ここから本文です
ハートのACEとTR
Skyteam ACE125に惚れ込んだ250ライダーが綴るバイクライフ。
はいどうも、羽島です。
先日の更新はなんとも歯切れの悪いところで終わったもんですね、まったくw
さて、そういうわけでね、前回はシャシ部品を触らずに一か月乗ってみての感想をメインに書かせて頂いたわけなんですが、読者様より

『結局、どういうバイクなのかよくわかんないんですがww』

っていうご意見というか半ばお叱りを頂きましたのでもうちょっと性能面で深く掘り下げて書いてみたいなッと思います、はいw
イメージ 1

①サスペンション

攻めた走りをするにはちょっと向かないのかも。
シートが固めなので乗り心地を考慮してか、前も後ろもそれなりに柔らかい印象を持っています。
反応速度等は僕自身あんまりよく分からないんですが、バリバリのスポーツバイクのようなキレはないような気がします。
行こうと思った方向に目をやってから1テンポ置いて、素直なリアクションが帰ってくるって感じでしょうか。

しかし気休め程度ですが、リヤショックは純正でも三段階で調節できるので、一番硬くすれば少しは変わるかもしれませんね。
(新車納車時は一番柔らかい設定になっている模様)

っていうかそもそもタイヤが細いので、倒し込む勇気がないです(笑)

しかしまぁ、サスペンションが柔らかいのは散策や遠乗りでは利点です。
片道100キロ、2時間程度を往復して三時間連続で乗ったりしましたが、楽なもんでした。

②ブレーキ

最もこのバイクで重宝されるであろうと思われる0〜60km/hでの制動力は、問題ないと思われます。
新車から最初200キロ程度まではブレーキの当たりが出ていなかったようでヒヤヒヤするほど止まらない印象で居ましたが、1000キロも一緒に走ってやった今では慣れたこともあって、常用域に於いたる速度にあってはその性能に於いて欠けたるものナシと言ってもいいと感じています。

ただやはり、それ以上の速度域では必要十分とは言い切れない部分もあると言うべきでしょう。
80〜90km/hあたりから急減速急制動を一度かけてみましたが、ここまで来るとクラシックバイクというカテゴリの様式美ゆえの小径油圧ディスクと機械式ドラムという組み合わせでは、現行のスポーツバイクに見劣りしてしまうのも仕方ないと思います。
ビッグディスク&キャリパとか出ないかな…w

ともあれ、こういうバイクですので総合的なブレーキ性能としては納得できるレベルの弱点であるとも言えるでしょう。

③エンジン&パワートレイン 加速性&最高速 フィーリング

搭載エンジンは空冷1シリンダOHV方式のショートストロークです
ショートストロークでOHVって性能面で考えると、一見どうしようもないエンジンかと思うじゃない?w
乗った感じ、なかなかいい加速をしてくれます。
0〜20km/hまではなんとなくもたつく印象ですが、20〜60km/hまでがけっこうあっという間の加速感です。
ギア比を調べたわけじゃないんですが、順当に3速から4速〜オーバトップに入れるまでくらいの加速が最ッ高に気持ちいい。

スロットルの反応も比較的早く、中華125ccバイクによくあるラグをあまり感じない好感触。
ハイスロ入れたら絶対楽しいw

最高速はメーカー考証で85キロってことらしいですが、メーターでは90まで読んだことがあります。
加えてARROWSさんによればACE125のメーター表示は実測より遅いらしい(?)ので95kmはイケてるかもしれないですねw
まぁOHVってことなんで、あんまりぶん回すとエンジンが昇天しかねませんからほどほどに

さて、エンジンのポテンシャルは良しとして、やっぱり巡航は50〜70km/hと言ったところ。
純正のマフラーでも比較的吹けは良好で、特に50km/hそこそこで流してると丁度心地よいサウンドと、優しい風が最高です。

平均65km/h程度で流して、平均燃費は33km/Lってとこでしょうか。
高回転向きのショートストロークだけど低回転向きのOHV方式が取られていることで、恐らく熱効率が良くないんだと思います。

給油タイミングは安全マージン取って120km程度。
うん、まぁまぁですねw

④始動性&キック 

始動性は僕が今まで乗ってきた原付の中では手を焼くほうです。
とはいっても、GNやXTZが楽ちん過ぎただけなんですがw
セルとキックが両方ありますが、セルは回しただけじゃエンジン掛かりません。
セルを回してクランキングし、「キュキュキュ…」と音がし出したらスロットルを捻ると雄叫びを上げてエンジンが掛かります。
(4月以降の温かい時期はチョーク引かなくてもOK!当然ですがw)

ただ、かかった!思ってからが勝負です。
ある程度の回転数をスロットルで確保して暖気しないと、そのまんまエンストしがちですw

キックに関してはバカ軽かったXTZと比べると硬いです。
しっかり下まで踏み込んでクランクを回してやらないと、この時期でも上手くいきません。
ちなみに僕には、冬場の寒い時期にキックでエンジンを掛ける自信がありませんw

まとめ

さて、いかがでしたか?
今回は良いも悪いも関係なしに、ポテンシャルの面から書いてみましたが、参考になりましたかね?w

色々と書きましたが、実際にオーナーになってみると。
列挙した弱点も含めてとってもかわいい楽しいバイクです。
ひいき目なく、「ネオクラシックが好きだ」って方にはお勧めしたい。
何より初手から、カスタムエンドモデルのようなカフェライクのこのルックスですよw

みんながカスタムベースのバイクを買ってきて、金と手間と暇をかけてたどり着くスタイルが新車で30万円。
セパハン組むだけでもカフェレーサーにできちゃいますよ?


そして見た目もそうですが、やっぱり乗ってて楽しい!誇らしい!
あなたにも乗ればわかる。そんなバイクです。

さて次こそ郡上の話です。w
郡上は涼しいから、マフラーしてかないとね、うんマフラー。

次回004回『響くバリバリ郡上とマフラー』へ続く!!

この記事に

はいどうもお久し振りです。みちながです。

いやぁ、早いもので、三月末の納車以来一か月が経ちました。

…。え?さぼってたって?

いやいや、何を仰る!!!!(滝汗)
さぼってませんでしたよ??何かあるとすぐTwitterで呟いてましたもん(笑)

…。え?ブログ?


…ごめんなさいすみません(笑
あの後やったこと。(1/2)
…ということで!!はい!!!
もう一か月です!すごーい!はやーい!
あっという間でしたが、走行距離は既にして1000キロ超、カスタムもぽちぽちと進んでおったわけです。

①タンクベルト&テールストライプ
イメージ 1
タンクベルトを純正品からDREAM50用の物へ交換し、加えて市販のカッティングシートを加工してテールカウルにストライプをプラス!

ストライプはベルトに合わせて25mm幅にカットしました。
タンクベルトと合わせて車体上面を一直線に走るラインが、オールド感をひと際引き立たせてくれている―――――――つもりw

イメージ 2
※タンクベルトについて
画像下側がACEの初期装備品、上が交換用のDREAM50用のもの。
ベルト穴の数と形の違いは明らかだと思います。好みだねw
分かり辛いかもですが、初期装備のベルトと比べるとDREAM50用のほうが若干短く、幅が太いのと、ベルトバックルの固定用ボルト穴が若干小さいです。

ベルトのフックをタンク前方に引っ掛け後方の穴付きバックルでボルト止めする構造は共通ですが、ボルトがバックルに嚙み込むのを防止するためのスリーブが入らないw

ドリルでその穴拡張してやろうかとか思いましたが、無理して拡張してバックルに亀裂が入るのは嫌だし、そもそもベルトを固定した状態でネジ山がバックルに接触する気配もなかったので―――――――

スリーブいらないフレンズなんだね!すごーい!(笑)

②自作エンブレムステッカー

イメージ 3イメージ 4
どうよ!かっこよくない!?('ω')(増長)
こちらもテールストライプ同様に市販品のカッティングシートで作成。
宣伝もかねて、日ごろACEでお世話になっているARROWSロゴステッカーも作ってみた!

なんだよ、ステッカーチューンだけかよ!!!
という声が散見されそうですがご安心あれ、そうではないのです。

しかしそれを語る前に、僕にはACE125ファンとして綴るべきことがあります。

フルノーマルで一か月『ACEってどう?』

イメージ 5

ざっくり言えばかなり気に入っています。

①長所

・ルックス
やはり長所として第一に上がるのは、ネオクラシックとして洗練されたルックスを持っていることなのではないかと思います。
クラシックを理解する者はもちろん、バイクなんて全く分からないわと仰るような女性に至るまで「綺麗なバイク」「美しい」と言わしめるのは、どこに居ても絵になるネオクラシックというカテゴリにおいては、スペックにも勝る長所です。
見る者を惹きつけるカフェレーサーライク独特のスリムで低めに構えたスタイリングは、毎日乗っても見飽きない。
さすがDREAM50のレプリカなんだと、僕は思います。

・軽便さと足つき性
軽さに関してはノーマル同士であれば同カテゴリの最新スポーツバイク相手でも他の追随を許しません。
そもそも、鉄リム履いて鋳鉄合金製の125ccOHVエンジン積んで鉄鎮(多分)のフレームなのに乾燥重量で87kgなんて魔法みたいです。
オフ車と見紛うこの軽便さ、しかもシート高もかなり低めで、身長163cm短足の僕でもべったりな足つき。
小柄な女性でも立ちごけとは恐らく無縁でしょう。軽いもん。
おかげで取り回しもラクラク、日常の足にはもってこいだね!!w

・加速
※忠告しておきますが、空冷125ccシングルとしては※というのが大前提です。
さてこいつ、俺の乗っているACEはACE125Rではないので、エンジンは空冷単気筒OHVの、出力は7.0kwで9.5馬力です。
どうせみんな好きでしょ?馬力って言葉(笑)
前に乗ってたGN125Hが空冷単気筒OHCで9.2kw=12.5馬力なので、
馬力ナイ=かなり遅い と思うでしょ?
ところがどっこい、非力な割に結構加速は気持ちいいですw
50km/hまでの加速なら、GNともある程度やり合えるんじゃないの?軽いしw
・アフターパーツ
これはホントに、ACE125を始めとするSkyTeam製品の総輸入元であるARROWSさんをはじめとする関連企業の皆さんと、ユーザーの声をフィードバックするSkyTeam各代理店さんに敬意を表するほかありません(笑)
というのも、彼らがかなり意欲的に適合する各種カスタムパーツを調査、開発しているからです。
現在はセミダブルシートやセパハンキット、メッキサイドカバー、リバースコーンマフラーやトランペットマフラー、エキゾーストパイプなどが発売中です。
他にも現在開発中、調整、調査中のパーツもあるみたいで、先々が楽しみです。

カスタムも楽しめるバイクに、というARROWSさんたちの情熱のなせる業なんですねw

②短所

・フューエルフィラキャップパッキン
なんのこっちゃという方のために説明しておくと、燃料タンクのフタの裏にくっついてるゴム部品です。あれ花形みたいになっててよく見るとかわいい。
もともとそのパッキンの板厚が薄かったらしく、今新車で出しているものも含めて改善対策品と交換しているそうなんですが、ゴムが固いからなのかどうなのか、まだまだ密着が弱いみたいで、がめつく燃料をいっぱいまで入れると上からちょびっとだけお漏らしするかもしれませんw

・燃費
正直な話、OHVエンジンにこれを言うのは理不尽だと思いますが80〜90km/hくらいの最高速域でエンジンをあんまりいじめ続けると、燃費が劇的に悪化することがありますw
酷いと1L20kmくらいまで落ち込みます。
ちゃんとした機械工学とかエンジン構造的な理由も存在するんですが、ざっくり言うのであれば、中低速向きだし空冷のエンジンなんだから出だしの軽快さと自由自在の取り回しが売りのバイクでレブ当たりそうになるまで回すと燃費が悪くなるってことです。

よってバイクは悪くないw(暴論)

・最高速
燃費の所で八割がた説明した気がしますが、やっぱり最高速は90そこそこです。
キャブ変えてスプロケット変えれば多少は伸ばせそうですが、エンジンを虐待するのはオススメしません(笑)

・逆輸入車の憂鬱
どんなメーカーであれ、日本国内の展開ラインナップにないバイクにとってはあるあるです(笑)
バイク用品店なんかでケチなところは部品の流通経路を持たないので、オイル交換とか断られることもあります。
そんな店にはとっとと見切りをつけて、ACEを愛してくれる代理店様と仲良くしましょう。

・ライト暗い&トリップメーターがない。
言葉の通りです。トリップほしいw
ライトのバルブは他のハロゲン球なんかと違って高効率バルブとかありません。チャリンコよりだいぶ明るいくらいです(笑)

③総評
ネオクラシックというカテゴリに理解があって、バイクは速さが全てではないと思えるあなたにはぴったりの一台です。

確かに、ビックディスクにビッグキャリパで〜とか、前後ディスクが〜とか、倒立フォークが〜とか、LEDバルブで〜とか、Dマルチメーターが〜とか、スペックのことを言い出したら、ACEより上の同クラス車両なんてたくさんあります。

ACEの魅力はそういうことじゃない。

速くなくたって、楽しいことはたくさんある」

「データじゃない、諸元じゃない、数字で見えない楽しさは確かにある」

そういう一台なんです。
僕の言うことに頷ける人には、最高の一台なんです。

いつも乗ってる大きなバイクでは思わずイライラしちゃうような50km〜60kmが不思議と気持ちいい、そんなバイクは、嫌いですか?

気軽に走り出して、そんなに遠くなくても、いつもなら行かないちょっと遠くの美味しいお店に行くみたいなことが、小さいけど楽しい旅になるんです。

素敵だと思いませんか?僕は素敵だと思いました。

そういう気持ちにさせてくれたの、ACEなんですよ。
イメージ 6



次回 第003回『郡上に行くからマフラーを。』に続く!

2017.05.06 走行????km

この記事に

はいどうも道長です。

ついに来ましたよ、ええ。
出会った時から恋い焦がれ、ついにあの子が来ましたよ。

そう、今日2017年3月14日は、我が愛しのACE125の納車日でありました!
イメージ 3

しかも、午前中は空を覆った雲は午後に入るや露と消え、待ち望んでいたかのようなタイミングで天候が回復した昼下がりに。

…完壁…だな…。

もう、走りに行けと言わんばかりですよ。

イメージ 1
ということで距離にして60キロ余りを走ってきたわけですが、今回は乗ってみての感想やら気づいたことやら含めて、初乗りレビューのようなことをしたいなと思います。

…が、まずその前に注意点として

①あくまでも個人的見解であって、論理的根拠がないこと。
②私がこの手のレーサー的なバイクに乗った経験がないこと。
③以上より参考にする場合は素人の走り書き程度に思っておくこと。

…を、申し上げておきます。

さて、まず最初に思ったのはエンジンサウンドの低さです。
シリンダからシンプルに伸びるマフラーからは、125ccとしては極めて低いドコドコドコドコドコって感じのイイ音がするんです。
クラッチ側の手元にあるチョークレバーを引いて、ちょっとスロットルを開けてセルを回すと、何回やっても幸せになれる気がしますww

跨った感じは身長163cmの僕でもかかとまでべったり付く足つき。
姿勢としては、アップライトな250TRに慣れてるとちょっと怖いくらいの前傾、
でも、車格的にそんなに乗り辛くはないです。むしろこういうライドポジションのバイクとしては優しいかも!

クラッチはかなり軽いです。でも、僕の手が小さいのかクラッチミートまでのストロークは少し長めに感じます。
まぁ、なれてきたらレバー近くに隠れてるダイヤルで調整もできるから大丈夫!

シフトペダルは思った以上に節度感がなくてびっくりでしたw
でもすぐ慣れたので、これは人に依るのかな。

走り出すと、トットットットットって感じの小気味いい鼓動感で、けっこう回してもシングルらしい鼓動感が残ってくれます。
きっとこういうの憧れる人なら、この時点でもう楽しくなるはずです
スロットルの反応もいいし、ここは『その気にさせる』って感じで、僕は大好きですね。

ただやっぱりブレーキは同クラスのスポーツバイクと比べたら可哀想かも。
フロントが油圧ディスク、リアがメカドラムっていうクラシック万歳な組み合わせと、ディスク径の小ささが効いてるのかもしれませんね。

そしてこのACE君、乾燥重量が87kgって言う超軽量なんですが、堤防の上とか風が強いとこ行くと怖いです。めっちゃ流されます、煽られますw

これまたクラシック万歳、サスペンションはツインショックです。
乗り心地も考えて柔らかめなので、空冷シングルバランサーレスっていうのを考えたら乗り心地はなかなかのモノ。
僕はまだ慣れてないし怖いので攻めた走り方してませんが、たぶんコーナリングではちょっと反応が遅れたり、粘れなかったりが予想されそうですね。

【まとめ】
総評としては、良くも悪くも思った通りのバイクです。
やっぱりこういうバイクはゆるっと流して景色を楽しむとか、そういう用向きのものですよね。

攻める走るは他に任せて、ゆっくりとシンプルなルックスを愛でつつ、鼻歌でも歌いながら散策する…。

ネオクラシックとして、足りないものは今のところなんにもないです。
イイじゃないですか、見た目に拘るバイクでも。
いろんな場所や景色にも溶け込んで、いつも近くにいて、気軽に走り出せる。
分かる大人の、楽しいバイクってことで。

僕は買ってよかったと思ってます。
僕の言うことに共感できる人には、自信をもってお勧めできる一台です。
イメージ 2

これからもよろしく!ACE!

2017.03.14 ACE125 走行 000065km

この記事に

どうも初めまして、道長です。

…と言っても、ほとんどの方が恐らくはTwitterから覗いて頂いている方だと
思うのですが、殊バイクに関しては長らく多くを語っておりませんでしたので、今回は唐突に自己紹介をしようかと思います。

自分
羽島 道長(はしま みちなが)と名乗っております。
勿論本名ではありません。某社で会社員として働きながらボイストレーニングを受け、声優を目指しております。
年は23歳(2017年三月現在)岐阜県民、趣味バイク声劇食うこと寝ること、漫画アニメジャンルは選びますが大好きです。

バイク2017年三月現在)
メイン=カワサキ250TR
2011年式のものを2014年に購入。クラシカルな外見(主にスリムなタンクとブリッジハンドル)に一目惚れし、紆余曲折あって我が家にやってきました。
XTZ125のリアキャリアを強制転用し、そこにシートバッグを無理やり固定してペイロードを確保しているのが現在の特徴。

セカンド=SkyTeam ACE125
イメージ 1

2017年式のものを先日購入。来週納車。
これまたクラシカルな雰囲気に一目惚れし、SkyTeamの国内総輸入元である岐阜県岐阜市日野南にあるArrows(アロウズ)にて、実車を初めて見てから3週間という速さで購入に至った。
一応セカンドバイクという位置ではあるものの本ブログにおいて綴るバイクライフの内容のおよそ七割はこのACE125に絡むものになるであろうことを、予めここで申し上げておきます。



実を申し上げればこのブログの今回の再出発はほぼ間違いなくACE125というバイクについてオーナーとして多くを語るためのものでして、まだまだ無名のACEという隠れた名車を広く知らしめることができればと思っている次第でございます。

さぁ、納車を来週に控えていよいよ、待ちに待ったACE125との生活が始まるわけです。

ACEのいいとこ、たっくさん見つけていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いをいたします!(*‘ω‘ *)

2017.03.08 ACE125 走行000000km



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事