上横手健義のブログ

自分が好きな自分であろう!

全国各地

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

春の大阪城

春の大阪城
 
春たけなわの大阪城 に行ってきました・・・(^O^)
 
                                天守閣の写真
イメージ 1
 
                    大手橋からスタート。
イメージ 2
 
                                    大手橋を望む
イメージ 3
 
                        右に行き、八番櫓を見ます。
イメージ 4
 
                 大手橋に戻り、千貫櫓を見て城内に入ります。
イメージ 5
 
                             桜門をくぐり・・
イメージ 6
       
                                          博物館
イメージ 8
 
                              天守閣下の庭園を見学、
 
イメージ 7
 
                      ツツジが綺麗に咲いていました。
イメージ 9
 
                      東に生駒山がかすむ。
イメージ 10
 
                  天守閣を真下から仰ぎます。
イメージ 11
 
                     博物館に戻り、帰途につきました。
イメージ 12
 
                   ヤマブキが城を飾っていました。
イメージ 13
 
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます。
 
 

飛鳥の花・石舞台編

飛鳥の花石舞台編
 
飛鳥は古都、ミステリー、政治文化の源流などと言われています。
その広い飛鳥の中で、橘寺と石舞台に残り桜を見に行きました・( `―´)
前編は橘寺の花でしたね・・
 
今回は曽我氏の古墳たる石舞台の花です。
以下、順に写真にて紹介いたします。
 
                                           田園
イメージ 1
 
                                        サクラ
イメージ 2
 
                               二上山・畝傍山
イメージ 3
 
                                    ミツバツツジ
イメージ 4
 
                     サクラ越しに見る石舞台
イメージ 5
 
                       草原とタンポポ
イメージ 6
 
                                菜の花
イメージ 7
 
                         石舞台
イメージ 8
 
                           菜の花と人物
イメージ 9
 
 
桃の花でしょうか?
イメージ 10
 
 
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます。
 
 

飛鳥の花・橘寺編

飛鳥の花橘寺編
 
古都、ミステリー、政治文化の源流・・・飛鳥のキヤッチフレーズは多くある。
その広い飛鳥の中で、橘寺石舞台に残り桜を見に行きました・( `―´)
 
まずは、聖徳太子生誕の地と伝えられる橘寺から。  
小寺ながら、NHKでその桜が紹介されたので、平日なのに、大勢の人が訪れていました。
以下、順に写真にて紹介いたします。
 
                               ソメイヨシノ
イメージ 1
 
                           橘寺と人物
イメージ 2
 
                                ハナニラ
イメージ 3
 
                              訪問した群衆
イメージ 4
 
                        本堂・黒駒(聖徳太子の愛馬)
イメージ 5
 
                                   海棠
イメージ 6
 
                                          鐘楼
イメージ 7
 
大イチョウと見物衆
イメージ 8
 
                                 桜の境内
イメージ 9
 
                                  シラタエ
イメージ 10
 
天井画・・・往生院にて
イメージ 11
 
次回は、石舞台周辺となります。
 
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます。
 
 

山の辺の道本番−2

山の辺の道本番−2
 
歴史ハイキングの皆さんと、山の辺の道の南部をハイキングしてきました・・・・・・(^O^)
この記事では,後半を紹介します。
 
大神(おおみわ)神社を出ると、農地が多くなり、ハッサクの無人売店が目立ちます。
イメージ 1
 
狭井神社を過ぎれば、水仙が多く見られました。
イメージ 2
 
西には、日の没する山・二上山が霞んでいました。
イメージ 3
 
桧原神社にて休憩し・・記念写真を撮りました。
イメージ 4
 
北上して、巻向川に向かうと、
ロウバイが、綺麗に咲いていました・・・
イメージ 5
 
イメージ 6
 
巻向に入ると、広い道を下って行きます。
イメージ 7
 
白梅をみんなで観賞しました。
イメージ 8
 
ホトケノザなど野草の花も、多く見られました。
イメージ 9
 
せっかくなので、12代天皇・景行天皇の御陵を見に行きました。
イメージ 10
 
イメージ 11
 
この後、吹雪となり、桜井行きのバスを待つ間、酷い寒さに悩まされました。
そして、述べ5時間にわたる、長丁場のハイキンが終了しました・・
 
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます。
 
 

山の辺の道本番−1

山の辺の道本番−1
 
歴史ハイキングの皆さんと、山の辺の道の南部をハイキングしてきました・・・・・・(^O^)
イメージ 1
述べ5時間にわたる長丁場ですが、この記事では,前半を紹介します。
 
桜井市の大和川上流・初瀬川からスタート。
イメージ 2
 
川辺一帯を海石榴市(つばいち)と、称し、古代の市場でしたね・・
イメージ 3
 
そして、「仏教伝来の地」の石碑が立っています。
イメージ 4
 
北上して、山の辺の道を進めば、民家に美しい梅が沢山見られました。
イメージ 5
 
やがて、平等寺・・聖徳太子創建と言われる古刹・
イメージ 6
 
続いて、有名な大神(おおみわ)神社・・・ここで、ランチタイムとしました。
イメージ 7
 
神社を出ます。
イメージ 8
 
馬酔木が綺麗に咲いて、目の保養になりますね・・
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
           続編はしばらくして、投稿の予定です。
 
       下見の記事は、以前の記事をご覧ください。 
 
私のホームページではこのブログのアーカイブや写真集が見られます。
 
 
 

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事