ここから本文です
Tomorrow Never Knows
アメリカがアメリカでなくなってきている。。が(@@

書庫全体表示

記事検索
検索

博多とんこつ「一蘭」



生活習慣病抱えている身では
大好きなラーメンはご法度ではあるんですが
たまにはいいんじゃぁ・・・
なんて自分に言い聞かせて(笑;
ぶらり池袋を探索。

文芸坐近辺を久しぶりに歩いていると
ふと目に飛び込んだ〜博多とんこつの店。

ここって確か・・・
以前テレビの「麺チェーン店総選挙2016」
なる番組で堂々と一位を獲得した人気店ですね。
博多とんこつの王道の名店。

イメージ 1


「一蘭」
  
12:00ちょい前でほぼ満席
テーブル左右に仕切りがあるのは初めての経験です(@@;

その唯一の看板メニュー=天然とんこつラーメンです。

イメージ 2


味わい深いストレート細麺はまさしく博多ラーメンそのもの〜象徴してます。
そして何よりの売りは多くの材料で作られた秘伝のたれ
ピリっと辛味の効いたスパイシーなスープは
グイグイと麺をかきこませてくれて、じわり汗が出てきます。

冬場はこういうラーメンがいいですね。(^^)v


I'm Weeping 。。

イメージ 1


いや、まいった。

ホント
恥ずかしながら泣きました。
涙、出ました。

昨日ついに我が娘家を出て新居に引っ越し、無事済ませました。

県内有数の賑やか駅〜K口駅近くのマンション
徒歩数分ながらもなかなか静かなる地域。
ま、住みやすいそうなところでホッと一安心。。ってとこです。

一夜明けて
いつものように部屋にこもり、しばしミュージックタイム。
久しぶりに引っ張り出したBee Gees - Holiday」なんぞ聴いていたら・・
何故か、ナゼカ、涙出てきて。。。(;;

今年は
息子に続いて娘も婚姻届・・あれよあれよの一年だったかなぁぁ。

息子の時とは大違いの・・この心の動揺は何なのか!?

全く、なすすべなし、、とはこのことでしょうか。

情けない親父の構図アリアリ、、です。

子供が親を乗り越える、、って話はよくあるけれど
こっちの場合は親の方が乗り切らなくてって感じでしょか。。
あはは(@@;

兎にも角にも
vegeetaさん、前へのさらなる一歩必要ですなぁ。






香港、香港と世間は騒がしい、、とばかりに今日は香港国際競走G1ダンマリを決め込むと決めてましたが、


ついついグリーンチャンネルで「香港カップ」結局観てしまいましたよ。


去年の年度代表馬=モーリス。


天皇賞・秋でマイルだけじゃない!って感動的な強さ見せてくれたモーリス。


ココで引退ですかァ?!


あまりにももったいない!ですよ〜〜(@@




香港バースでもサトノクラウン強かったし、


社台グループの無類強さ、そして日本が誇る堀宣行さんは凄すぎるなぁ。




競馬界もグローバル化著しく、数々の優駿が海外へとその舞台を移してゆく様が何か虚しくも感じてしまうvegeetaですが、やはり名馬は名馬であって心揺さぶられることに変わりなしですかね。




国内では


今日のフランケル産駒のソウルスターリングが親譲りの怪物?ぶりを見せてくれたし、何やら新しい風が吹き込まれたような予感、来年は来年で楽しみであります。




年内あと2週間、興奮のピークが近づいてきました  (^^;)





どうもダートG1ってのが苦手です。


と言うのも地方の競馬はとんと疎くて普段から馴染みない上に、JRAでもあまりダート競馬には手を出さないって習慣ありまして、、


そんなこんなで今日のチャンピオンズC、全く自信ないのですよ。


数年前にトランセンドで当たったくらいの戦績しかありませぬ。。汗


今日のレースも武豊のアウォーディーが頭一つ抜けてるような図式でありますが、ワタシ、、買いません。(^^;)


この秋のG1はやはり外人ジョッキーが群を抜いての成績。


今日もデムーロのゴールドドリーム、この馬から甘い夢?思い切っきり見させてもらいます!



イメージ 1



イメージ 1

 
有馬記念まであと1か月、
たまらなく早いです(@@

さて、ジャパンカップ!!!
vegeetaさんにとってダービーと並ぶ最も不得意なるG1のひとつであります(>_<)

思い起こしても、最後にゲットした1995年?のランド以来いい思いした記憶もないです。。

それもこれも参戦してくる外国の馬の質の低下、、これなんとも如何ともし難く、、であります。

かつての毎年無双に強かった“黒船”襲来の時代がある意味懐かしくもあります。

ま、それ以上に日本の馬が強くなったと言うことなんでしょね〜。

過去の郷愁に浸っている場合でもないと言うことで、なんとか当てたいものです。

今回熱く◎に抜擢したのは、
リアルスティール!
三歳時の目の上のたんこぶ存在のドゥラメンテがいないいまこそが国内G1取る絶好のチャンスというものですよ。

この秋その勢い止まること知らない外人Jのムーアが鞍上ってことも強烈な後押しとみました。

と、
どうしてもランドもどき?の青い目の馬も捨てがたしの思いをこめてのイラプト、今毎日報道の中心=“トランプ”見え隠れてしてるような名前が気になっております 
 (^^;)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事