時代の文化

いにしへを仰ぎて今をこひざらめかも

再び一つの投稿 真夏の通り雨

宇多田ヒカル - 真夏の通り雨 長い虐待生活から救ってくれた友達、その後支えてくれたいまは亡き祖父母を思う。その友人は16歳のとき突然自殺した。自由になる、自由がある。こんな美しい許しと尊重の言葉があるだろうか。しかし、立ち尽くす見送り人の影、で遺されたものの衝撃と孤独も救い、そのありのままを表現してくれている。何度聴いても涙が止まらない。もう10年経ったのに、悲しみと孤独に慣れて、泣くことさえ忘れていた私に、切なさの先にある愛を思い出させてくれた曲。

その他の最新記事

すべて表示

「お客様は神様」の終焉

2018/7/9(月) 午後 9:39

「お客様は神様」の終焉

『街が消えた…』

2017/5/13(土) 午後 1:30

海外『街が消えた…』破壊的な被害を受けた土地…次の瞬間!日本人の行動に涙!その受け継がれる民度の高さに感銘を受ける外国人続出【海外が感動する日本の力】

ナヴォイ劇場

2016/5/2(月) 午前 0:32

リメイク版国旗の重み〜ウズベキスタンのナヴォイ劇場〜


.


みんなの更新記事