メタブロッグ〜愛媛FC〜

愛媛FCについてダラダラ綴るメタボリックおやじのメタメタブログ

全体表示

[ リスト ]

前節に比べれば積極性は確実に増していました。
前節は、ビルドアップ時に藤田が落ちた4バックで延々とパス交換していた印象が残りましたが、今節は藤田が落ちた際にはリベロの茂木が左にスライドし、左ストッパーの浦田を前に押し出した後ろ3枚でのビルドアップを主としていた印象。
浦田の攻撃力活用を意図したと思われるこの形だけではなく、前への意識は確実にアップしていました。
ゴールに繋がったシーンは茂木の縦パスの跳ね返りに対し勢いよく前にダッシュした藤田のプレーから。藤田はその勢いのまま強いボールを阪野に当て、阪野のトラップはズレてしまったものの(瀬沼に落とそうとした様に見えなくもありませんが)、札幌の選手のお見合いもあって、瀬沼のグッドシュートが見事に決まりました。
決して崩した形ではありません。偶発的事故と言っても良いゴールですが、事故が起きるのは、ゴールに近い位置でのチャレンジがあるからこそ。例え、100%のプレーではなかったとしても、藤田が前にボールを入れたから、阪野が相手DFと競り合いながらボールに触れたから、瀬沼がこぼれを拾える位置にポジションしていたから・・・。偶発的と思われる事故は起きるものではなく起こすもの。これからもどんどんチャレンジしてもらいたいですね。

ただ、やはりシュート4本はいただけません。
シュートチャンスを見送りパスを選択した結果チャンスが潰えるシーンも何度かありました。前半に訪れた決定機は、ヘディングの名手河原なら決められるシーンだったと思いますが、今季初ゴールは次節のホームに繰り越したものとポジティブに受け止めましょう。

今節の最大の収穫はやはり茂木ですね。
最終ラインの控えがベテランの深谷以外は未知数で、藤田の代役にも不安がありましたが、いずれの課題も茂木が一気に解決してくれそうで心強いばかりです。

開幕からの3連続ドローは対戦相手や2戦連続で先制された状況を踏まえれば決して悲観的な結果ではないものの、やはりモヤモヤが残ります。
流石に次節のホームは相手関係なく勝点3が絶対ノルマ。
対戦相手の岐阜さんから見たニンスタは通算8戦未勝利かつ無得点の魔境かもしれませんが、ニンスタでの対戦成績は3勝5分(全てスコアレスドロー)で8試合の総ゴール数が僅か8。それも、昨年3-0での勝利を加えてなので、それまでは7戦5ゴール。差が付いている印象はさほどありません。
撃ち合いになる岐阜さんのホーム(10戦31ゴール!)と違ってなかなかゴールが決まりませんが、とにかく先にゴールを奪って絶対勝利!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事