全体表示

[ リスト ]

「また民間航空機を利用した散布もあると言われており、整備員が噴霧装置を実際に見つけたケースもあり、散布の実態は非常に幅広く行われている」

これに関する一つ目のソースがこれ。
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/ChemtrailGallery07.html

飛行機雲の写真集にしか見えないのだが、これがケムトレイル信者にかかると「民間航空機を利用した散布」「整備員が噴霧装置を実際に見つけたケース」「散布の実態」の証拠になるらしい。

二つ目のソースはこちら。
「この様な状況に関して、2006年にアメリカの放送局NBCは全国放送のニュース番組中でケム・トレイルに関する特集を組み、ケム・トレイル被害を訴える住人や、それに対する複数の専門家の見解を報道した」
http://jp.youtube.com/watch?v=iIAWWL4HQDg&feature=related|http://jp.youtube.com/watch?v=iIAWWL4HQDg&feature=related|NBC news: Chemtrails over California(削除済)

動画は既に削除済みだが、同放送のものと思われる2006年NBC放送内容についてこちらにスクリプトがある。
http://www.holmestead.ca/chemtrails/nbc-toxicsky.html

ケムトレイル被害を訴える住人は出てくるのだが、専門家は1人しか出てこない(Professor Gregory Benford of UC Irvine works with the Department of Energy on weather research)。しかもその専門家は、ケムトレイルは単なる「飛行機雲に思える」との見解を述べている。

そもそもこのニュースの中に「民間航空機を利用した散布」「整備員が噴霧装置を実際に見つけたケース」「散布の実態」のソースになるような内容は無い。



「エイミー・ワージントンによる説明」

そのエイミー・ワージントンは誰かと検索してみたら、こちらによると単なる個人活動家らしい。ってまたアメリカ版阿修羅掲示板rense.comかい。
http://www.rense.com/general65/amy.htm
アメリカ版きくちゆみみたいなもんか。

「アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んでいる」

土壌にも含まれているバリウム、アルミニウムが有毒金属だそうだ。そりゃどんな金属微粒子でも多量に吸い込めば有毒だろうが、土壌から舞い上がる以上の大量のバリウム、アルミニウムを、わざわざ飛行機から高高度で撒いているといいたいのだろうか。

アスベストやトリウムも自然界に存在する物質である。いずれの物質してもどの程度の量に暴露されているのかと、それが本当に飛行機から散布されていることを、エイミー・ワージントンは説明&証明する必要がある。(この項続く)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

みくしから来ましたが。

Professor Gregory Benford of UC Irvineと言えば、日本でも翻訳が何冊も出ている有名なSF作家でもあります。 削除

2009/4/5(日) 午後 2:20 [ ROCKY 江藤 ] 返信する

顔アイコン

ROCKY 江藤さん

をを、この人ですか
http://ja.wikipedia.org/wiki/グレゴリー・ベンフォード
物理学者でハードSF作家とは、なんともかっこいいですな。

2009/4/6(月) 午前 6:56 [ var*a*lea*nuit ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事