全体表示

[ リスト ]

れいわ新選組が2議席取ったと話題になったが、代表の山本太郎氏が取った政策が消費税廃止だ。

さて、この消費税廃止。ただ注目を集めるだけ言ったわけでなく、きちんと根拠があってできるということを説明するのに欠かせない理論がMMT(現代貨幣理論)だ。

現在youtubeなどでも動画がたくさんあるので勉強できるし、自分にとって大変興味深い理論なので、一応自分なりに書いてみたい。


まず、MMTは現在の日本の財政政策そのものを説明しているのだが、簡単にいうと、自国通貨建てで国債発行をしている国は破綻(デフォルト)しないということである。
なぜか。
現状の日本政府の借り入れは約1000兆円もあるのに、破綻していない。これは、ほぼ国民の資産そのものなのだ。
お金の発行は信用創造という仕組みで生まれる。
複式簿記を知らない人は難しいかもしれないが、
例えば銀行に3000万円お金を借りに行くと、銀行の借方(バランスシートの左側)に債権3000万と書き、負債(右側)に預金3000万と書く。一方借りる人は、借り方に預金3000万、負債に3000万と書く。(実際には預金通帳に3000万と書かれるだけ)これでお金の発行が完了。紙幣は登場しない。もちろん紙幣としてもおろせるがほとんどの借りた人は振り込みなどで必要な所にお金を回していく。
現在のお金はこうして全て出来ている。
そして返す時は、それぞれのバランスシートから消していく。要はこの世からお金が消えるのだ。しかもこの時借りた人は金利も払うから、世の中から借りた分以上のお金を返す必要があり、そのお金が銀行の収入になる。
なんと、常にお金の発行をし続けないと、世の中のお金は無くなってしまう、立ち行かないのだ。嘘みたいだが嘘ではない。

これをほとんどの人が知らないのが問題の根本にある。
みんな未だに天動説の世界に住んでるようで、地動説をこれから広めていく必要がある。

バブルまでは民間銀行がお金を発行していたが、バブル崩壊以降、不良債権処理などの問題もあり、貸せなくなった。その影響もあり、世の中のお金を維持、増やすには政府がお金を借りて世の中に投入する必要があったわけである。
なので、現状は国民のお金の多くは政府が信用創造で借り入れたお金が世の中に回ってる。

さて、政府の借金を消費税で返すとどうなるか?
当然世の中のお金は消えていく、つまり国民の資産が減っていく。Σ(゚д゚lll)ガーン

だから当然、プライマリーバランスなんてのは行ってはいけないのである。


GDPの観点から見ても、消費増税は消費にマイナス、投資もマイナス、政府支出も、歳入が上回ればマイナス。国民所得が減れば安い輸入品に頼ることになり、当然純輸出もマイナス
まったく良い事なし。こんな普通のサラリーマンでもわかることが本当に今の国の中枢を担っている人がわからないのだろうか?それとも一部の金融資本家たちに洗脳でもされてるんだろうか?

金融資本家たちはこのことを知らないはずはない。
国民総貧乏=資本家たちの懐が増える。
このいう構図なのか?
もしかすると、そうして日本の株価を引きずりおろして安くなった所をパクっと全部持っていくつもりなのでしょうか。

日本人はお金を刷っても全然使わないから消費税で巻き上げようということなんでしょうかね?


結論
MMTでは日本政府がいくら国債発行しても破綻しないと言ってます。もちろん無尽蔵にやればインフレになるので気を付けながらやる。
というより消費税は無くしても、財源はある(国際発行すればよろし)

消費税を上げると如何に国民の生活を圧迫するということはわかりました。
あとは、そのような動きを個々人がしっかり研究していく、そのことでまたチャンスもあるのかもしれません。

世の中はまだまだ面白いことが一杯ですね(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事