うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は書庫の「名作アニメ」を見てください

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

[喪143]モテないし3人で勉強する

来ましたゆうもここみ回。この手の日常漫画でお約束の勉強会の話。個人的に勉強会って意味ないと思うんだけど(というか友達と勉強を共有するとどうしても護送船団的になって、抜け駆けがしづらくなくなる)、作中でもその意味については少し議論されている。
ゆうちゃんがもこっちの家に来るのが描かれるのってトモモテ含めて初めてだけど(だよなあ?)、過去にあったという設定なのかな。ゆうちゃんの叔父さんのケーキ屋の話はずいぶん古いね。こみちゃんの私服は平常運転だけどさすがにドクロはねーよと思うが…。
扉絵では例のぬいぐるみも一緒に座しているのがかわいい。こみちゃんのマリーンズグッズと中二病グッズも平常運転。
こみちゃんの回想、伊藤さんの机のぬいぐるみカーもかわいいね。彼女もやはり乙女である。そしてこみちゃんのキモ発言に集中線で反応wもはや伊藤さんの持ちネタだなwゆうちゃんはこみちゃんに辛辣な事を言ってるけど、トモモテの頃はそうでもなかったのにな…。
ここでもこっちは勉強会はお互いを監視する効果があると理解するのであった。
もこっちは文系選択で英国日本史に絞るという。私は英国世界史だったが。でも理系科目捨てるとセンターを受けられなくなるんだよな。私は数学の成績が悪かったので切り捨てられたが、なまじそこそこだと科目が増えて上位の私立を狙えなくなるジレンマがあるんだよね。
その辺なんもしらんゆうちゃんはアカン。この3人ではしっかり者ポジションを保たんと。ショックが長引いてしばらく固まっていたようだが。
そしてもこっちがいない間にこみちゃんに探りを入れるゆうちゃん…天使のゆうちゃんにも、ちょっと黒い感情がもたげてきたのかも。「なんか意外にいるねー」の時にこみちゃんが朗らかな顔をしているのは、内心ではもこっちを心配していた表れだろう。
勉強会も終わりに近づいたが…もこっち姿勢が悪いw
智貴が帰ってきてこみさんが気持ち悪いからお開きになったが、むしろかわいく見えるけど。
猫を見て今回初めて微笑むもこっちだが…やっぱりゆうこみの前だと上に立ちたいから突っ張ってる所があるんだろうね。
ここでもこっちがこみちゃんを「こみさん」と呼ぶのがちょっと新鮮だった。内心ではコオロギとか酷い呼び方してるしねえ。
そしてゆうちゃんはもこっちと同じ大学を目指す決意をするわけだが…そのためにはもこっちより頑張る必要があるので、こみちゃんの勉強会の参加を申し込むのであった。その真意は隠したいので、伊藤さんは別の子も居た方がいいと思ってるのでは、と取り繕ったが、ここはこみちゃんもさすがにスルーできず、暇で友達少ないしね、とちょっとした嫌味で返した。こみちゃんの中では伊藤さん>ゆうちゃんだし意地があるよね。
そしてゆうこみ伊藤の勉強会。伊藤さんの下の名前が光と判明。ここでこみちゃんが優しく微笑んでるのがいい。今回のベストショット。なんだかんだ、親友に別の友人を紹介できて嬉しかったのだろう。自分が痛い人間なので、伊藤さんの友達が自分だけになっているという負い目があるのだろうし。
でも落ちはやっぱりこみちゃんの痛い発言でENDでした。ゆうちゃんの汗エフェクトも持ちネタだなw
今回も次回の更新日がなかったが、作者が希望しているのかな。煽り文はあるけど。

今はページ数を多く描ける状況のようなのでトモモテトリオを堪能出来て良かったが、そろそろゆりを出せ!って声が高まりそう。もこっちの脱ぼっち以後、レギュラーキャラを増やしたけどそれまでのキャラを切り捨てることはあまりしてないので、登場機会がローテーションみたいになっているよね。バランス理論もいいけど作品として予定調和が過ぎるような気もする。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「四畳半神話大系」が好きなので読んでみた。
作者のブログで言う通り、四畳半が売れたのでそれに便乗して出した短編集らしいのだが、四畳半の登場人物はチョイ役でしか出ないのでそれは期待しない方がいい。全て京都が舞台の京大生たちの話なのは同様。

・四畳半王国建国史
まずは軽いジャブ。初っ端から男汁フィールド全開である。

・蝸牛の角
多重仮想世界構造の話。四畳半のキャラクターがちょっと出てくる。やっぱり最後は明石さんオチだね。後の短編に備えて阿呆神のキャラを押さえておくべきだろう。

・真夏のブリーフ
この本で一番ショックだった作品。タイトルに反して今風のオシャレな大学生たちの群像劇で男汁感皆無。カフェでパスタを食べるわ(森見作品なら四畳半で魚肉ソか猫ラーメンだろうが)、付き合ってる男女のセックスを匂わせる描写まであるわで、まるで村上春樹作品のよう。森見先生は童貞作家から脱して普通の作家になりたいんだろうか…とちょっと寂しくなった。
この短編に出てくるキャラは後でも結構出てくるので押さえたほうが良い。

・大日本凡人會
森見先生が書いた異能力ラノベって感じ。もちろん森見テイストは充満しているけど。異能力を持ちながらそれを持てあます学生たちの話で、「異能バトルは日常系のなかで」に似ていると思った。ヒロインが出てきて恋愛要素もあるし、一般受けしやすい内容だと思う。意外と次のアニメ化はこれかもしれない。

・四畳半統括委員会
複数の短文からなる物語。オチは「太陽の塔」に似ていると思った。

・グッド・バイ
語り手の主人公が誰なのかはわからないまま…「ドグラ・マグラ」みたい。ただ出てくるのはここまでの登場人物ばかりなので、今までの短編を読み直すと消去法で分かるのかもしれない。

・四畳半王国開国史
四畳半王国建国史と対になるエピローグ。阿呆神の真相が分かる。数学氏はナイスガイなので彼女の存在を証明できたのも分かります。

総評としては、大日本凡人會で一冊長編を書くとまたアニメ化できるんじゃないかと思った。湯浅監督ではなくてラノベアニメ的な絵で作ってみると森見テイストとのギャップが生じて面白いかも。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事