うざっしーのアニメ批評

あにこれに投稿したレビュー・感想と同じです。ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は「名作アニメ」の書庫を見てください。

ワタモテ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

[喪144]モテないし名前を呼び合う
http://www.ganganonline.com/contents/watashiga/

はいきました濃厚なもこゆり回!まぁそろそろもこゆり勢の期待に応えないとね。
まずはゆりの登校シーン。うっちーに出会うわけだが…遠足の時に分かったけど、うっちーってゆりに好意的なんだよね…ここはワタモテのキャラの深みを示す1つのファクターだと思う。うっちーはグループでも好かれているし、人の気持ちが分かる人間なんだろう。
そしてもこっちも登場だが、うっちーの空がきれいだねってw
ゆりはとも…とも…と名前呼びをしかけている。喪138でもこっちにゆりちゃ…と言われて、その後ずっと悶々としてたんだろうなあ。
そして教室。もこっちもネモと普通に話すようになった。ネモは声優の養成所とかにちゃんと行ってるんだね。ネモがエロゲをしてる時に部屋が少し映ってるけどケバいwPCにまでシールとかw友達が来るしアニメグッズとかは置けないのだろう。
そして休み時間の席替えのくじ。これだと不正やりやすそうだし箱を使う方式が普通だと思ってた。
席替えの結果は…ゆりはもこっちと遠くになってしまう。ネモはゆりにチクリとイヤミ。こみちゃんと南が隣なのがなんか今後の鍵になったりして。後のコマで陰キャっぽいとか言われてるがwでも反対側の二木さんとはどうなんだろうね。
岡さんというのは1年で一緒だったのか…いかにもモブって感じだけど今後出番増えるのか?
そしてもう一人、モブだと見做していた和田君がまさかのもこっちにアタック!ネモグループで目立たない、男か女かわからん奴だったが、ここにきて大きな存在としてもこっちに迫ってくるとは…ちょっとショックだった。この作品の最初の大目標、もこっちが彼氏を作るというプロジェクトが動き出したのかとすら思った。
居場所の無いゆりが振り返ると、違うクラスのうっちーがいつのまにか乱入!和田君が引いてるwカオスすぎ…。

そしてやっと昼休み。がしかし、ネモ岡田加藤さんが加わる。これがこのクラスの女子上位グループになるんだろうね。ネモはかけもちになるけど。弁当はもこっちだけかな。もこっちって家庭環境恵まれてるよな。
もこっちも今日は学校で男子と一番長く会話した日だと認めているが…連載初期ならゆうちゃんに自慢しまくる大イベントなんだが、今は自分にショタ属性は無いようだと冷静に分析するもこっちであった。自分をチビと自覚してるんだね。
そして問題の千葉西大の件。私は千葉西大学は千葉大がモデルとはいえ、この世界では千葉県内の私立大学である可能性もあるかなと思っていたが、やはり国立大のようだ。となるとセンター試験を捨てて英国日に絞ったもこっちは受けることはない。前も言ったが私もそうしたのでますますもこっちには(性別は違うけど)感情移入してしまうな。
ここでゆりが智子と名前呼び出来たのは、その憤りからの勢いもあるのだろう。がしかし、それに田村さんと返されて大ショック。
足早に下校するゆりにネモが気を使うが、今から追いかければ間に合う〜がいかにもな漫画やドラマのテンプレセリフなので突っ込まれるw
もこっち、ここで埋め合わせでゆりちゃん呼び。くぅ〜あざとい!←川平慈英ナレ 二人だけなら名前呼びは恥ずかしくないということで。
この辺からのコマ割りや演出がモロに少女漫画か百合漫画みたいなんだがwまぁいいけどw
そして怒れるゆりにもこっちがセクハラ発言!まぁでも狙ってるよね、もこっちはセクハラすると仲良くなれるという経験則を発動したんだろう。
ゆりの笑顔って珍しい。初めてだっけ?真子が見たらこんな顔見たことないってさすがにショック受けるかも。最近はずっと南とくっついてるしね…ゆり真子がこのまま疎遠になるのは寂しいが、これについても今後一波乱ありそう。
そしてなんかうやむやになって仲直りで終わりだが…編集の煽り文が無くなったからぶつ切り感が増すな。じゃあ私達もユリクロとかにする?で落した方がいいような。
で結局、ゆりは進学はどうするのだろうか。
次回は特別編らしいが、人気投票の1位のネモ回をやるのかな。あの騒動を踏まえるとゆりも出した方がよさそう。

今回はゆりもこ回だったが、喪138から前回まで、うちのブログのPVがどんどん落ちてると感じたので、各ページのPVを調べてみた。

喪138 ゆりと大学見学 925PV
喪139 ネモと大学見学 404PV
喪140 加藤と大学見学 317PV
喪141 きーちゃん回1 193PV
喪142 きーちゃん回2 245PV
喪143 ゆうもここみ回 132PV

やはりガンガン落ちてるわけだが…喪142は吉田さんとか出てきたので少し回復したのかな。喪143は、そろそろゆり出てくるだろ!と思ったら違ったので感想を見る気がしない人が多かったのだろうね。もちろん私はトモモテトリオが好きなので良回だったのだが。
さて今回でどのくらい戻るかな。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[喪143]モテないし3人で勉強する

来ましたゆうもここみ回。この手の日常漫画でお約束の勉強会の話。個人的に勉強会って意味ないと思うんだけど(というか友達と勉強を共有するとどうしても護送船団的になって、抜け駆けがしづらくなくなる)、作中でもその意味については少し議論されている。
ゆうちゃんがもこっちの家に来るのが描かれるのってトモモテ含めて初めてだけど(だよなあ?)、過去にあったという設定なのかな。ゆうちゃんの叔父さんのケーキ屋の話はずいぶん古いね。こみちゃんの私服は平常運転だけどさすがにドクロはねーよと思うが…。
扉絵では例のぬいぐるみも一緒に座しているのがかわいい。こみちゃんのマリーンズグッズと中二病グッズも平常運転。
こみちゃんの回想、伊藤さんの机のぬいぐるみカーもかわいいね。彼女もやはり乙女である。そしてこみちゃんのキモ発言に集中線で反応wもはや伊藤さんの持ちネタだなwゆうちゃんはこみちゃんに辛辣な事を言ってるけど、トモモテの頃はそうでもなかったのにな…。
ここでもこっちは勉強会はお互いを監視する効果があると理解するのであった。
もこっちは文系選択で英国日本史に絞るという。私は英国世界史だったが。でも理系科目捨てるとセンターを受けられなくなるんだよな。私は数学の成績が悪かったので切り捨てられたが、なまじそこそこだと科目が増えて上位の私立を狙えなくなるジレンマがあるんだよね。
その辺なんもしらんゆうちゃんはアカン。この3人ではしっかり者ポジションを保たんと。ショックが長引いてしばらく固まっていたようだが。
そしてもこっちがいない間にこみちゃんに探りを入れるゆうちゃん…天使のゆうちゃんにも、ちょっと黒い感情がもたげてきたのかも。「なんか意外にいるねー」の時にこみちゃんが朗らかな顔をしているのは、内心ではもこっちを心配していた表れだろう。
勉強会も終わりに近づいたが…もこっち姿勢が悪いw
智貴が帰ってきてこみさんが気持ち悪いからお開きになったが、むしろかわいく見えるけど。
猫を見て今回初めて微笑むもこっちだが…やっぱりゆうこみの前だと上に立ちたいから突っ張ってる所があるんだろうね。
ここでもこっちがこみちゃんを「こみさん」と呼ぶのがちょっと新鮮だった。内心ではコオロギとか酷い呼び方してるしねえ。
そしてゆうちゃんはもこっちと同じ大学を目指す決意をするわけだが…そのためにはもこっちより頑張る必要があるので、こみちゃんの勉強会の参加を申し込むのであった。その真意は隠したいので、伊藤さんは別の子も居た方がいいと思ってるのでは、と取り繕ったが、ここはこみちゃんもさすがにスルーできず、暇で友達少ないしね、とちょっとした嫌味で返した。こみちゃんの中では伊藤さん>ゆうちゃんだし意地があるよね。
そしてゆうこみ伊藤の勉強会。伊藤さんの下の名前が光と判明。ここでこみちゃんが優しく微笑んでるのがいい。今回のベストショット。なんだかんだ、親友に別の友人を紹介できて嬉しかったのだろう。自分が痛い人間なので、伊藤さんの友達が自分だけになっているという負い目があるのだろうし。
でも落ちはやっぱりこみちゃんの痛い発言でENDでした。ゆうちゃんの汗エフェクトも持ちネタだなw
今回も次回の更新日がなかったが、作者が希望しているのかな。煽り文はあるけど。

今はページ数を多く描ける状況のようなのでトモモテトリオを堪能出来て良かったが、そろそろゆりを出せ!って声が高まりそう。もこっちの脱ぼっち以後、レギュラーキャラを増やしたけどそれまでのキャラを切り捨てることはあまりしてないので、登場機会がローテーションみたいになっているよね。バランス理論もいいけど作品として予定調和が過ぎるような気もする。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[喪142]モテないしきーちゃんの進路も決まる

今回も引き続き小ネタ集形式。ただし全16ページ。次回も2週間後だしこれがフル稼働状態なのだろう。他の連載が無いことは必ずしも良い事ではないのだろうが…。
「落ちる」
高3になって初めて弟の試合を見たとかひでーなもこっち。そしてここで雫登場。相手チームの彼氏の応援とはなんたる偶然。もこっちの方から声をかけるとかなにげに先輩らしい。そして雫がお約束のナチュラルクズっぷりを発揮w雫については昼食を一緒に食べる話を早くやって欲しいのだが…。
「ターゲット」
もこっちは雫より小さいんやな。きーちゃんにも追い抜かれそう。智貴はゴールを決めたようでかなりの腕(足?)のようだ。智貴のサッカーの技量って今まで明確に描かれたことが無かったけど。
しかし雫をはるかに上回るクズがここに居たのだった。話すブタと口に出すとかもう末期やでこみちゃん。雫に嫌がらせをしなければいいが、小宮山から後輩を守るもこっちとのバトルを見てみたい気もする。
響という作品のネタが出てきたがわからん。
「年下キラー」
そろそろ行こうと言い出すきーちゃんもなかなかにアレだな。まぁ以前から智貴には興味無いしな…。
ここできーちゃんが雫にちょっと嫉妬を見せたwきーちゃんは年下であることに妙にアドバンテージを感じていたんだね。そして喪16の駄菓子屋ネタを持ってきたか。
「芸」
吉田ーズ登場。出す理由が麗奈(目が隠れてる子)の補習の付き合いとか強引wバイク禁止なんだね。
「チン」
ここで途中から小ネタ集じゃなくなる感じ。
吉田さんが犬をいじめていると誤解して怒るきーちゃん。鉄板メンタルのきーちゃんも犬はある種の弱点なんだな。そして長年の疑問だったタレ目の子にようやく杏奈という名前が。また友達を増やしてしまうもこっちを、雫は黒木先輩なら当然と思っているのだろうが、きーちゃんはこうやってお姉ちゃんの友達が増えていくのか…みたいな顔をしている。
きーちゃんはもこっちの面白さがわかるのは自分だけだと思ってたのにと寂しそうである。この考えはゆりに似ているので、次あたりにゆりとの対決が見てみたい。
そしてかつて来た駄菓子屋、中田商店へ。
もこっちが語る駄菓子屋に行かなくなった理由は作者の実体験だろうか?
嫌がられてもいつも側にいるよとかきーちゃんも相当サイコなヤンデレやな…。
そしてきーちゃんはもこっちと同じ大学に行くことを決意するのであった。えらく先の話だが…それにきーちゃんの方が勉強できそうな気もするが…。もこっちが浪人するほど一緒に通う年数が増えるから現役で入れるように頑張るしかないな。でも一緒になれるのが最後の1年だともこっちは就活で忙しいね。

こうなるとゆりやネモや加藤さんときーちゃんの絡みも見たい気がするが、さすがに今回で終わりかな?今回出たキャラが休みに学校来ていた理由もかなり強引だったし…。
そして今回も最後のページの煽り文と次回の公開日が無い。なぜだろう?1ページ目にはあるのに。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[喪141]モテないしきーちゃんと高校に行く
http://www.ganganonline.com/contents/watashiga/
クラスメートとの付き合い話三連戦の後は変則的な回が来るだろうと思ったが、まさかきーちゃん登場とは。智貴が出てくるくらいは読んでいたけど。
今のもこっちを取り巻く環境をいったん整理した方がいいんじゃないかとは思っていたが、そのためには現状を客観視できるキャラクターが必要で、きーちゃんがうってつけということだろう。今回は最近出てこなかったキャラも多く、棚卸回という印象がある。
1ページ目で…もこっちがダサい服を着ている感があるが、今のもこっちはファッションには目覚めているし、親が買ったダサい服を部屋着として使っているのだろう。その服をきーちゃんに見られてしまうが今のもこっちはその程度で動じない。2コマ目でバストの成長も感じるが、これもまたもこっちの成長を明示しているのかもしれない。
2ページ目の大ゴマは効果的。上のきーちゃんはホラーっぽいが、それにしっかり対処できる今のもこっちを下に描いている。悪夢の後にきーちゃんを見て慌てふためいた喪103の時とはだいぶ変わった。
きーちゃんはずいぶんかわいいバッグを使ってるな。そしてもこっちをケモナーと誤解している流れでやっぱりけものフレンズネタを持ってきました。
きーちゃんはもこっち=ケモナーの勘違いは別として、けもフレという作品が好きなようだが、このままオタクとして成長して行くのだろうか。喪104の目論見通りに順調にオタクになっているのかもしれないが、当時の計画をもこっちは忘れているようである。もこっちはもこっちできーちゃんをケモナーだと思っているが、きーちゃんはただの犬好きだよなwそしてきーちゃんはもこっちを犬と同列視もしていたわけだが…。
もこっちが智貴と一緒にTVを観ているのは意外。高校生で姉弟がこんなに仲いいのって珍しいのでは。同じポーズしているのは似た者同士。
もこっちは萌え系は観ないって言ってるけど確かに過去に挙げた作品はバトル系が多いんだよね。でもけもフレも結構SF要素やバトル要素もある作品なんだが…。
そしてぼちぼち、きーちゃんがもこっちが変わったことに気付くのだが…智貴みたいに普通のつまらない人になってしまったと感じるのではと懸念したが、そこまでは思ってない模様。
ただもこっちが大人っぽくなってしまい、ちょっと距離が開いたとは感じているようだ。
きーちゃんが写真を見て「この人とこの人も気になる」と言っているが、その2人が誰なのか気になる…。ゆりは含まれていると思うが、もう一人は自分に最も近い物を持つうっちーかも。
もこっちはきーちゃんと暮らすのは地獄と言ってるが今はそれほどでもないのではw
きーちゃんが4歳下という設定はもったいないと前から言われてたね。3歳下ならここで言っているように同じ学校の後輩として登場できたのに。
思えばきーちゃんがこれほど明確にもこっちに対して強い好意を示すのは初めてな気もするが、もこっちもさすがに心動かされたようで学校見学に。つーか今のもこっちは人から好かれるのに慣れてる感もあるよね。つくづくハーレムの王やでもこっちは。
そして急に定期的に来る小題付きの小ネタ集になったwここから、最近ご無沙汰のキャラが登場する。作者はやっぱりバランスを大事にするみたい。
「高校見学」
きーちゃんに下宿されたくないから原幕のイメージを悪くしようとするもこっちだが…つーか大学に行ったら一人暮らしすればいいのに。でも千葉あたりだと東京の大学には通学できちゃうしな。
まず荻野登場だが…もこっちを持ち上げすぎて白々しくなっているwでも最近は、ある程度は当てはまるんだよな…。ここできーちゃんがちょっとおかしくなっているが、さすがに嫉妬心がもたげてきたのだろうか。
きーちゃんの名字は里崎だと判明したが、やはり重要人物の名字はロッテの大物選手なんだね。あともこっちに近しい人物は投手、次に捕手というルールがあると思っていたが最近は合わなくなっている。
「表面上」
次は意外にも伊藤さん登場。でも学校が休みだから今回は休みも登校する人物しか出せないんだな。ここできーちゃんが吹奏楽部だと判明。ティンパニーって太鼓みたいなやつか。結構ワイルドな所もあるのかな。
もこっちが内心できーちゃんをボロクソに言ってるが、きーちゃんは高校の吹奏楽について聞きたいことはあるだろうし、伊藤さんがこの作品でもトップクラスの人間が出来ている人物なので話しやすいのもあるだろう。
「同種」
こみちゃんと、久々に井口さん登場。雫と入れ替わりでもう出ないのかと思ってた。というか今回は雫を久々に出してほしかったんだが…。
ここでこみちゃんがイカれた思考をwもう人として終わってるなwいとこならライバルにならないだろうとか良い様に考えられないのだろうか?初耳とか合法的とかこの短いセリフにツッコミ所が多すぎるwでもきーちゃんはこの人はもこっちの「同種」だろうと満足げである。
「苦手」
智貴やりづらそうw
最後のページ、煽り文忘れてますよガンガン編集部さん。

この話は次回も続くよね?でも、休日だから他のキャラは出しずらいし意外とぶつ切りで終わりかな?
思えばきーちゃんってこの物語で主人公もこっちに対し、偏執的な愛情を抱いた最初の人物なんだよね(ゆうちゃんは違う)。だからゆりやうっちーに対しては先輩と言える。
そう考えると忸怩たる想いもあるのではないかと思うが、今回はおおむね冷静であまり嫉妬心などは見せていない。次回で平静を保てなくなるシーンもあるのかな。ゆりとは一触即発になりそうだし、うっちーには互いに「こやつできるな…」みたいな関係を構築しそう。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[喪140]モテないしオープンキャンパスに参加する
http://www.ganganonline.com/contents/watashiga/

三連戦の最終日、4/30(火)の加藤さんとの大学見学。今回はなんと19ページ!これが他の連載を持たず三週間空けた谷川ニコの本気か。
大方の予想を裏切り(?)、とてもかわいいもこっち。前からボサボサ髪をやめてポニテにするともこっちの最大の武器のうなじの綺麗なラインが見えてかわいく見えると言われていたが、今回は普通に美少女してるね。
でも加藤さんは外見よりも本質を重んじる、ファッションは飾りつけする過程を楽しむタイプらしいのでMAX状態のもこっちにもさほど興味はないようだけど、もこっちの「おきれいですね」にはもこっちの素が出ていて満足したようだ。
青学の紹介は丁寧にやってるが、自分の母校もやって欲しいと思ってしまった。もこっちは青学がミッション系なのを知らなかったが、MARCHだと立教もそうなのを知らなさそうだな。
そしてうっちー登場。私は今回は南さんが乱入するかと思ってたら予想が外れた。雌猫たちは青学はレベル的には厳しいと言っているので、その話題が出ないもこっちーずは学力が高い集団なんだろうか?というかファンは雌猫って呼んでるけど、公式には「絵文字'Sの集団」らしいので今後はそう呼ぶべきなのかな?
うっちーが経営学部に興味あるのは起業でもしたいのだろうか?
そして昼食のあたりから加藤さんともこっちの空気がおかしくなるわけだが…。
もこっちはやはり創作系に興味はあるらしい。作家にはならないけど編集者を目指すとかいうげんしけんの笹原みたいな方向に行くんだろうか?そしてもこっちが加藤さんと一緒にいるのにネモやゆりの事を考えてるのがポイントやな。ゆうちゃんはMARCHは厳しいようだ。
そして加藤さんともこっちの反省会がはじまる。加藤さんはもこっちと一緒の大学に行きたいとまで思っているのか…加藤さんがずばずばと思ったことをはっきり言う方だったのは意外だった。飲み物の事まで言うとは。もこっちがうっちーは気を使わないでいいと思っているが、これはゆりがもこっちに対してかつて感じていたことと同じ。
加藤さんは意外と嫉妬深いというより、もこっちにあまり好かれていないんじゃないかと気にしている感じ。
そして今のもこっちはかつてとは全然違う。加藤さんと釣り合わないと思って距離を置いてそれで傷つけたと思い、すべてをぶちまけることにしたのだった。それを見届けるために近づき、自分がド変態であることを告白するもこっちに「私のパンツ盗んだことあるしね」と脳内ツッコミを入れるうっちー、もこっちへの愛は本物のようだ。他の絵文字'Sの集団はひきまくりだけど。でも宮崎さんはベンチに座ってるあたりから、うっちーのもこっちへの想いに気付き始めてる感あるね。
そして加藤さんに己の煩悩を次々に告解するもこっち、まるで教会で懺悔する迷える子羊のようである。今回の舞台がミッション系の大学であることがその背景かもしれない。
しかしもこっちが何を言っても何とも思わない加藤さん、それにうっちーは歯をむき出しにしてマジ嫉妬である。自分だってそんなの何とも思わないのに!と言いたいのだろう。
最後のオチなんだけど、加藤さんが白い目で見ている先はスーハーしてるうっちーか…てかこんな目もするんだな加藤さんw

結局今回はもこっち・加藤さん・うっちーの三角関係が始まったという事なんだろうか。あと、もこっちが真子をガチレズさんと言っているが、加藤さんのほうがよっぽどそうなんじゃないかと思った。
もこっちなんかより加藤さんの方が心の深淵によっぽど仄暗いものを抱えていて(ダークレズとは言わんがw)、加藤さんはそれはもこっちには決して見せる気はないのだろう。もこっちが罪悪感を覚えているなら、自分の方がずっと表と裏の二面性の差が大きくて、遥かに重い「罪」を抱えているけど、でもそれは全然罪なんかじゃないと思っているのでは。
そしてもこっちは、加藤さんが自分の変態告白を何とも思わなかったことで、加藤さんは自分よりずっとどす黒い感情を抱えているのではという真相に行きついてしまうのではないかと思う。

今回はページ数をかなり費やしたけど、ここから先の加藤さんともこっちの関係を見ていきたいと思った。久々に拝めたポニテもこっちが可愛かったのでそれは良し。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事