ここから本文です
Tomorrow Never Knows
アメリカがアメリカでなくなってきている。。が(@@

書庫全体表示

記事検索
検索
第35回 ジャパンカップ、とうとうやってきました。


今年は、本来ならブッチギリで強いドゥラメンテがこの場にいて欲しかったんですが、儚い夢と化し、無事にこの舞台に立った馬たちの争いとなりました。


この顔ぶれではラブリーデイでしようがない?って印象です。


今年に入ってから“突然変異”?
って言ったら失礼かもしれないけど、去年とは違う馬の如くの強さを発揮してますもんね。
現状ではトップに押さざるを得ないでしょうね。


ここは2番手にやや人気薄突っ込んでくるのを妄想しつつ、レース待つこととしましょうかねf^_^;)



イメージ 1



もう今年もあと一ヶ月、この時の流れ、速さはたまりませぬ。(@@;

年末と言ったら観たい映画のオンパレード、
これもはや定番となっております。
個人的に今年は洋画の大豊作!?って印象で、
久々に興行成績も邦画勢に大挽回でしょか。

いろいろある中で注目はスパイ映画ですよね〜〜。
今年は秀作揃い、、です。

8月の「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
皮切りに「キングスマン」ついこの間観た「コードネーム U.N.C.L.E.
も良かった〜

そしてそして遂にと云うべきか大本命の007 スペクター」
満を持しての登場です!!

1204()の公開に先立っての先行ロードショー早速観てまいりました☆(^^

イメージ 1

イメージ 2


ダニエル・クレイグがジェームス・ボンドを演じて早4作目
年齢的にも今作がラスト?って話もちらほらですが
「カジノ・ロワイヤル」当初はやや違和感あった
Dクレイグ・ボンドにすっかり魅了されてますよ。

一番の売りでもあるアクションシーンは今回も見所いっぱい。
148分って長丁場?もあれよあれよと過ぎて行きました。

今回のボンドガールも話題です。
レア・セドゥー&モニカ・ベルッチ、
歴代のボンドガールに見劣らぬ美しさかな。

レア・セドゥーは
「ミッション:インポッシブル」の殺し屋としても印象的。
モニカ・ベルッチは過去最高齢とのこと。

今回の敵がオールドファンらにとってはやたら懐かしい「スペクター」
って(^^;
ま、以前のキャラとは違った今回独自の設定も中々の脚色ものです。

個人的には前作で死んでしまったジュディ・デンチのM
が好きだったので、あのMがいないのが残念ではありますかね。。

なんだかんだ言っても“007”これ以上のエンターテインメントは無いですよ。
多分もう一回は劇場に足を運び、、そうです(^^;♪


熱狂の前の静けさ@府中


いよいよ興奮のジャパンカップが目前に迫ってきました。


晩秋の府中の森が熱狂に包まれようとしております。


某案件にて数日前に訪れた府中〜東京競馬場。。
当日はかの“五郎丸”選手がプレゼンターとしてくると言うこともあって、凄い人の渦なんだろなぁ。


イメージ 1


イメージ 2




さて、今年はどんな結末が待っているのやら。ワクワク感が増してきました。


なんとなくではあるけど、今年は外国の馬が激走するかもしれない。。
そんな予感も僅かながらしてもいます。


さて、新聞買って妄想タイムに突入、、でしょかね。


直前駆け込み大予想!
って、
全然自信なぞないのですが、
ここは初心貫徹で
安田記念Vからのロングシュート
を願ってのモーリス連覇大期待でっす。

お願い〜〜?


イメージ 1


新しい家族?♪

ついにいうか、やっとというか
我が息子の“結婚”が決まったようです。

昨夜、突然の電話があり
彼女に正式にプロポーズ〜OK頂いた、、とのこと(@@

実は以前からの付き合いの延長?で、
今年から同居生活は始まっていて、
父親としては気になって仕方なく、3月に単身新居に乗り込み
紹介してもらっていたわけで、、
早く“決めて”欲しいとのメッセージもそれとなく送っていて、、
それがやっとのことで決めてくれた、、(ホッ)
そんな実感であります(^^;

具体的なコトはこれからが本番なわけで
ま、彼も大変だろうけど、、
男としての責任と実行、期待するだけです。


イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事