ここから本文です
Tomorrow Never Knows
アメリカがアメリカでなくなってきている。。が(@@

書庫全体表示

記事検索
検索



先週は買い目考えるも直前で変えてしまって大失敗の秋華賞、、でした。



今日は力こぶ倍増?の菊花賞!!!でっす。



もう何十年も続けている競馬の中で最も力入るのが、淀の3000mの菊花賞なんですよ。



あの独特のコースと秋を迎えての3歳馬の成長度合いが毎年楽しみのクラシック最後の一冠の戦い、、興奮します。



さて今年は……

春の二冠で悔しい思いをしたサトノダイヤモンドにここはなんとしても頑張ってもらいたいものです。



オーナーの里見さん、何度も挑戦して跳ね返されているクラシック三冠戦線。

そしてディープ産駒も何故か叶わぬ菊の大輪の座。

数々の思いを背負い、ここはルメールの快心の騎乗に期待したいものです。



堀厩舎の二頭も侮れない存在です。



何とか馬券に絡んでくれることを願っての大きな印打ちました!



かつてのグリーングラスのような飛躍も密かに願っている次第でありますよっ

イメージ 1

イメージ 1


個人的に今世紀NO1ヒーロー 〜
待ちに待ちました!
マット・デイモン演じる“ジェットコースタームービー”
「ジェイソン・ボーン」
観てきました!

イメージ 3


平日朝一にもかかわらず観客席は9割方埋まっていて、
いかに多くのファンがこの新シリーズ待ちわびていたかがうかがわれます。

ボーン・アイデンティティー(2003年)
ボーン・スプレマシー(2005年)
ボーン・アルティメイタム(2007年) 
(ボーン・レガシーは全く別物扱いとしました。。)

13年前に公開された「ボーン・アイデンティティー」にすっかり魅了されて以来
ずっとこのシリーズ追っかけてきました。
「ボーン・アルティメイタム」にて一応の決着〜
ひとつのピリオドを打ったのですが
これだけの人気シリーズ、関係者が放っておくはずもなく
ここに新シリーズにて復活と相成ったわけです。

記憶をなくしたCIAの最強人間兵器と化したエージェント
のジェイソン・ボーンの活躍を描いた「ボーン」シリーズ。

今までのスパイ映画のスタイルを一新させた独特の演出は観る側を魅了し、
他の既存スパイ映画にも多くの影響を与えてもいます。

イメージ 2
cast & staff ↑↑

「コードネームU.N.C.L.E.」 にも出演していたアリシア・ヴィキャンデル
美しいですね、今回も花を添えています。

フランス人俳優ヴァンサン・カッセル
も今までにない異彩放った殺し屋を好演。

トミー・リー・ジョーンズ重厚な役どころさすがです。

マット・デイモンと同様、唯一初回作からで続けているニッキー・パーソンズこと
ジュリア・スタイルズ
今回は殺されてしまう(ネタバレ...sorry...です)のが残念です。。

すっかりお馴染みになったエンディングテーマ曲=Moby 「Extreme Ways」
思わずにんまりとしてしまう定番シーンを演出するこの曲も復活ですよ♪
↓↓


9年分の色々なる思いを乗せての今回の復活劇
(おそらくあろうと思われる)次回作、、早くも楽しみであります!!♪

そして
(おそらく)
もう一回はまた観てしまうだろう自分がいます(^^♪


そういえば
今月末にてYahooブログアプリが終了とか。。
結構愛用していたのに、残念〜

そして
気がついたら 秋の中央場所(?)
開幕です。

今日は難解なる京成杯AH。
毎年このレースには泣かされてますよ
(・・;)

ま、
どうせ当たらないのなら
思い切っての狙い撃ちがいいかも。。
ってことで
大外のリーサルウェポン
突っ込んできてくれたら
嬉しいんだけれど。

そんなうまくはいかないでしょーねェ



イメージ 1


開くトラックバック(1)

イメージ 1


最近よく見かけるCM。

これがよくできていて、可愛いのなんの・・・って(^^

ちっこいワンコはもちろん、子役の女の子の無垢なる可愛さって言ったら
もう秀逸ですなぁ。

どこのワンコ家族でもありそうな
ホッコリとした温かみのある名シーンですね♪

とにかくお気に入りCMナンバーワンと思っとりますvv


積水ハウス

“ターフの魔術師”

先週末から始まったリオ・オリンピック。
連日の日本選手の大活躍〜
メダルラッシュに夢中&エキサイティングな毎日が止まりませぬ(^^♪

お盆休みには関係なく完全オフを決め込んでおります。。

・・が、今日オリンピックニュースの合間を縫っての悲報が舞い込んできた。

我が競馬人生の起点となってる昭和48年“ハイセイコー”時代
最も鮮烈なる記憶に今なお濃い名ジョッキーであり
今をときめく“武豊”の父君であられる武邦彦が亡くなった。。(;;

(福永祐一の父でもあり)“天才”と呼ばれた福永洋一と共に
“ターフの魔術師”との異名を轟かせた武邦彦。

イメージ 1


その長身をかがめての名騎乗〜数々の偉業は昭和の競馬界にとって
屈指の語り草になっています。

ダービー=ロングエース
菊花賞・天皇賞=タケホープ
et cetera

今もかの名調子、名実況〜杉本清さんの語りが頭に蘇りますよ。

(いや〜毎度のことながら)
寿命というものがある以上避けられぬ“死”ではありますが
とてもしんみりとするような残念な逝去であります。。

=合掌= 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事