全体表示

[ リスト ]

次の記述

「現在、アメリカ国内の小学校の教科書では『気象を調整するために軍が使用する場合がある』と説明しており」

は全くの嘘。ノートにおいても指摘されているが執筆者は一向に修正する気が無いらしい。

ソースを読めばわかるが、科学の教科書におけるSolutions for Global Warmingというセクションで"Jet engines running on richer fuel would add particles to the atmosphere to create a sunscreen"という記述があるだけ。
http://www.willthomas.net/Chemtrails/Articles/Chemtrails_In_US_Schools.htm

つまり、地球温暖化を緩和する要因として、ジェット機の排気が日光をさえぎる効果が「あるかもしれない」と書かれているに過ぎない。引用先のサイトには、教科書内にケムトレイルという記述があるとも書かれていないし、もちろん「軍」などという記述もない。



「アメリカ議会では(Experimental Weather Modification Bill(気候操作実験法案))が出された」

Experimental Weather Modification Billで検索すると、これは反対派がつけた嘘の名であり、正確にはU.S. Senate Bill 517 and U.S. House Bill 2995であることがわかる。
http://www.govtrack.us/congress/billtext.xpd?bill=s109-517
http://www.govtrack.us/congress/bill.xpd?bill=h109-2995&tab=summary

法案は気象操作に関する研究、調査委員会の設置に関する法案であって、「気候操作実験法案」という題はついていない。



「また、ヨーロッパでも大手新聞が報道するようになってきており」
ソース無し。アメリカの大手新聞では否定的意見も含めた報道がなされているが。
http://www.usatoday.com/weather/resources/basics/2001-03-07-contrails.htm#more

「使用目的の真偽はともかく存在自体は公に認知されつつある」
ソース無し。

「ケムトレイルは第二次大戦以降も世界で遂行され続けてきたとされる」
ソース無し。

「近年、世界でこの現象が多数報告されており」
ソース無し。

「米国では市民による反対運動も行われている」
陰謀論者が反対運動をしておりますな。

「個人レベルではすでに含有物質を解析しているケースもある」

そのソースがこれだが
http://imageevent.com/firesat/strangedaysstrangeskies;jsessionid=a6zt99inx1.panda_s?p=12&n=1&m=-1&c=4&l=0&w=4&s=0&z=3
元ネタはこちら
http://www.rense.com/general82/chemm.htm

ハイハイrense.comですね。911陰謀論に詳しい人にはおなじみのサイト。詳しくない人には「阿修羅掲示板」みたいなものと理解していただければよろしい。ベンシャミン・フルフォードが「フリーメイソン竹中平蔵にニンジャを差し向けられ脅された」と話していたのもrense.comにおいて。ここでも911陰謀論とケムトレイルがクロスします。
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/52679618.html

長くなったので、「含有物質を解析しているケース」の内容についてはまた明日(この項続く)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事