6月14日のポンド円

●14日のポンド円は非常に乖離幅の少ない緩やかな下降トレンドでした。以下のチャートは移動平均
100レベルライン15pipsでギリギリエントリーする相場状況で深夜の時間帯は10pipsの乖離幅での推移
になってます。ある程度の戻りを挟んでの推移でしたのでニューヨークタイム前半はレベルライン15pips後半は10pipsでも利確出来てますがスプレッドを差し引くと1回の利益は数pipsですが全勝してますので
この設定ではトータルで30〜50pips程度の利益は出てます。



イメージ 1

開く コメント(0)


●6月10日のマーケットオープンは多くの通貨ペアで窓開けからのスタートになってます。移動平均100 レベルライン30pips スプレッドフィルター7pipsのチャート設定
でカナダ円 ドルカナダで海外業者 タイタン XM Hot Forex全てエントリーしてる様ですがトレーリング開始直後の10pips程度で利確されてる様です。


イメージ 1




★★★おすすめのポイントサイトになります。国内口座開設 カード作成 ネットショピング等色々なサービスの
利用でポインがたまります。以前のポイントサイト全盛期時代の専用サイトでの紹介者の利用者が多いので現在でも月数万円〜10万円程度の収入はあります。全盛期は毎月7桁以上の収入がありましたが現在はホームページも閉鎖 自身の通常の利用だけですがまだ利用していない方もおられるかもしれません


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布


モッピー!お金がたまるポイントサイト




開く コメント(0)

6月7日の各通貨ペア

7日の各通貨ペアはロンドンタイム以降もポンド円では移動平均100レベルライン30pipsでもエントリーが無い相場状況です。ユーロ円ではレベルライン15pipsでギリギリエントリーしてる様です。ポンド円 ポンドドルはレンジ推移ですのでナンピン設定
ではどこでエントリーしても問題なく利確出来てます。


●雇用統計を受けてドル円の下落 ユーロドルの急上昇がありましたがレベルライン40pipsでのナンピン設定ならドル円では問題なく利確 ユーロドルもフィボナッチ数列23.6% エントリーポイントから50%の戻りがありましたのでナンピンの値幅が余り広く無い限り微損か微益で逃げれてます。

★★★この様な乖離幅の少ない相場状況でレベルライン15pips程度でのナンピン設定する場合は値幅も10pips間隔〜15pips間隔がおすすめですが突然大きく乖離する事もありますのでナンピン回数は2回程度で複数のレベルラインの広いチャート設定をロットを上げて3チャート以上設定する事をおすすめします。



イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5




開く コメント(0)

5月31日の各通貨ペア

●以下のチャートは移動平均100 ポンド円 ポンドドル 第一レベル30pips ユーロ円 ユーロドル第一レベル
20pipsのチャート設定になります。ユーロ円が40pipsの乖離がありましたがそれ以外はポンド円でも30pipsの乖離が最大です。

●この様な相場状況では移動平均100 レベルライン20 30 40pips ナンピン値幅15〜20pips間隔でも十分可能ですがナンピンの回数は2〜3回程度にする事をおすすめします。

●下のチャートのドル円はレベルライン20pipsで一度エントリーそれ以外は10pips程度の乖離幅しか無い相場状況です。この様な緩やかな乖離幅の少ない下降トレンド相場では順張りバージョンで売りエントリーで対応する事が非常におすすめです。順張りバージョンは利用者は少ないですがトレンドフィルター 両建てナンピン
機能があるのでトレンド相場での押し目買い 戻り売り ブレイクアウトには非常におすすめです。販売はしてませんが逆張りバージョンでの運用実積がある程度ある方のみ送付可能です。




イメージ 1




イメージ 2







開く コメント(0)

5月21日のポンド円 

●21日のポンド円は安値から200pipsの上昇がありましたがフィボナッチ数列61.2%以上の戻りがありましたのでナンピン設定では全て問題なく利確出来てます。ポンド円の場合特別なファンダメンタル要因が無く大きく動いた場合は大きく戻す事が非常に多いので暫く待つ事で利確出来る事が非常に多いです。



イメージ 1

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事