Ferkelstall

ご無沙汰しております (^^ゞ

グルメ

[ リスト | 詳細 ]

日々のおつまみやドイツで買える美味しいもの
記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

寒麹を仕込みました

今日はカトリックのお祭り、Fronleichnam 聖体の祝日でバイエルン州は祝日でした。
他のドイツの州では平日らしいですね。
 
で、ちびにゃーの誕生日プレゼント第○弾として遊園地へ行ってきてヘロヘロのにゃーです。
 
前置きはさておき、3週間ほど前にスイスからとあるブツを取り寄せました。
イメージ 1
 
こちらです。
 
何かお分かりになりますか?
 
お手製米麹(生) 1.7kg
 
スイスでお味噌や米麹を手作りなさっている
日本人の方がいらっしゃるので、今回初めて注文してみました。
 
隣国からのお取り寄せとは言え、
郵送に1週間もかかり、更に税関に引っかかり、と大変な目に遭いました。
腐っていなくて本当に良かった!
 
イメージ 2
まずは試してみたかった塩麹を仕込んでみました。
 
こちらは完成まで1週間ほどなので、すぐに楽しめます♪
 
画像は有りませんが、味噌も仕込んでおきました。
 
味噌は仕上がりが柔らかくなってしまったので
ちょっと不安ですが、どうなるでしょうね??
 
イメージ 3こちらが秋田が誇る発酵食品、寒麹です。
 
安藤醸造元さんの寒麹なども有名ですよね。
 
もち米を使うレシピなどもあるようですが、
今回はうるち米で作るレシピを採用してみました。
 
6合ほど仕込んでおいたので、出来上がったら色々楽しめると思います。
 
本来なら寒の時期に仕込むものなので、
しばらくは冷蔵庫で保存しておきます。
 
出来上がりの目処は約半年後、米粒がとろりとしてきたらOKです。
 
野菜にちょっとまぶしておくだけでとっても美味しい漬物が出来上がる、魔法のような寒麹。
今から出来上がりが楽しみです。
 
今回初めて試してみた塩麹もなかなかに素晴らしい調味料でしたが、寒麹にはちょっと負けるかな〜
と思うのは秋田人の贔屓目からでしょうか?
 
初めて仕込んでみた寒麹、美味しくできたら改めてレシピを載せておきますね。
 
 
肉をがっつり食べたいッ!!
 
そんな欲求を満たしてくれるドイツごはんシリーズ第一弾です。
イメージ 1最近ヴァイデンの知り合いから聞いた
Salzbraten 塩焼き
という耳慣れないお料理。
 
早速作ってみました!
 
用意するのは基本的に
肉塊&大量の塩のみ
 
後はオーブンに入れて焼くだけ。
知り合いから聞いたレシピは以上!
 
ちと豪快すぎやしないかい?
 
という訳でアレンジしてみました。
イメージ 2今回用意した肉塊はロース肉でしたが、
おススメは適度に脂の混じった
肩ロース肉です。
 
天板にアルミホイルを敷き、塩を肉の大きさに合わせてたっぷりと敷きます。
 
肉1キロに対して塩1キロの割合です。
 
ローズマリー、キャラウェイ、粉末パプリカ、塩コショウをサラダ油に入れて混ぜます。
 
ニンニクがお好きな方はこちらにすりおろしにんにくをたっぷりと加えても美味しいでしょうね〜
 
これをたっぷりと刷毛で肉塊に塗ります。イメージ 3
お次はちっとも辛くないドイツのマスタードの出番です。
 
こちら、塗っても塗らなくてもOKです。
 
塗る場合は肉塊にたっぷりと塗りたくって下さいね。
 
バターナイフでこてこてっとのせていくような感じです。
 
イメージ 4
こんな感じでオーブンに入ります。
 
余熱は無しでOK!
 
ファン機能つきで170度
無しだと180度〜190度です。
 
肉の大きさによりますが、
基本的に肉1キロにつき1時間と見ておきましょう。
 
今回使用した肉塊は1.5キロ強のものでした。
 
ついでに肉塊の周りに途中でジャガイモを
のせて焼いてみました。
イメージ 5
焼き上がりはこんな感じです。
 
下の塩は肉汁&脂を吸ってカチンコチンに
なっています。
 
オーブンから取り出してしばらく置いて
肉汁をなじませます。
 
イメージ 6
切り口はこんな感じ。
 
長時間焼いてもジューシーです♪
 
塩に面した下部もちっとも塩辛くないですよ。
むしろもっと塩がきいていても良いくらい。
 
熱々をメインで頂いても良し、
翌日に冷めたものをコールドミートとして
頂いても良しです。
 
付け合せとしては
生野菜たっぷりサラダ
バケット+ハーブバター
 
をおススメします。
 
天板にアルミホイルを敷いておくと片付けもラクですよ。
カチンコチンの塩をアルミごと捨てるだけ♪
 
簡単なのに見栄えもして肉を食べた満足感もあるのでおもてなし料理におススメです。
 
がっつりお肉を食べて『たまにはたんぱく質摂取も必要よね〜』と一家で大満足。
 
因みにヴァイデンは田舎なので、ミュンヘンよりも物価が安いです。
お肉も安いので、肉塊が食卓に上る回数が増えたかもしれません。
 
これに比例して余計な肉塊が身体についたりして。。。。。(>_<)
 
お肉の特売があったら是非試してみて下さいね〜
 
それでは楽しい週末を♪
 
 
 
 
 

初 栗ご飯

ようやく 茹で栗&焼き栗三昧にもひと段落つきまして 初 栗ご飯♪
イメージ 1
前夜は うちのドイツ人、にゃー、ちびにゃーと
3人がかりで渋皮剥き。
 
にゃーこれって完全な家内制手工業だね』
うちのドイツ人『年に一度でお願いします。』
 
栗嫌いのうちのドイツ人ですが
栗ご飯だけは大好きなようで、いつも皮むきを手伝ってくれます。
 
さて、栗ご飯に満足したにゃーでしたが
翌日懲りずに焼き栗をキッチンで貪っていると
 
うちのドイツ人『また栗、食べているの?』
にゃー『。。。。もぐもぐ。』
 
うちのドイツ人『何だっけ?スペインの栗ばかり食べている動物。』
にゃー『。。。イベリコ豚?』
うちのドイツ人『そう、それ!』
 
ついにイベリコ豚にまで昇格(?)したにゃーは、これに懲りずに再び栗を買ってきてやろうと心に誓ったのでした。
 
今週も週半ばになりましたね。
後半も元気に頑張りましょう〜〜♪
 
 
 
 
 
 

ドイツ風チーズケーキ

ストーブのお世話になる毎日が続いているヴァイデンです。
日中も15度以下、最低気温はマイナス突入!というバイエルン地方。。。
ですが爽やかな秋晴れが続いています。
 
うちのドイツ人、仕事絡みでよくケーキなどを頂きます。
先日もお手製ケーキ盛り合わせを頂いて皆で二日間ほど楽しませて頂きました。
 
ヴァイデンに限らず、田舎にお住まいのドイツ人(特にご年配)の方たちはケーキを作るのがお上手なんですよ。
 
お手製ケーキに刺激されてか今週はドイツ風チーズケーキを焼きました。
イメージ 1
 
ドイツ風チーズケーキはNYチーズケーキ等と違ってクリームチーズ無使用ですので
低カロリーなのが何よりも嬉しいところです♪
 
今回はドイツ風チーズケーキに加える
定番フルーツみかん(缶詰)を
生地に散らして焼きました。
 
焼きあがった後に
みかんの缶汁とりんごジュースで作った
ナパージュ(艶出し)をうってあります。
 
イメージ 2
切り口はこんな感じ。
 
みかんの他にもアプリコットやレーズンなども良く合います。
 
こちらのチーズケーキ、ドイツ語では
Käsekuchen ケーゼクーヘン
といいます。
 
ケーゼはチーズ、クーヘンはケーキという意味ですのでそのまんまの名前ですね(^^ゞ
 
アレコレとレシピを試していたのですが、
最近こちらのレシピに出会ってからは
専らこのレシピに落ち着きました。
 
日本では入手不可能な材料(Magerquark)を使用するので代替品(水切りヨーグルト)で実験してみる必要アリです。
もしかして今だと日本でもクヴァークって売られているのかしら??
 
とりあえずオリジナルレシピはこちら。
 
ドイツ風チーズケーキ 26cm型
 
生地用
・薄力粉  200g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・バター 75g
・砂糖  75g
・バニラシュガー 1袋(7g)
・卵 1個
 
チーズクリーム用
・Magerquark 750g 水きりヨーグルトで代用
・砂糖 150g
・卵黄 4個
・卵白 4個
・バニラシュガー 1袋
・レモン皮すりおろし 1個分 
・コーンスターチ 60g
・牛乳 250ml
 
1.生地の材料を順番にボウルに入れて混ぜひとつにまとめる。
 
2.生地を半分に分けて、一つは型の底に伸ばし、もう半分は細長くソーセージ状に成形してから型の周りに置いてからぎゅっと指で押してはりつける。型の周り5cm位の高さになるように指で生地を押しながら伸ばす。
 
3.卵白をボウル(中サイズ)に入れて泡立てる。砂糖を3回に分けて加えてしっかりしたメレンゲを作る。
 
4.大ボウルにQuark(水切りヨーグルト)、卵黄、バニラシュガー、レモン皮すりおろしを入れて泡だて器で混ぜる。
 
5.コーンスターチと牛乳を加えてなめらかになるまで混ぜる。
 
6.メレンゲをチーズ生地に加えてさっくりと混ぜて型に流す。
型の底を叩いて空気を抜いてからオーブンへ。
 
7.175度のオーブンで70分焼く。*ファン機能付きオーブンは160度
 
8.焼きあがったらすぐにナイフを型の周りに差込み型から生地を外す。
 
9.オーブンに戻して冷ます。
 
*生地作りは多少こねても構いません。冷蔵庫で冷やす時間も無しです。
 
*焼いている途中で盛り上がってきたらケーキをオーブンから出して盛り上がりがおさまるまで待ち、再びオーブンに戻して焼きます。(必要に応じて何度か繰り返します)
 
*焼き上がりすぐに型の周りにぐるりとナイフを入れるのを忘れないこと
 
ポイントといっては以上です。
 
砂糖の量は極力抑えているのでこれ以上少なくするとイマイチなお味になるかもしれません。
フルーツは、さくらんぼ、みかん、アプリコットなど缶詰系が良く合います。
 
食欲の秋、栗の食べすぎでエライことになっています。。。。いやコレは栗だけじゃありませんね。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にゃーの栗好きは恐らくご存知の方もいらっしゃるでしょうが、遂にドイツにも栗が上陸いたしました〜〜〜!!
(*^^)v
イメージ 1今年お初の栗ゲットです♪
お隣の国おフランス産の栗ですな。
 
とりあえず3袋ほどまとめ買い(*^^)v
 
まずは茹でて頂きました。
これまた栗好きのちびにゃーとの栗バトルでした。
 
第2日目は焼き栗に。。。。
栗バトル第2回戦。
 
うちのドイツ人は栗が好きではありませんので傍観者です。
 
でも一応、手元の栗を防御しながら(←ココ重要です!!)
 
にゃー『栗。。。。食べる???』
うちのドイツ人『要らない。食べて食べて。』
にゃー『。。。。。^m^』
 
残るは一袋。。。。煮るべきか焼くべきか、それとも栗ご飯。。。。
このままでは栗ご飯にたどり着く前に消費してしまうので、うちのドイツ人の仕事帰りに追加で2袋買ってきてもらいました。
 
そしてその夜、1袋を茹で栗にしてこっそり一人キッチンで貪り食べているところをうちのドイツ人に目撃されてしまったにゃーです。
 
うちのドイツ人に目撃されていなかったらきっと一人で完食していたことでしょう〜〜恐ろしい〜〜(^_^;)
 
あとの2袋こそ絶対に栗ご飯に!!!
 
にしても2日で栗を1,5キロ消費って。。。。。どんだけ?
 
『いや〜〜〜虫食いが多かった〜〜
と、うちのドイツ人には言っておきました♪
イメージ 2
 
あ、こちらにもはまっている人が。。。。
 
豆にゃーは最近オブラーテンにはまってしまいました。
 
オブラーテンを食べていると
 
『あむ、あむ!』
 
とおねだりしてきます。
 
そのうち豆にゃーも栗デビューして栗バトルに参戦するようになるんでしょうかね〜
 
食欲の秋、くれぐれも食べすぎ用心ですね。。。。
 
 
 

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事