全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
ヒューゴの不思議な発明
 
原題:HUGO
 
アメリカ/2011年
 
マーティン・スコセッシ監督
 
出演
ベン・キングズレー(パパ・ジョルジュ)
ジュード・ロウ(ヒューゴのお父さん)
エイサ・バターフィールド(ヒューゴ・カプレ)
クロエ・グレース・モレッツ(イザベル)
レイ・ウィンストン(クロードおじさん)
エミリー・モーティマー(リゼット)
ヘレン・マックロリー(ママ・ジャンヌ)
クリストファー・リー(ムッシュ・ラビス)
マイケル・スタールバーグ(ルネ・タバール)
フランシス・デ・ラ・トゥーア(マダム・エミール)
リチャード・グリフィス(ムッシュ・フリック)
サシャ・バロン・コーエン(鉄道公安官)

ストーリー
1930年代のフランス、パリ。父を亡くした少年ヒューゴは、駅構内の時計台に隠れ住み、時計の整備をしながら孤独な毎日を送っていた。そんな彼の心のよりどころは、父が遺した壊れたままの不思議な“機械人形”。その修理に悪戦苦闘していたヒューゴは、おもちゃ屋で万引きを働いて店主の老人に捕まり、人形について書かれた大切な父のノートも取り上げられてしまう。そんな中、ヒューゴは老人の養女イザベルと仲良くなり、一緒に機械人形の秘密を探ってゆくのだが…。(allcinema)
 
感想
アーティストを見に行った時、同じ映画館でヒューゴを上映していました。
3月の公開時に見逃してしまい、ちょっと後悔していたのでこれは見るしかないな!と思って行ってきました。
 
今回ようやく3Dデビューしてきました!(^^;)
というわけで3D初体験者の感想になっちゃいます。。
 
まずはメガネが思っていたよりしっかりした作りでびっくり。もっとペラペラなのかと思っていました(汗)
しかしあれはメガネの人は、自分のメガネの上にかけるのがちょっと大変そうですね。
しかも想像以上に重くて、段々うっとおしく感じちゃいました(^^;)
 
でも!あんなに映像が変わるんですね。
まず映像自体の美しさに驚き、そして立体的な奥行のある映像に驚き・・
3Dって一部分にしか用いられていないと思っていたら、ずっとそんな感じで。
ただ建物が立体的に見えるくらいなのかと思ったら、人も画面から浮かび上がって見えたりするんですね。
いやぁ技術の進歩ってすごいなと今更(^^;)
 
この映画、本当に映像が素晴らしくって。
冒頭の駅のシーンが大迫力で見ていて自分も冒険しているようで楽しかったです。
時計台の中の雰囲気も迷路みたいで面白そうでした。
 
駅の雰囲気もお洒落で素敵でした。
駅のシーンが多かったですが、全く飽きませんでした。見学ツアーとかあったら面白いのになぁ。
 
お話はシンプル。父を失ったヒューゴは時計台に隠れ住み、父が博物館から持ってきた機械人形を修理する日々を送っています。
駅の中にあるおもちゃ屋さんから部品を盗もうとしたところを主人のジョルジュに見つかり、大切にしていたノートも取り上げられてしまう。
機械人形を動かすためにはハート型の鍵が必要。そしてその鍵を持っていたのはなぜかジョルジュの養女イザベル。
2人は機械人形とジョルジュは何か関係があるのではないかといろいろ調べ始めるんですが・・。
 
今年のアカデミー賞作品賞候補作の「アーティスト」と「ヒューゴの不思議な発明」
今回短期間で2作を見たので、自分の中でいろいろ比べちゃうところもありました。
どちらも作風は全く違うけれど、「映画愛」を感じる良い映画だなぁと感じました。
いろんな所で言われていましたが、やっぱり。

スコセッシ監督は映画愛を表したつもりはないみたいなことをおっしゃっているそうですが、「映画の父」と言われているジョルジュ・メリエスに対する尊敬・感謝の気持ちがヒシヒシと伝わってきました。

映画って生活に必ず必要なモノではないし、今より規制された時代もあったけれどなくならずずっと進化し続けていますよね。それってすごいことですね。
どうしてか?何でここまで多くの人々に愛されているのか?
やっぱり無限の世界だからなのかなぁ。
映画の世界なら、何の制限もなくいろんな所に行ける。いろんな人になれる。
時間は2時間とか短いけれど、その中に入り込むといろんな冒険ができて楽しいですもんね。
もちろんそういうことを感じなくても魅力的な作品はたくさんあるんですが。
ジョルジュたちが映画を撮っているシーンもすごく楽しそうでした。
作り手があんなに楽しんで作品を作っていたら、そりゃあ面白いものができますよね。
映画って皆が楽しめるものなんだなって改めて感じました。
 
フィルムに色を塗ってカラーにしたとか、最初に作られた映画は駅に列車が到着するだけの映像だったけれど、
それを見た観客がひかれるんじゃないかと思って悲鳴挙げた・・とか映画にまつわるエピソードも語られていて面白かったです。
確かに列車が迫ってくる映像を見たら・・当時の人は驚いたでしょうね。
 
物語にはヒューゴと同じく親をなくした子供が駅をうろつくシーンが。
戦争か、貧困で親を亡くしてしまったんでしょうか。
また戦争によって片足が元通り動かなくなってしまった鉄道公安官、兄を戦場で亡くした花売りの女性。
大勢の人々が行き交う駅にいろいろ辛い過去を抱えた人が生きていて、皆顔には出さないけれど悲しい出来事を経験してきたんだなぁと。
ファンタジー色の強い作品かと思ったら、結構辛い現実も描かれていましたね。
でも最後は良かったです!!
映画が持つマジック、感じましたー。
 
子役の二人はナチュラルで、何であんなに自然体でいられるのかなって。
ヒューゴ役のエイサ・バターフィールドはほぼ出ずっぱりですが、作品を引っ張る力も感じるような演技。
貫禄ありますね。ちゃんと正装すると雰囲気も変わってグっと大人っぽくなりますね。
 
イザベル役のクロエ・グレース・モレッツ、将来美人さんになりそう♪
女の子の方が男の子より背が少し高かったのも、こだわりなのかな?
これくらいの歳の子って女の子の方がちょっと背が高いってことありますよね。
 
パパ・ジョルジュは・・最初いくらなんでもヒューゴに冷たく接しすぎなんじゃないかと思ったけれど、それくらい彼には触れられたくない過去があったんですね。
時代って残酷だな。
ちょっとこのおじいさん怖いなって感じでしたが、ソファでうつむいて嘆く姿は本当に悲しそうで。
 
鉄道公安官はもうちょっと顔が怖めの方が、個人的にしっくりくるんですが(汗)
 
 
お話自体面白かったんですが、映像もすごく綺麗で3Dもやっと体験することができて楽しかったです。
 

 

閉じる コメント(14)

顔アイコン

監督がタクシードライバーの人ですね。タクシードライバーの中でも印象的な役で出ていましたし。内容も面白そうですね。3Dってまだ未体験ですが、この話からするとかなりリアルに観れそうです。この監督の作品はファンタジーと現実の絡み合いが上手く描かれている作品があると思います。

2012/5/28(月) 午後 9:49 [ ret ]

アバター

3Dデビュー,おめでとう〜☆
この映画、名前はよく聞いたのに未見です。
戦争は一番弱いものにしわ寄せが行きますからね。「大勢の人々が行き交う駅にいろいろ辛い過去を抱えた人が生きていて」グランドホテルを思い出します。
私は3Dはアリス・イン・ワンダーランドで体験しました。

2012/5/29(火) 午後 6:02 hitomi

アバター

Yellowcard・Maroon5来日、いけるといいですね!

2012/5/29(火) 午後 6:04 hitomi

gpさん
そうですね!この監督の作品はあまり見たことがありませんが面白そうですね。
3D、予想していた映像より素晴らしかったです。いやぁ技術の進歩ってすごいですね。映画の世界にぐぐっと入り込めました!

2012/5/30(水) 午後 10:16 レミ

hitomiさん
デビューしてきましたー!
私も最初は諦めていたんですが、近所で公開していることを知り行ってきました。
ファンタジー色が強いのかな?と思ったら、いろいろ深い部分もあって面白かったです。
アリス・イン・ワンダーランド、3Dで見たいと思っていたんですが見逃してしまいました。映画館でしか3Dは体験できないので、これからは見逃すことのないように頑張りたいです♪

2012/5/30(水) 午後 10:18 レミ

hitomiさん
ありがとうございます!チケットは無事確保できました♪
あとは当日何も起こらないことを祈るのみです(^^)

2012/5/30(水) 午後 10:18 レミ

まぁこの作品の3D映像はまた特別ですよ♪
作品にもよりますけど、このレベルを期待して、別の3D作品を観たらきっとガッカリしますよ…笑
ストーリーはシンプルながら、映画愛を感じられる素晴らしい作品だと思いました♪
映画好きにはこの作品で描かれる出来事は堪りませんね!!
当時のエピソードも色々分かって、本当に楽しめました^^

TBお返ししますね♪

2012/5/31(木) 午後 9:45 れじみ

3Dはまだ観たことがありません。
思っている以上に奥行があったり浮き上がって見えたりするのでしょうね。
映像が美しいというのが良いですね。

2012/6/1(金) 午前 0:02 [ - ]

3Dはまだ観た事ないんですがこの作品で観とけばよかったなぁとちょっと後悔しています。
これはやっぱり映画愛でしょう。
最近のスコセッシ監督作品では好きでしたね♪

2012/6/3(日) 午後 8:44 marr

顔アイコン

これものすごく温かい気持ちになれたな〜。
主演の彼、「リトルランボーズ」や「縞模様のパジャマの少年」は僕がその年のベストに入れた作品にも主演で出ているのでぜひ!!

2012/6/3(日) 午後 10:55 かず

れじみさん
そうなんですね!それではあまり期待しないようにします(笑)
ほんとにストーリーはシンプルですが、映画愛をたっぷり感じる作品でしたね。
映画のことって全然知らなかったので勉強になりました。
TBありがとうございます♪

2012/6/6(水) 午後 10:28 レミ

cha cha cha chanceさん
3D、面白かったです。本当に思っている以上に奥行きを感じました。
映像も本当に綺麗でした。オススメです♪

2012/6/6(水) 午後 10:30 レミ

marrさん
3Dにしようか迷ったんですが、結果的にして良かったです。
ただ3Dってちょっと高いですね・・汗
スコセッシ監督っていろんな作品作っているんですねー。すごいですね♪

2012/6/6(水) 午後 10:32 レミ

かずさん
良い映画でしたねー。
そうなんですか!結構いろんな映画に出ているんですね。情報ありがとうございます!見たいと思います♪

2012/6/6(水) 午後 10:33 レミ

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事