●その後のユーロ円はエントリーポインの第一レベル40pipsと最安値から50%の戻りがありましたので20〜30pips間隔でのナンピンなら時間がかかりましたが利確出来てる様です.。



イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ロンドン外為22日 円 対ドル、対ユーロで急伸 景気先行きを警戒 

【NQNロンドン】22日のロンドン外国為替市場で円相場は急伸した。英国時間16時時点では、前日21日の同時点と比べて1円10銭円高・ドル安の1ドル=109円70〜80銭と、日中の高値水準だった。

欧米の経済指標の低下を受けて、世界的な景気減速に対する警戒感が高まり「低リスク通貨」とされる円買いが強まった。午後に一時109円75銭付近と2月11日以来約1カ月半ぶりの円高・ドル安水準を付けた。

同日朝方に相次いで発表になったユーロ圏やドイツ、フランスの3月の製造
業購買担当者景気指数(PMI)が軒並み市場予想を下回ったことに加え、
午後には米国の3月PMIも低下し、世界的な景気の先行きが懸念された。
●以下のチャート設定は移動平均100 第1レベルライン40 60 80pips
のチャート設定になります。ユーロドルは第2レベルでのエントリーでしたの
で何とか利確出来てますがユーロ円は第3レベルライン80pipsでのエントリー
では利確出来てますが40pipsラインではフィボナッチ数列23.6%の戻りしか
ありませんので利確出来てないです。
●指標発表時にはユーロ系通貨ペアでもレベルラインの広いチャート設定
EAを暫く停止するなどの対応が非常に重要です。

イメージ 1

イメージ 2

●ユーロドルは前日の急上昇から180pips程度下落 上下のレベルラインで
エントリーする比較的大きな動きになってます。

イメージ 3


この記事に

開く コメント(0)

●20日のドル円はFOMCの発表を受けて100pips程度の下落 ユーロドルは上昇しました。
第1レベルライン50pipsでのエントリー もしくは25pips間隔ナンピンなら利確出来てますが以下のチャートの通常の第一レベル40pips 30pips間隔ナンピンでは利確出来てないようです。ドル円は特に戻りも少ない様です。


●普段の値幅の少ないドル円 ユーロドルですが重要指標時には最低第一レベル50pipsのチャートに変更する事をお勧めします。 通常値幅の少ない通貨ペアの場合15〜20pips間隔でのナンピンが良い場合が非常に多いです。



イメージ 1

●ユーロドルはその後エントリーポイン迄大きく戻してまがドル円はその後も戻りはない相場状況です。


イメージ 3



イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

●12日のポンド円は離脱決議に関するファンダメンタル要因を利用した仕掛け的な動きで30分で290pips下落その後1時間でフィボナッチ数列61.8%戻す大きな動きがやはりありました。通常のレベルライン50pips 30pips間隔ナンピンチャート設定ではナンピン4回で利確出来てます。暫くはこの様な動きが予想されますのでヨーロッパ
タイム以降は注意が必要です。



イメージ 1


イメージ 2

●13日のポンド円は100pips程度の急上昇がありましたがレベルライン50pipsのエントリーポイン迄戻ってますので30pips間隔ナンピンなら問題なく利確出来てます。



イメージ 3

●14日のポンド円 ポンドドルもレベルライン50pips辺りでの反転が多い様です。



イメージ 5






●以下のテストデーターは2015〜2019年の直近4年間のポンド円 第一レベル60pips 30pips間隔無制限ナンピン 初回ポジショニング0.01Lot トレーリング10pips 損切り設定なしのテストデーターになります。
初回ポジショニング0.01でもドローダウンが25%と大きいので重要指標はEAを停止するなどの裁量判断が非常に重要になります。






イメージ 4




この記事に

開く コメント(0)

●11日のポンド円は要人発言を受けて140pipsの急上昇しましたが50%の戻りがありましたのでレベルライン50pips 30pips間隔ナンピン設定では問題なく利確出来てます。事前に予想されていたのでレベルライン500pips程度迄のチャート設定をしてましたが通常の設定でも対応可能な動きでした。

★★★13日の深夜にも離脱に関する議会決議があるので大きく動く可能性があるので注意が必要です。


イメージ 1

●以下のチャートは昨日のHot Forex での ポンド円 移動平均50 右から第一レベル50 70 90pips 20〜30pips間隔ナンピンのチャート設定になります。要人発言が予想されてましたので他の業者では第一レベル90pips〜500pips迄設定してましたがそれ程大きな動きではなく通常の指標発表程度の動きでした。逆張りナンピンでの運用はポンド系通貨ペアでの運用をおすすめします。大きく乖離した場合は短期間で相場が下のチャート画像のようにある程度戻る事が多いのでトレーリング決済ではなくブルーのMAでの全決済をレベルライン50〜70pips以上のチャートでは設定する事で利益を大幅に伸ばせます。

イメージ 2


イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事