“SONO アクアプランツ ファーム” 水草情報局

栽培栽400種〜 沖縄の水草ファームから水草情報や育て方等をお届けします。アクアライフのお役に立てば幸いです♪(代表:園原信也)

-地下茎・束生類(水草図鑑)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


『 糸状の葉をもつ、後景草として最適な水草。繊細な葉が水流になびく様子は美しく、清涼感がある。水草レイアウトの自然感の演出に最適な“使える水草”。』


◎ポイント
 − ヘアーグラスと同じカヤツリグサ科の水草。
 − その草姿からロングヘアーグラス、アンブレラプラントとも呼ばれる。
 − 糸状の葉が縦方向に伸び、先端に小穂をつける。その小穂が芽生し、子株となる。
 − 株分けと小穂で増やすことができる。
 − 底床肥料と十分な光量及び炭酸ガスの添加が有効。
 − 肥沃な底床と弱酸性の水質を好むため、ソイル底床が最適。
 − 伸びすぎた葉や過密になった葉を適度にトリミングするこが、元気に美しく育てるポイント。

イメージ 1
【写真】エレオカリス ビビパラ(水中葉)・・・・
細く伸びる葉と先端につく小穂が特徴の
水草です。水草レイアウトの後景や石組み
水景にも良く合う“使える水草”です。


◎ 水中葉

−特徴(分布・形態・サイズ・色彩等)
 東南アジアの湖沼や河川等に生育するカヤツリグサ科の沈水〜抽水植物です。
 糸状の葉(正確には葉ではなく“稈(カン)”という棒状の茎)をもち水面に向かって葉を伸ばします。他の水草にない細く柔軟な葉は、ソフトな縦のラインを演出してくれます。さらに、水流になびく様は美しく清涼感があります。水草レイアウトに役に立つ水草として人気が高い水草です。同科のヘアーグラスの葉を長くしたような草姿から、“ロングヘアーグラス“とも呼ばれます。草丈は環境によりますが、おおむね20〜50cmです。
 一番の特徴は、葉の先端付近に小穂をつける点です。その小穂が発根して子株となり増殖します。水槽内でも小穂を良く付けます。その小穂を切り取って植えることで増やすことができます。なお、先端に小穂をつけた草姿が開いた傘の様に見えることから、別名“アンブレラプラント”とも呼ばれます。
 また、本種はヘアーグラスの様には地下茎を伸ばしません。株自体が大きく生長し、株分けでの増殖もできます。

イメージ 4
【写真】エレオカリス ビビパラ(水上葉)・・・・
葉の先端に小穂を付け、
芽生して子株になります。

−育生方法
 育成は比較的容易です。本来繁殖力が旺盛な植物なため、環境が適合すれば良く増えます。育成のポイントは、十分な底床肥料と光量、そして炭酸ガスの添加にあります。根からの養分吸収に頼る水草のため、肥沃な底床(ソイル底床や底床肥料を混合した砂利等)が必須です。明るい環境を好み、暗い環境では衰弱します。弱酸性の水質を好み、ソイル底床の使用が最適です。丈夫な水草のため、底床肥料を混合した砂利底床でも育生は十分に可能です。
 ・関連記事 → 『底床:ソイル』 
 ・関連記事 → 『底床肥料』

−管理上の注意点
 葉の先端が水面まで伸びた後には、葉を水面に寝かせるように生長します。さらに、葉の先端に小穂を付けるため、伸びた葉が絡み合う様になります。こうなると観賞価値が下がるだけでなく、光量不足で草体が衰弱してしまいます。また、小穂を付ければ付けるほど、親株は痩せてしまいます。
 管理方法として、ハサミを使って伸びた葉を適度にトリミングする事がポイントです。過密に育った場合には、根元からすきバサミを入れ様にトリミングします。そして、指やピンセット等を使ってクシの様にとかして絡まり合った葉をほぐすと、本来の水流に揺れるような美しさを維持することができます。


イメージ 2
【写真】エレオカリス ビビパラ(水中葉)・・・・
繊細で柔軟な糸状の葉がレイアウトに
清涼感を与えてくれます。

イメージ 3
【写真】エレオカリス ビビパラ(水中葉)・・・・
伸びすぎて、さらに小穂を付けた葉が
絡みやすいため、適度なトリミング
管理が重要です。

◎ 水上葉

−特徴(分布・形態・サイズ・色彩等)
 本種の水上葉は水中葉とほぼ同じ形態をもちます。
 日当たりが良い温暖な気候を好みます。暖期には良く育ち、株を太らせます。繁殖力がとても強く、前述の様に葉の先端に付ける小穂を地面に着けて良く増えます。この増殖形態は、カヤツリグサ科の植物に特徴的なものです。日本の水田等に生育するハリイ(カヤツリグサ科)にもみられます(下写真参照)。葉が倒れて地面に接すると、小穂が発根して子株になるという合理的な増殖形態です。

イメージ 5
【写真】エレオカリス ビビパラ(水上葉)・・・・
水上葉は水中葉とほとんど同じ形態
もちます。

イメージ 6
【写真】エレオカリス ビビパラ(水上葉)・・・・
温暖で日当たりの良い環境を好み、
夏季には良く繁茂します。

イメージ 7
【写真】ハリイ・・・・日本の水田等に生育する
抽水植物です。水田雑草としてメジャーな
存在です。エレオカリス ビビパラと同様で
葉の先端に小穂を付け、芽生して子株に
なります。ハリイは水中葉を持たないため
アクアリウムではなく、ミニビオトープ
適した水生植物です。


・流通名:エレオカリス ビビパラ/アンブレラプラント/ロングヘアーグラス
・学 名:Eleocharis vivipara
・和 名:−
・科 名:カヤツリグサ
・分 布:東南アジア
 
・底 床:砂利〜ソイル
・光:中(60W/60cm水槽)
・炭酸ガス:必要
・水 質:弱酸性〜中性/中硬水

難易度:中級
ポジション:中〜後景
 

【近似種】
【参考文献】
アクアライフ編集部(編).2013.AQUA PLANTS.No.10.月刊アクアライフ増刊.(株)エムピージェー.
廣田伸七(編).1996.ミニ雑草図鑑.全国農村協会.




『琵琶湖原産の葉がねじれるユニークなバリスネリア。

◎ポイント

 − 琵琶湖原産で和名は『ネジレモ』。
 − 葉がスクリューのようにねじれる。
 − 葉がねじれるバリスネリアは本種以外にもあり、
   同名で複数種が流通しているようだ。
 − 非常に丈夫で、育成容易。ランナーを伸ばし良く増える。
 − 炭酸塩硬度が高めで中性〜弱アルカリ性の水質を好むため、
    ソイルよりも砂利の方が良く育つ。

イメージ 1
【写真】スクリューバリスネリア・・・スクリュー状に
ねじれた葉をもつユニークな水草です


◎水中葉

  和名をネジレモといい、琵琶湖に自生する沈水性多年草です。
  葉長は30cm程度、葉幅は約5〜10mmのねじれたテープ状の
 葉を持ちます。なお、このように葉がらせん状にねじれる性質は
 本種だけのものではなく、同名で複数種が流通していると言います。
  丈夫で環境適応範囲が広く、最も育成容易な水草の一つです。
 ランナーを伸ばし、次々に子株を作りよく繁茂します。
 十分な光量下で炭酸ガスを添加し底床に底床肥料を混合することで
 より美しく元気に育ちます。
  葉長は多くの場合30cm未満と比較的短く、他のバリスリアのように
 葉を水槽の高さ以上伸ばすということはあまりありません。
 

イメージ 2
【写真】スクリューバリスネリア・・・葉長は最大30cm
程度で、長く伸びすぎた葉が水面でとぐろを巻く
ようなことはあまりありません


  多くの水草の場合、ソイルを使うと生長が早くなりますが、 
 バリスネリアの仲間は逆に生長が遅くなる場合があります。特に
 新品のソイルを用いた場合顕著になります。これは、本種を含む
 バリスネリアの仲間の多くが、若干の硬度と中性〜弱アルカリ性の
 水質を好むためです。ソイルを用いると、その弱酸性・軟水化効果に
 よって生長が抑制されてしまうのです。そのため本種は、大磯砂等
 の砂利や砂の方が良く育つ傾向にあります

   
イメージ 3
【写真】バリスネリアの仲間・・・左からスクリューバリスネリア(本種)
バリスネリア スピラリスバリスネリア レッド
タイガーバリスネリア、ジャイアントバリスネリア。
この写真のスクリューバリスネリアは若い株で、
小さ目です。

イメージ 4
【写真】バリスネリアの仲間の葉・・・スクリューバリスネリア(本種)
葉はラセン状にねじれます
※葉長は生育状況によって異なるため、原則として
葉の長さは種の判別には役に立ちません。


◎水上葉
    
   本種は沈水植物のため水上葉を作りません。


【水草データ】 →(水草データの凡例)

  流通名:スクリューバリスネリア/ネジレモ/シャミセンモ
  学 名:Vallisneria asiatica
  和 名:ネジレモ
  科 名:トチカガミ科
  分 布:日本
 
  底 床:砂利(底床肥料が必須)
  光:中(60W/60cm水槽)
  炭酸ガス:無添加でも育成可能
        (添加により色濃くなり、生長が早まります)
  水 質:弱酸性〜中性〜弱アルカリ/中硬水

  難易度:入門
  ポジション:中〜後景


【近似種】



 ・コークスクリューバリスネリア Vallisneria tortissima
 ・バリスネリア アメリカーナ/ジャイアントコークスクリューバリスネリア
     /アメリカネジレモ Vallisneria americana

 ・バリスネリア ナナ Vallisneria nana

 ・バリスネリア カウレッセン Vallisneria caulescens



   ※ 本ブログ中の文章及び写真の無断転載を禁じます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


『赤みを帯びるバリスネリア。
  丈夫で育成容易、最も丈夫な水草の一つ。』

◎ポイント

 − 赤みを帯びるバリスネリアの仲間。
 − 葉幅がやや広く、葉縁の鋸歯が目立つ。
 − 非常に丈夫で、育成容易。ランナーを伸ばし良く増える。
 − 炭酸塩硬度が高めで中性〜弱アルカリ性の水質を好むため、
    ソイルよりも砂利の方が良く育つ。

イメージ 1
【写真】バリスネリア レッド/バリスネリア ルブラ・・・
葉が赤みを帯び、葉縁に明瞭な鋸歯を持ちます


◎水中葉
   
  葉長は約50cm、葉幅は約10〜12mmに達するテープ状の葉を持ちます。
 葉が赤みを帯びること、葉幅がやや広く、葉縁にトゲトゲとした
 鋸歯を持つ点が特徴です。
  丈夫で環境適応範囲が広く、最も育成容易な水草の一つです。
 ランナーを伸ばし、次々に子株を作りよく繁茂します。
 十分な光量下で炭酸ガスを添加し底床に底床肥料を混合することで
 より美しく元気に育ちます。
  密生するとテープ状の葉を水槽の高さ以上に伸ばし、水面に葉を
 なびかせて光を遮ってしまいます。その場合、適宜ハサミでカット
 する事が大切です。なお、カットする際には葉に対して斜めにハサミを
 いれることで、先端が尖った形となり自然な見た目を損ないません。



  多くの水草の場合、ソイルを使うと生長が早くなりますが、 
 バリスネリアの仲間は逆に生長が遅くなる場合があります。特に
 新品のソイルを用いた場合顕著になります。これは、本種を含む
 バリスネリアの仲間の多くが、若干の硬度と中性〜弱アルカリ性の
 水質を好むためです。ソイルを用いると、その弱酸性・軟水化効果に
 よって生長が抑制されてしまうのです。そのため本種は、大磯砂等
 の砂利や砂の方が良く育つ傾向にあります

  なお、バリスネリア レッド/バリスネリア ルブラと呼ばれる水草
 には、ジャイアントバリスネリアの変種であるVallisneria gigantea var.rubra
 Vallisneria natans 等の数種が流通している可能性があります。
 詳細は不詳ですが、本記事で紹介しているバリスネリア レッドは
 前種の方に該当すると思われます。 

   
イメージ 3
【写真】バリスネリアの仲間・・・左からスクリューバリスネリア、
バリスネリア スピラリスバリスネリア レッド(本種)
タイガーバリスネリア、ジャイアントバリスネリア。
この写真のバリスネリア レッドは若い株で、
小さ目です。

イメージ 4
【写真】バリスネリアの仲間の葉・・・バリスネリア レッド(本種)の
葉は赤みを帯びます
※葉長は生育状況によって異なるため、原則として
葉の長さは種の判別には役に立ちません。


◎水上葉
    
   本種は沈水植物のため水上葉を作りません。


【水草データ】 →(水草データの凡例)

  流通名:バリスネリア レッド/バリスネリア ルブラ
  学 名:Vallisneria gigantea var.rubra
       (Vallisneria natans という種類も存在?)
  和 名:−
  科 名:トチカガミ科
  分 布:東南アジア
 
  底 床:砂利(底床肥料が必須)
  光:中(60W/60cm水槽)
  炭酸ガス:無添加でも育成可能
        (添加により色濃くなり、生長が早まります)
  水 質:弱酸性〜中性〜弱アルカリ/中硬水

  難易度:入門
  ポジション:中〜後景


【近似種】



 ・コークスクリューバリスネリア Vallisneria tortissima
 ・バリスネリア アメリカーナ/ジャイアントコークスクリューバリスネリア
     /アメリカネジレモ Vallisneria americana

 ・バリスネリア ナナ Vallisneria nana

 ・バリスネリア カウレッセン Vallisneria caulescens



   ※ 本ブログ中の文章及び写真の無断転載を禁じます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


『大型のバリスネリア。
  丈夫で育成容易、最も丈夫な水草の一つ。』

◎ポイント

 − 大型になるバリスネリアの仲間。
 − 非常に丈夫で、育成容易。ランナーを伸ばし良く増える。
 − 炭酸塩硬度が高めで中性〜弱アルカリ性の水質を好むため、
    ソイルよりも砂利の方が良く育つ。
 − 葉幅・葉長とも大きいため、大型水槽に向いている。

イメージ 1
【写真】ジャイアントバリスネリア・・・
葉長50〜150cm、葉幅1〜2cmになる
大型のバリスネリアです。


◎水中葉
   
  葉長は約150cm、葉幅は約2cmに達するテープ状の葉を持ちます
 一般的なバリスネリアと比較して、葉の幅も長さも一回りも二回りも
 大きな点が特徴です。
  丈夫で環境適応範囲が広く、最も育成容易な水草の一つです。
  ランナーを伸ばし、次々に子株を作りよく繁茂します。
 十分な光量下で炭酸ガスを添加し底床に底床肥料を混合することで
 より美しく元気に育ちます。
  密生するとテープ状の葉を水槽の高さ以上に伸ばし、水面に葉を
 なびかせて光を遮ってしまいます。その場合、適宜ハサミでカット
 する事が大切です。なお、カットする際には葉に対して斜めにハサミを
 いれることで、先端が尖った形となり自然な見た目を損ないません。


イメージ 2
【写真】ジャイアントバリスネリア・・・密生したり、
弱光量環境では、葉を伸ばして水面にとぐろを
巻いた状態になります。光を遮ってしまうため、
水面の高さ付近で葉をカットします。


  多くの水草の場合、ソイルを使うと生長が早くなりますが、
 バリスネリアの仲間は逆に生長が遅くなる場合があります。特に
 新品のソイルを用いた場合顕著になります。これは、本種を含む
 バリスネリアの仲間の多くが、若干の硬度と中性〜弱アルカリ性の
 水質を好むためです。ソイルを用いると、その弱酸性・軟水化効果に
 よって生長が抑制されてしまうのです。そのため本種は、大磯砂等
 の砂利や砂の方が良く育つ傾向にあります
   
イメージ 3
【写真】バリスネリアの仲間・・・左からスクリューバリスネリア、
バリスネリア スピラリスバリスネリア レッド、
タイガーバリスネリア、ジャイアントバリスネリア(本種)。
この写真のジャイアントバリスネリアは若い株で、
小さ目です。

イメージ 4
【写真】バリスネリアの仲間の葉・・・ジャイアントバリスネリア(本種)は、
他に比べて葉幅が広くなります。また、環境によっては
赤みを帯びることもあります。
※葉長は生育状況によって異なるため、原則として
葉の長さは種の判別には役に立ちません。


◎水上葉
    
   本種は沈水植物のため水上葉を作りません。


【水草データ】 →(水草データの凡例)

  流通名:ジャイアントバリスネリア
  学 名:Vallisneria gigantea
  和 名:−
  科 名:トチカガミ科
  分 布:フィリピン、ニューギニア
 
  底 床:砂利(底床肥料が必須)
  光:中(60W/60cm水槽)
  炭酸ガス:無添加でも育成可能(添加により生長が早まります)
  水 質:弱酸性〜中性〜弱アルカリ/中硬水

  難易度:入門
  ポジション:中〜後景


【近似種】


 ・コークスクリューバリスネリア Vallisneria tortissima
 ・バリスネリア アメリカーナ/ジャイアントコークスクリューバリスネリア
     /アメリカネジレモ Vallisneria americana

 ・バリスネリア ナナ Vallisneria nana

 ・バリスネリア カウレッセン Vallisneria caulescens



   ※ 本ブログ中の文章及び写真の無断転載を禁じます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


『バリスネリア類の基本種。
   丈夫で育成容易で良く増える
      入門用におススメの良草。』

◎ポイント

 − バリスネリア類で最もメジャーな種類。
 − 非常に丈夫で、育成容易。ランナーを伸ばし良く増える。
 − 炭酸塩硬度が高めで中性〜弱アルカリ性の水質を好むため、
    ソイルよりも砂利の方が良く育つ。

イメージ 1
【写真】バリスネリア スピラリス・・・育成容易で
良く増え、入門用に最適な水草です。

◎水中葉
   
  葉幅約5mm、葉長50cm以上になるバリスネリアの仲間です
  丈夫で環境適応範囲が広く、最も育成容易な水草の一つです。
  ランナーを伸ばし、次々に子株を作りよく繁茂します。
 十分な光量下で炭酸ガスを添加し底床に底床肥料を混合することで
 より美しく元気に育ちます。
  密生するとテープ状の葉を水槽の高さ以上に伸ばし、水面に葉を
 なびかせて光を遮ってしまいます。その場合、適宜ハサミでカットする
 事が大切です。なお、カットする際には葉に対して斜めにハサミを
 いれることで、先端が尖った形となり自然な見た目を損ないません。


イメージ 2
【写真】バリスネリア スピラリス・・・テープ状の葉を持つ
水草です。ランナー(地下茎)を伸ばし良く増えます。


  多くの水草の場合、ソイルを使うと生長が早くなりますが、
 バリスネリアの仲間は逆に生長が遅くなる場合があります。特に
 新品のソイルを用いた場合顕著になります。これは、本種を含む
 バリスネリアの仲間の多くが、若干の硬度と中性〜弱アルカリ性の
 水質を好むためです。ソイルを用いると、その弱酸性・軟水化効果に
 よって生長が抑制されてしまうのです。そのため本種は、大磯砂等
 の砂利や砂の方が良く育つ傾向にあります
   
イメージ 3
【写真】バリスネリアの仲間・・・左からスクリューバリスネリア、
バリスネリア スピラリス(本種)バリスネリア レッド、
タイガーバリスネリア、ジャイアントバリスネリア。

イメージ 4
【写真】バリスネリアの仲間の葉・・バリスネリア スピラリス(本種)は、
葉色が緑色で葉の幅は普通、ねじれることもない・・・
という中庸で基本的な種類です。
※葉長は生育状況によって異なるため、原則として
葉の長さは種の判別には役に立ちません。


◎水上葉
    
   本種は沈水植物のため水上葉を作りません。


【水草データ】 →(水草データの凡例)

  流通名:バリスネリア スピラリス/セイヨウセキショウモ
  学 名:Vallisneria spiralis
  和 名:−
  科 名:トチカガミ科
  分 布:世界の温帯〜熱帯
 
  底 床:砂利(底床肥料が必須)
  光:中(60W/60cm水槽)
  炭酸ガス:無添加でも育成可能(添加により生長が早まります)
  水 質:弱酸性〜中性〜弱アルカリ/中硬水

  難易度:入門
  ポジション:中〜後景


【近似種】



     Vallisneria asiatica
 ・コークスクリューバリスネリア Vallisneria tortissima
 ・バリスネリア アメリカーナ/ジャイアントコークスクリューバリスネリア
     /アメリカネジレモ Vallisneria americana

 ・バリスネリア ナナ Vallisneria nana

 ・バリスネリア カウレッセン Vallisneria caulescens



   ※ 本ブログ中の文章及び写真の無断転載を禁じます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事