メタブロッグ〜愛媛FC〜

愛媛FCについてダラダラ綴るメタボリックおやじのメタメタブログ

全体表示

[ リスト ]

過酷なGWの連戦を終え、今季もほぼ1/3を終えました。
熊本戦の結果に凹んでばかりもいられないので、気分転換に今季序盤のリーグを総括。

1位 柏レイソル
    強い。爆発的な勝ち方はないものの、それが却って強さを際立たせている印象。良い意味で
    余裕をもって相手の力量を測りながら勝ちきる様は横綱相撲。ほとんど死角なし?
2位 ジェフ千葉
    大変失礼ながら、永年弱者であることを前提にした戦いを続けていたチームが、初めて下の
    カテゴリーに降りてきて戸惑っているというというのが私的印象。
  「常にチャレンジャーのつもりで」と言うのは正しいようで、正しくないような・・・
    上から見下ろすくらいのつもりで戦っても良いのでは?
3位 ヴァンフォーレ甲府
    ハーフナーマイクの出遅れ等もあって出足は躓きましたが、予想された危険な攻撃力を発揮
    し始めた印象。前線に巨大戦力を集めて戦うのは、甲府らしくないという気もしますが。
4位 徳島ヴォルティス
    私的予想が5位故、順位自体にはさほどの驚きなし。ただし、津田は予想以上。良い意味で
    日本人らしくないゴリゴリストライカー。ライバルチームの選手とは言え期待したい選手。
    富山戦3−2の勝利、次戦岡山戦2−3の敗戦には、戦いぶりに謙虚さが欠けている印象。
    徳島はまだ柏や千葉ではない。良い意味で謙虚な戦いができれば、昇格争いにも絡めるか?
5位 サガン鳥栖
    ユンジョンファンが引退、新居や藤田がチームを去り、今季は主力の横浜にまとめて移籍、
    それでも結果を残しています。選手が入れ替ってもぶれない型があるのがすばらしい。
6位 ロアッソ熊本
    すばらしい。愛媛にはない粘りと気持ちの強さを感じます。ファビオは愛媛がプレゼント
    したゴールを糧にブレイクしそう。そうなったら、少しは愛媛に感謝して、勝点返してね。
7位 栃木SC
    赤丸急上昇中。リカルド・ロボがジャイアント・ロボになれれば(可能性大)、今の成績は
    一過性には終わらない。私的注目の廣瀬も今節ゴールを決め、いよいよ本領発揮?
8位 大分トリニータ
    攻撃のパワーはさすがですが、安定感を欠く故のこの順位。3位以内に入ったらどうなるか
    ということが、気になるところ。
9位 水戸ホーリーホック
    絶対的主力を2人抜かれても、しっかり1桁順位をキープ。先輩の底力はさすが。
  1万人プロジェクトは残念でしたが、お互い観客動員目指して頑張りましょう。
10位 愛媛FC
    得点力不足を背景に、悲観的意見もあるものの、良い攻撃は良い守備から。攻撃のリズムは
    確かに美しく刻まれはじめている。リズムの強弱やテンポの遅速等の変化とちょっと気の効
    いたアドリブが使えれば、得点力も改善するはず。上昇は期待できる。
11位 FC岐阜
    5勝7敗0分。引分なしというのがらしいといえばらしい。ときに大敗もするけど、魅力的
    な攻撃力は今季も健在。
12位 アビスパ福岡
    この順位で得失点差は驚愕の9。大勝か惜敗かというもったいな戦いぶりですが、妹さんに
    負けず躍動している永里や中町が印象的。大きくジャンプアップするポテンシャル大。
13位 コンサドーレ札幌
    苦戦。内村は初ゴールはまずまずのタイミングで刻んだもののコンディション不良で離脱。
    前評判の高かった近藤の印象が薄れつつある?となると、頼みはキリノ。今節ようやく
    ゴールを決めてこれから反攻か?あ〜、こんなとなら早く対戦済ませたかった・・・
14位 東京ヴェルディ
    ようやく上向き加減。持株会社はまさに砂上の楼閣のごとく早くも暗礁に乗り上げ、経営面
    の先行き不透明で高木豊パパもさぞかし心配でしょう。若きタレントの成長に期待。
15位 横浜FC
    元鳥栖の選手を集めたとは言え、寄せ集め感のあるチームをまとめることは容易ではなかっ
    たか?攻撃力はハイポテンシャルですが、監督が目指す頑張れるチームにはまだまだか?
16位 ファジアーノ岡山
    昨季からすると随分力強さは増している印象。昨季来、何気に徳島には相性が良い。
   「徳島に勝つ虎 の巻」をひとつ譲っていただきたい。
17位 カターレ富山
    昨季の堅守速攻は影を潜めリーグ最多失点。2年目のジンクスか。リアクション主体から、
    さらに高みを目指そうとした時に起こり得る停滞、後退。
    どこかのチームにもそんなことがあったような。今節はらしくない大勝てこここからか?
18位 ギラヴァンツ北九州
    初年度故、そう贅沢は言えないところ。どこぞと同様得点力不足に苦しんでいるものの、
    守備は破綻していない。そして、カウンターアタックの切れ味は、どこぞのチームより上。
    毎年後輩たちにいじめられ、苦しんでいる愛媛をこれ以上いじめないでくださいね。
19位 ザスパ草津
    信じられない不振。都倉の抜けた穴はやはり大きかったか。私が脅威を感じるWボランチ
    はじめ、中盤がしっかりしているので大崩れはないという予想に反し、単に得点力低下と
    いう問題ではなく、長身ポストプレイヤーがいなくなったことで、2列目以降の選手が組み
    立てに迷いが生じたか? 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事