上横手健義のブログ

自分が好きな自分であろう!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

武庫川ハイキング

武庫川ハイキング  
歴史ハイキングで,皆さんと武庫川のハイクに行ってきた・・(^◇^)
武田尾から西宮名塩までの渓谷美の観賞
 
武田尾駅近くの景色
イメージ 1
 
摂津大峰山が、紅葉で染まっています
イメージ 2
 
川の風景
イメージ 4
 
しばらくは車道を歩く・・
イメージ 5
 
廃線路跡
イメージ 6
 
桜の園・・・笹部新太郎の亦楽山荘が上にありますね
イメージ 7
 
そこの桜紅葉・・
イメージ 8
 
川の風景がなお綺麗
イメージ 9
 
長尾トンネルです・・懐中電灯が要ります
イメージ 10
 
武庫川第二橋梁
イメージ 11
 
核心部の山と川の景色・・・
イメージ 3
 
 
続編では核心部をより詳しく紹介します。
 
武庫川渓谷
六甲山地東部を川がV字型に浸食し、深い岩峡となった。
旧福知山線はこの川沿いに明治32年に開通した。新路線は技術革新で、すべてトンネル内となっている。
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます。
 
 

大台、高原

大台、高原
 
大台ケ原の大蛇瑤梁格圓任・・(^_-)-
 
大蛇瑤ら牛石ケ原に戻る
 
イメージ 1
 
続いて尾鷲辻・・往路と別れ、日出ケ岳方面に向かう!
 
イメージ 2
 
トウヒの立ち枯れが目立つ正木ケ原・・
 
イメージ 5
 
正木ケ原から正木嶺に登る景色二件
 
イメージ 6
 
イメージ 7
  
正木嶺の山頂から見る日出ケ岳の光景
イメージ 8
 
イメージ 9
 
これを越すと、大台の北の稜線が見えます・・
 
イメージ 10
 
下山路は沢沿いで駐車場に戻ります・・
 
イメージ 11
 
 
イメージ 3
 
帰途でみた、薄暮の紅葉
 
イメージ 4
 
大台ケ原の現状
すでに最近の寒気で降雪しています。紅葉はもう終わりです。
今後は冬山となっていくことでしょう。最高峰・日出ケ岳は標高
1695m、この大台ケ原は日本百名山です。
 
私のホームページには、このブログのアーカイブと写真集があります。
 
 

大台、大蛇

大台、大蛇
 
大台ケ原の紅葉と山上の森林美の続編です・・!(^^)!
 
大蛇の岩場のリッジ
 
イメージ 1
 
大蛇瑤悗蓮▲屮蔑咾涼罅∪超が綺麗
 
イメージ 2
 
まず見る蒸篭の光景二件・・
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
大蛇瑤らの東大台の景色二件
 
イメージ 7
 
イメージ 8
             大きな滝が二本ありますが、日陰になっている
 
やはり大蛇瑤離螢奪検
 
イメージ 9
 
その突端、ここは、大変危険ですから、近づかないように・・
 
イメージ 10
 
東大台の展望をズームで撮った、
 
イメージ 11

 


帰途で見た大峰連峰・・
 
イメージ 12
 
日没時の行者還岳
 
イメージ 3
 
そして、大普賢岳の雄姿
 
イメージ 4
 
次回は周回した正木ケ原日出ケ岳のご紹介、2〜3日で更新の予定です。
 
大台ケ原の見所
ますは大蛇付近でしょう。またトウヒの立ち枯れ林の正木ケ原。
そして、針葉樹林や紅葉の樹林ですね〜。
紅葉の見頃は、今では、ほぼ終盤になっています。
 
私のホームページには、このブログのアーカイブと写真集があります。
 
 

大台、紅葉と森林

大台、紅葉と森林
 
1月初、大台ケ原にいきました・・(^O^)
長くなるので、表題と他二件に分けた記事とします。
 
まずは、大台ケ原の紅葉と山上の森林美について紹介します。
 
吉野と熊野の境界付近のワサビ谷から見た、朝の大峰の峻峰・大普賢岳
 
イメージ 1
 
 
ドライブウェイ下方、標高1100〜1200mほどの紅葉・・この辺がベストな紅葉
 
イメージ 10
 
 
 
大普賢岳が遠望でき、紅葉と調和した美形、
 
イメージ 7
 
また大峰連峰も望める・・その写真を二件、
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 


大台ケ原駐車場から、大蛇へと歩を勧める途中の森林美
 
イメージ 11
 
シオカラ谷の源流を渡る光景を二件
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
やがて明るい尾鷲辻に着きます・・正木ケ原日出ケ岳との分岐点
 
イメージ 4
 
また、トウヒやシラビソの森林が広がっている
 
イメージ 5
 
牛石ケ原は、明るいヒメザサの高原です。
 
イメージ 6
 
次回は1000mの大岩壁・大蛇瑤里款匆陝■押腺各で更新の予定です。
 
大台ケ原の紅葉の時期
山上はトウヒなどの針葉樹林ですが、大蛇付近は紅葉の名所。
ただし、山上は1600m以上になるため、紅葉は10月20日頃が見頃。
 
私のホームページには、このブログのアーカイブと写真集があります。
 
 

=岩湧山の危険道-供

岩湧山危険道-
 
10月最終日、歴史ハイキングの皆さんと岩湧山に登った・・(^O^)
 
きゅうざかの道から出発した・・
 
イメージ 1
 
その道は急ですが、樹林が綺麗です
 
イメージ 2
 
ダイトレ縦走まで登りつめたところを、東峰と呼びます・・
 
イメージ 3
 
山頂へは、ススキの高原ですよ、
 
イメージ 4
 
センブリリンドウが咲いていました・・
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 
山頂は、少し寒いが、花が多く、みんなで観賞。
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
 西の眺め。三国山桧原越の連山が遠望できます。
 
イメージ 7
 
午後はダイヤモンドトレールを東へ・・静かで涼しい樹林の尾根をたどる。
‘いわわきの道’は「橋が崩落して通行できません」との標識があったが、あえて、それを下る
 
問題の崩落した橋があったが、皆で挑戦してみた。
 
イメージ 8
 
写真で分かる通り、四肢を使って通過した。
 
イメージ 9
 
展望デッキの水場で、サワグルミの巨樹を眺めて休憩した。
 
イメージ 10
 
 
このあとは酷く寒かったが、美しい樹林のなかを登山口に戻った。
下見の際の記事は、このリンクから、見られます。
 
私のホームページには、このブログのアーカイブと写真集があります。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事