“SONO アクアプランツ ファーム” 水草情報局

栽培栽400種〜 沖縄の水草ファームから水草情報や育て方等をお届けします。アクアライフのお役に立てば幸いです♪(代表:園原信也)

全体表示

[ リスト ]

 スマートフォン・タブレットご使用の際には“PCサイト版の表示”を推奨します

                  → 〜 ボトルアクアリウム (目次)〜

【 ボトルアクアリウムの作り方 
       ・・・・ボトルアクアリウムとは

 ★ボトルアクアリウムの作り方メイクマン様の『File』にご紹介頂きました
 ★ボトルアクアリウムの作り方『キナリノ』様にご紹介頂きました♪

〜 おススメ 〜・・・ ぜひ、プロによる講座の受講を♪
 
 当社開催のボトルアクアリウム講座の受講をおススメします。ボトルアクアリウムに必要なキットが付属し、具体的かつ詳細にノウハウを伝授します。非常に内容の濃い講座です。ボトルアクアリウム独自の理論や奥深さを学ぶことの講座を受講することで、初めてでも確実にボトルアクアリウムを作ることができるでしょう。
 
 ・関連記事 → 講座のお知らせ(一覧)  

〜 最初に 〜・・・ ボトルアクアリウムには定した水温環境が必要です

 ボトルアクアリムの水温は室温に影響されます。育成する水草魚の種類の種類によりますが、一般的な適温の目安として水草は18〜28℃、日本産淡水魚は15〜25℃、熱帯魚は22〜28℃の温度環境が必要です。さらに、温度が乱高下する環境は好ましくなく、出来る限り一定であることが大切です。
 また、水槽でのアクアリウムとは異なり基本的にサイズの小さなボトルアクアリウムではサーモスタット&ヒーターを利用できません。(大きい瓶を使えば小型のヒーターを入れることは可能です。瓶の下に敷くプレートヒーター等、使用できる製品もあります)。そのため、水温環境が一定となる置く場所等を考慮してから(当方ではエアコンで室温を制御しています)、ボトルアクアリウムを楽しみましょう。

                    
 【材料】
◎ 容器・・・・ガラス瓶、コップ、ペットボトル、陶器等
 
 ・水が漏れないこと。
 ・ある程度の容量(0.5L以上を推奨)があること。
  (容器は大きいほど水質が安定します。さらに、底床を厚く敷く事が可能となり、水草を植えやすくなります。)             

イメージ 1
【写真】ボトルアクアリウム用の容器・・・・
ボトルアクアは容器選びも楽しいものです♪

イメージ 3
【写真】ボトルアクアリウム用の容器・・・・
生け花のように一時的に飾って楽しむのであれば、
試験管や小瓶等の小さな容器も素敵です。


◎ 底床(砂利、ソイル)・・・・砂利、砂、水草用のソイル等
   
 ・水草を植栽できるよう、3〜5cmの厚さが必要です。
 ・水草を元気に育てたい場合には、水草用のソイルがおススメです。
  ソイルは水草の生長に必要な適度な養分を含むだけでなく、水質
  を水草の生長に適合した弱酸性の軟水に調整してくれます。
 ・様々な砂利が市販されています。瓶ごとに色や種類を変えるのも
  楽しいものです。
 ・ビー玉やガラス粒等を用いることで、カラフルで爽やかなアクア
  インテリアを演出できます♪

 ・関連記事 → 水草育成用の底床


イメージ 2
【写真】ボトルアクアリウム用の底床・・・・
様々な砂利の種類や色を変えるのも
ボトルアクアリウムの楽しみの一つです。
使用量が少ないため、安価に準備できる点も
ボトルアクアリウムのメリットです♪


◎ 肥料・・・・水草専用の底床肥料(当方ではTetra社イニシャルスティックを愛用)

 ・水草専用肥料は、無駄の無い成分で水草に効率よく吸収されます。
 ・園芸用液肥の場合、成分が強すぎてコケの発生や浸透圧障害に
  よる水草の枯死を招くことがあるため、注意が必要です。

 ・関連記事 → 『底床肥料』

◎ 浮草・水草等・・・・ボトルアクアリムという特殊な環境でも育つ
              丈夫な種類を選ぶことが大切です。

 ・当ファーム“ボトルアクアリウムの水草set”もおススメです。


【作り方】

① 『瓶を用意』
  容器を用意します(上記材料欄をご参照)。

② 『底床を敷く』
 砂利もしくはソイルを、水草を植えることができる厚さ(3〜5cm程度)敷きます。ボトルアクアリウムにおいては、底床が水質浄化を担うため十分な厚さが必要です。

② 『底床肥料の混合』
 ピンセットを使って、底床肥料(当方ではTetra社イニシャルスティックを愛用)を挿入します。量は水1Lに対して1粒程度と少量にします。入れ過ぎはコケの発生原因や底床の嫌気化や腐敗につながる恐れがあります。

※夏季の高水温時には、この段階で底床肥料を混合せずに水草を植栽してから数日後、水草が根を出してから挿入します。最初に入れると高水温と肥料分によってバクテリアが爆発的に発生し、低床内が無酸素状態となり嫌気化する恐れがあるためです。

③ 『市販のバクテリアや種砂を添加する』
  市販のバクテリアや種砂(状態の良い水槽等の底床)を底床に混合します。バクテリアがボトルアクアリウムの水質を浄化してくれます。ボトルアクアリウムにおいての要です。市販のバクテリアや種砂を混合することで、早期に良好な環境が立ち上がります。  
 
  ・関連記事  →  『種砂のススメ』


イメージ 4
【写真】底床を敷く・・・・水草を植栽可能な
厚さに敷きます。この時に種砂か
バクテリアの混合をおススメします。

③ 『水の注入』
  底床をかき混ぜないようにゆっくりと水道水を入れます。よほどカルキが強くない限り、そのままいれても大丈夫です。カルキが強い場合には、市販の観賞魚用塩素中和剤を利用すると良いでしょう。汲みおきの水を入れてもO.K.です。なお、生の水道水には水草の光合成に必要な炭酸ガスが多く含まれるというメリットがあります。(水換え直後に、水草が光合成で酸素を出す様子を観察できます。)

④ 『水草の植栽』
  小さな容器内の細かな作業のため、ピンセットを用いて水草を植栽します。導入する水草は、新鮮で活力のある草体を使って下さい。疲弊した草体では元気に育ちませんし、水草が元気に育つことでボトルアクアリウムの環境が維持されます。当ファームの活力の高い水草は導入に最適です。小さな限られた空間しか無い瓶の中です、水草を欲張って詰め込み過ぎないようにしましょう。

イメージ 5
【写真】水草の植栽・・・・ピンセットを
使って植栽します。水草を詰め込み
過ぎないようにしましょう。

⑤ 『魚や生き物の導入』
  水温が安定してから、魚等の生き物を入れます。アカヒレ(コッピー)やメダカ等、小型で幅広い環境に適応する丈夫な魚がおススメです。ただし、入れすぎは禁物です。水1Lに対してメダカサイズの魚1匹が適度な個体数です。なお、魚等のフンは浄化バクテリアの餌となり、バクテリアの増殖を促してくれます。魚が排出する炭酸ガスが水草の光合成に使われます。そのため初期の段階から魚を入れることが良い環境をつくることにつながります。

⑥ 『置き場所』
 完成したボトルアクアリムを次の様なベストな環境・場所に置きます。
   
 ・基本はクリップライト(LED電球を装着)や蛍光灯等の光で育てます。
 ・直射日光が当たらず、柔らかな間接光が差し込む場所
  (直射日光は強すぎます。強すぎる光はコケの発生を招きます。
   夏の直射日光や西日は水をお湯にしてしまいます。)
 ・薄い布やスダレ越しの柔らかな光が最適です。
 ・気温や水温変化の小さな場所(上記【最初に・・・】ご参照)。
 ・倒れたりしないように、安定した場所。
 ・水がこぼれても問題ない場所(電化製品の上はNGです!)。

 ※ 収れん火災に要注意 ※ 
  ボトルアクアリウムを直射日光の射し込む場所に絶対に置かない
  で下さい!水が入った瓶がレンズの役目をして、日光を一点に集め、
  発火する恐れがあります(収れん火災)。特に太陽高度が低くなる
  冬季には部屋の奥まで直射日光が差し込むため注意が必要です。


イメージ 6
【写真】間接光が差し込むボトルアクアリウム・・・・
適度な光がボトルアクアリウムの命の源です。
ちょうど良い光を得たボトルアクアリウムは
何年にもわたり維持できます。
(写真は設置後約3年経過したボトルアクアリウム)





  ※ 本ブログ中の文章及び写真の無断使用・転載を禁じます。


 水草レイアウトはコレでOK! 内容充実・お得な“水草set”♪ 
\ޥ????\??¼\?\·\?\??򤴤??󤯤??µ??
 SONOアクアプランツファーム ヤフオク支店 



 無料サービスも♪ 今週のお得・おススメ水草情報 → お得情報満載♪ 
イメージ 10



 メールでのご注文も可能です 
イメージ 9



 スマートフォン・タブレットご使用の際には“PCサイト版の表示”を推奨します

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事