だったので、屋内のかまどを囲んで昼食、
イメージ 3
 
登山路は谷沿いの遊歩道・・とは言え悪路で遭難も多いと事務員から止められた。
その入口です。
イメージ 4
 
登山路は谷間の険路、ずぶ濡れになり、引き返そうかと思った。
イメージ 5
 
でも鮮やかなマユミの実に慰めてもらいました・・
イメージ 6
 
藪漕ぎをし、稜線に着くと、大きな道標。
イメージ 7
 
自然林の坂をたどると、
イメージ 8
 
長いロープ場をよじ登っていく・・
イメージ 9
 
山上には高い無線中継所と、高層展望台
そこで記念写真を撮った。
イメージ 10
 
マップをご覧下さいませ。
イメージ 11
 
ボンデン山頂は展望台から南少しの小ピーク。下山路は自然林の道で、砂ガレが点在。続編にて紹介します。
 
◇コース わいわい村遊歩道〜高層展望台〜山頂〜下山路〜わいわい村
 
  私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます
 
 

平ケ岳登山の追想

平ケ岳登山の追想
 
登山が困難と定評の高い平ケ岳(2140m)に登った時の回想記録。
 
平ケ岳の山容
イメージ 1
 
玉子石:まずは、中ノ岐川から泥んこ道を玉子石へと這い上がる。
イメージ 2
 
池ノ岳2090m)の横の弓池から平ケ岳が至近に迫る。
イメージ 3
 
東に奥只見湖南奥からの鷹ノ巣・台倉山の尾根が鮮やか
イメージ 4
 
付近は池塘が散在し、明るいムードになる。
イメージ 5
 
やがて本峰(2140mに立ちました。
 
解説
この山は、只見川と利根川の分水嶺で、尾瀬の北方に位置し、新潟県の越後三山(八海山、越後駒ケ岳、中ノ岳)とは尾根続きになる。 
登山路は奥只見湖からの長距離だけと思っていたが、西端・銀山平からの中ノ岐川登山路をピストン山行することができた。勿論、「深田百名山」です・・      
 
タイム 中ノ岐林道登山口からの往復8時間30分の短縮ルート
 
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます
 
 

草津白根山回想

草津白根山回想
 
もう数年も前のこと、‘草津よいとこ一度はおいで‘で知られる温泉で遊びました。
そのあと、温泉の西にそびえる白根山(2160m)へ。
アクセスは草津ドライブウェイで、途中の山風景はグリーンのじゅうたんの様です。
イメージ 1
        写真に見えるのは、東の大高山でしょう
 
山頂の肩にあるバスターミナルの光景です。
イメージ 2
 
一帯は高原で、いろんな高山植物が観賞でくますが、オヤマリンドウとナナカマドが目立ちました。
イメージ 3
 
オオヤマリンドウのマクロ・・・
イメージ 4
 
バスターミナルから、白根山を至近に望めます。
イメージ 5
 
また横手山も北に遠謀できます。
イメージ 6
 
人気の的となっている「湯釜」へは20分ほどの登り・・
イメージ 7
     エメラルドグリーンの水を湛えています。
 
元に戻って、弓池を観賞しました。
イメージ 8
 
 
湯釜で撮った記念写真です・・
イメージ 9
 
 
本白根山(2171m)は火山性ガスが噴出しているため、敬遠しました。
 
歩く距離は短かったですが、自然の大きさ、こまやかさを実感できました。
さすがは、深田百名山と感じた次第です。
 
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます。
 


金剛山5000回登拝の記事を(クラツーのHPから)見られます。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事