ここから本文です

書庫原発避難区域30km圏内から

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

3.11


東日本大震災により被災された皆様には 心よりお見舞い申し上げます。
六年前の今日の午後、遅めの昼飯をトレーラーハウスで犬達と食べている時に強い揺れが
訪れました。大地、自然のパワーの脅威を感じる中、慌てる犬達、冷蔵庫を押さえる人間、バリケンの上で揺れを楽しむ犬、反応はそれぞれ。
...
私は、とうとうやってきたか。と、思ったのを覚えています。そして、大混乱の時間が始まるのですが、お山は元々
ライフラインが何も無い生活だったので、特に困った生活の変化も無かったことが印象的でした。
それから、一か月後に、被災地福島への保護がはじまりました。現地で保護できなかった犬たちの顔、風景、現地で肌で感じた5強の余震、大渋滞中の逃げ場が無い6号線での津波警報、被災者飼い主さん達の心の叫び、亡くなった犬達の骨を福島の土に返した事、
今でもとても思い出し、脳裏に焼き付いている出来事です。
日々大変な生活ですが、被災者の方々がいち早く安心して生活できる日々に戻れることを思い、
被災し犠牲になった人々、犬達に哀悼の意を表します。
あの日の今日は自分の住む町だったかもしれません。
もっと見る

この記事に



被災者の方や現地にレスキューに入った人は気になるのではないでしょうか。
何となく私も被爆の事は常に頭にある様な気がします。







お金の為なら臭いものには蓋をするのはこの国の常識なんでしょうか?

この記事に




イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


皆様こんにちは。
今日は3月11日です。忘れる事は無くほぼ毎日、福島に通った日々を思い出します。犬の為に通った福島も本当は被災者支援なんだと徐々に心が変わっていった事、次に災害や人災が起きた時に住民に優しい行政であってほしいと願うようになった事、家の中に竹が生えているような状態で帰宅が出来ない状態がまだ続いている事、現地で6強の余震に合いとても大きな土砂崩れに寸前で巻き込まれそうになった事、知り合えたご家族、犬達、そして時が過ぎ私の元、飼い主さんの元で逝った犬達、揺れた4年前の今日。全てが昨日の事のようです。今日は追悼の気持ちで知り合え逝ってしまった子の写真を載せます。ボボ、もっちゃん、ぷじお、もも、ラブです。みんなとても大好きな子でした。
みんなー また会おうねー 


この記事に

イメージ 1
 
お山の雨を予想してここぞとばかりに飯舘に来てしまいました。(雨の日はシェルター休館日)
目的はご飯とお散歩です。悪い事のはずは無いのだけどここにくる事ができるって事は
自分にまだ余裕があるって事なのでセンターの犬、職員さんにどうしても悪い気持ちになります。
でもごめんなさい。他に毎日息抜きしてないから許して。帰ってきたら頑張るんで・・・
と、そんな気持ちの中での到着です。見事にお山は雨、昼前に雨も上がったようで90頭のご飯、ラン出し
を松崎一人でやります。ありがとう。。。
さて、一軒目はダイちゃん家。岳っちさんが犬のうんちと足跡を見つけていたので一応給餌しておきます。
 
イメージ 2
 
本当はトラップのばらしもなんですがこの雪じゃねぇ〜。地面も凍ってて無理なんで春。
足跡を探しましたがこの日は見当たらず、一先ず一安心?。すごいですねーこの雪
本格的になる前に子犬達を保護できて本当に良かった。Nさん、岳っちさん、ボラさんありがとうございます。
 
イメージ 8
 
念の為定位置に給餌。誰が食べるのかな〜?
 
イメージ 9
 
次はお待たせの山ちゃん川ちゃんの家。実は数日前から山ちゃんが家に帰ってこないらしく
この日は川ちゃんだけのお散歩。ちゃんと覚えていてくれてうれしそうでした。
 
イメージ 10
 
少し前にも同じ出来事があり、その時は良いにおいのメス犬の家に住み着いているのをボラさんが
発見して連れ戻したみたいです。今回もそれだと良いのですが。一応地元の相双保健所には届け済です。
 
イメージ 11
 
見てくださいこれ!山ちゃんと川ちゃんの小屋です。ここに通うボラさんの手作りみたいです。
すごい!立派な小屋です。みんなに愛されていますね。お疲れ様です。
次は山ちゃんが住み着いていたメス犬の家に探しに向かったのですがとうとう家を発見出来ず。
ちょうど長泥地区への閉鎖の手前辺りのはずだったのですが残念。
 
イメージ 12
 
少し移動して3頭飼われている家へ。敷地に近づくと茶と白茶の犬がフリーでお出迎え。
直ぐに白茶は姿を消し、茶もちょこっと挨拶をして少し離れた農作業小屋へと姿を消しました。
良い感じのへっぴり腰なこのかわいい子はボラさん間でへっぴりと呼ばれているらしい(爆)
 
イメージ 13
 
この子だけは係留されていてご飯と少しのお散歩をして次の家へ。
いやー 田舎は究極のミックスの宝庫ですね。
 
イメージ 14
 
次は比曽、長泥地区から30数キロ離れた宮城よりの、はやま湖周辺の集落へ。
ここは400メートル位の間隔に家が4〜5軒、総数約20頭が居る場所です。ある意味、魔の集落。
それにしても本当に思うのですが、数年も熱心に通っているボラさんには頭が下がります。
よくもまあこんな場所の犬達を見つけられたもんだ。本当に日々お疲れ様です。
 
イメージ 15
 
魔の集落とは言ってみたもの、この集落やばいです!どうやばいかと言うと犬のかわいいレベルが
半端じゃない!もし、僕がセンターで出会っていたら速攻で引き出す様な子達のオンパレード。
上記の写真2枚の子達は閉鎖手前の一番奥まった家の子達。ここから順にお散歩とご飯をやりました。
 
イメージ 3
 
隣の家です。この家も2頭。わかりますか?このかわいさ!相当なレベルですよ〜。
 震災後生まれのとんぺーに似てる!!
 
イメージ 4
 
もう1頭です。多分この子は出産経験があるみたいなので上の写真の子が子供ではないでしょうか?
目が似ています。この2頭動きがとても面白く、こんな変な動きをする犬初めてでした。
よっぽどうれしいんでしょうね。楽しいお散歩をさせてもらいました。でも最初の家からこの家が
見下ろせるので、先にお散歩した2頭が遠吠えで呼ぶんです。切ないですね。また来るよーと。。。
 
イメージ 5
 
次はお隣の家へ。この家は血縁が4頭です。この時点で時間が残り少なくなってきたのでちょっとの
お散歩でした。ここは比較的にうんちもきれいでご飯もいくらか残っていました。
 
イメージ 6
 
なんなんでしょう。このかわいい生物は!ご飯を補充してうんちを片付けてはやま湖を後に。
実は見落としたのですがこの家の先に9頭の家があったらしくそこには行ってあげれませんでした。
次回必ず。
 
イメージ 7
 
そして帰りのパーキングです。ここはお気に入りの友部パーキングです。僕には小さなこだわりがあって(笑)
どんなに眠くても、腹が減っていてもここ以外のパーキングにはよりません。(なんじゃそら!)
震災以降何十回、何十頭の犬達をここでトイレ休憩させてきました。あっこれ、ごめんなさい。
お陰様でレストランの従業員の人たちがお久しぶりでーすと言ってくれます。
ダイちゃんやコロッケのスタバデビューもここ。色々な思い出が詰まっているパーキングです。
そんなこんなで今回の飯舘でした。そして僕には良い気分転換になりシェルターの犬達に気分をリセットして
優しい気持ちで接する事ができるのでした。どんな事も犬であれば大切な事です。
今回の飯舘で思った事ですが、普段の目的が神奈川の殺処分の僕が言う事では無いのですが
いつまでこの圏内とは別色の飯舘にボラさんたちを通わせる気でしょうか?
元々ボラ皆さんは犬の為とは言えあくまでも被災支援の一環として考えています。
被災者の気持ちがあるからこその活動なのです。そこでどうでしょう?はやま湖の犬達にしても
被災飼い主さん達は勿論毎日は家に帰って来てはいなく、ボラさんたちの給餌で命がもっているのは
確実です。元々この犬達は人様の犬であって、センターの死を直面している犬達と比べてしまえば
繋ぎっぱだろうが、お散歩にいってなかろうがとやかく言うつもりはありません。
助けなきゃいけない所が違うからです。愛護法でも繋っぎっぱでお散歩いかなくても罰せられる事は
ありません。ご飯さえあげていれば・・・ わかります?被災者だから我慢して、こじれたら犬の為に
ならないからみんな声を押し殺して活動していますが、毎日飼い主がご飯をあげない、
他人の給餌で命がもっている。これは立派な虐待で動物愛護法違反です。
狂犬病を打っている犬もとても少なく、これも狂犬病予防法違反です。
福島、茨城の殺処分数がとても多い理由がここにあるのではないでしょうか。
地元の相双保健所の職員さんも毎日仕事に追われて大変でしょうがこの辺をやっていき
住民の意識を変えていかねば、今後何十年福島は同じ事の繰り返しです。
また、他県のよそ者たちをいつまで福島に入れるつもりでしょうか?
飯舘は飯舘、圏内は圏内。もう時期的にも、よそ者が入んなくても良いようにして頂かないと。
いつまでやらすのでしょうか? そこら辺よろしくです!!
Nさん今回もお世話になりました〜 ありがとうございます。
お邪魔致しました!
 
 

この記事に

飯舘村の天使たち。

イメージ 1
 
先に捕獲できたコッコとポッポのうちコッコはだいぶ早く普通のリードでみんなとお散歩が
できるようになったんですがポッポと後から捕獲できたピッピは結構時間がかかっています。
他の人や車がまだ怖くて途中何度も固まってしまいます。右ピッピ、左ポッポ。
 
イメージ 2
 
それでもだいぶリードを咬む仕草は無くなってきて声をかけながら調子が良いと笑顔をみせます。
 左ピッピ、右ポッポ。
 
イメージ 3
 
これは正面から車の気配を感じて固まった所。固まる時間も少なくなってきて、その後すぐに笑顔に
戻ります。比較的に早いレベルじゃないでしょうか。こういう子たちにしては。
楽しいんですねー お散歩。左ポッポ、右ピッピ。
 
イメージ 4
 
そして昨日から初!係留用を卒業して普通のリードで行けました。長めで2本ですが。
手前右ポッポ、奥ピッピ。
 
イメージ 5
 
反対車線を歩く他の人にも少し余裕な顔を見せています。ピュアなこの子達に本当に癒されます。
今日からみんなと同じリード1本で行ってみて、それをあと数日で多頭散歩に合流です。
この子達を見ていると綺麗な飯舘を思い出しますね。

この記事に

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事