チェロのお稽古ノート

チェロ教室に通い始めた大人ビギナーの覚え書きです。

全体表示

[ リスト ]

Lesson 1

最初のレッスンは、体験レッスンから2週間後のことだった。
「覚えてますか〜?」とにこやかに言いながら、またもや先生は
構え方、弓の持ち方から、全部面倒を見てくださる。
前回同様、開放弦でC線から順番に音を出していく。
もちろん先生の補助付きだ。
自分一人だと弓の持ち方がすぐに崩れるし、弓の軌道がどんどん
ヘンな方向へズレていく。
手首がうまく使えなくて、すぐ肘が上がってしまう。
あーもう、何でこんなに難しいの?というくらいに。
次は隣り合った弦を交互に弾く。ドソドソ、ソレソレ、レラレラ。
ピアノなら目をつぶっていても弾ける、フレーズにもならない
音のつながりが、何でこんなにも難しいんだろう!
ついのぞき込むように弓と弦の当たる場所を見てしまう。
最後は左手も使って音階。
今度は左手ばかり見てしまって弓の方がすっかりおろそかに…
相変わらず、全身に力が入りっぱなしだし。

前途多難である。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事